創業明治27年日本唯一、虎斑竹専門店 竹 虎  [ 最終更新日: ]     

高知 新卒 就職 求人募集 <竹虎>

竹のある暮らしを全国発信



新卒・中途採用実施中!! 高知で働きたい、インターネットで土佐の情報を発信したい
「虎斑竹専門店 竹虎」は、高知県は須崎市安和にある、わずか1.5キロの間口しかない谷間にある「日本唯一の虎竹の里」に本社工場、実店舗を構える田舎の小さな竹屋です。竹虎では、「高知で働きたい」「インターネットで土佐の情報を発信したい」「高知が好きで、自然が好きで、人が好き」そんな地元愛や伝統文化への愛に満ちた、熱いハートを持つやる気のある方を募集中です。新卒、中途採用は問いません。

まずは、下記の求人フォームよりお問い合わせください。求人担当よりご連絡させていただきます。
高知が好き、自然が好き、人が好き
募集要項
■募集職種
受注接客、商品梱包、店舗販売

■雇用形態 ... 正社員

■勤務時間 ... 8時30分~17時00分

■休日/休暇 ... 週休二日制(その他 夏季3日、冬季4~5日)

■福利厚生 ... 雇用、労災、健康、厚生

■勤務地
〒785-0024
高知県須崎市安和913-1
JR土讃線 安和駅下車 徒歩5分

会社情報
竹虎社員
創業明治27年の老舗竹材店 竹虎本社工場
竹虎(株)山岸竹材店は、創業明治27年(1894年)より竹材・竹製品製造卸業として皆様にご愛顧いただいております竹材専業メーカーです。

国内はもとより海外からも注目される全国唯一の虎斑竹(とらふだけ)を全国に紹介すべく、1997年にはじめてのネットショップを開いて以来、昔から私たち日本人の生活に深く密着してきた竹製品の良さを見直して、潤いのある生活に活かしていただこうと「竹のある暮らし」のご提案をしています。
虎竹 虎斑竹 竹虎は「竹文化の創造と発信で豊かな竹のある暮らしを提案する。」を経営理念に歩み続け来ました。初代、山岸宇三郎が大阪市天王寺区で和傘の骨などを取り扱う竹材商として創業した時より竹虎の歴史ははじまりました。宇三郎が全国をまわり良質の竹材を探すうちに出会ったのが、竹表面に虎のような模様が浮かび上がる虎斑竹(とらふだけ)でした。この竹は不思議な事に虎竹の里でしか成育せず、他の土地に植え替えても虎模様ができないという、この地だけの特産品として古く江戸時代には土佐藩山内家への年貢として献上されていた記録も残る竹でした。

受け継いだ竹文化を、これからの100年に繋げていく事が私たちの使命なのです。
竹虎 経営理念
高知県 須崎市 安和 虎竹の里 須崎市安和の虎竹の里
高知県の須崎市安和にある日本唯一虎竹の里は、焼坂の山を背後に海に向かって両手を広げて受け止めているような格好をした小さな里です。

正面の安和海岸は約1キロメートルにわたって自然の砂浜が広がり、爽やかな潮風が鼻をくすぐります。この場所こそ、土佐藩政の時代には年貢として虎竹が積み出されていった浜でもあり、竹虎初代宇三郎が遙々大阪から竹を求め、船を漕ぎたどりついた安和海岸です。
安和海岸
竹虎四代目 初代 宇三郎 二代目 義治 三代目 義継 四代目 義浩
小さな頃から竹がありました。昔、山岸竹材店は安和海岸の浜辺に店を構えており、浜辺には長い虎竹、短く切った竹、割った竹などがズラリとならび、沢山の職人さんが竹をかついで、あっちへこっちへと忙しなくしていたことを覚えています。初代宇三郎が明治27年に創業以来ずっと竹で商ってきました。だから自分は生まれながらの竹屋。大きくなったら竹を継ぐ...自分の使命のようにずっと思ってきました。
竹の仕事
ところが、入社しても竹屋の仕事は典型的な3K。キツイ、汚い、危険...景気のよい時代だったので周りの皆が輝いて見えました。それは学生時代から何をやっても中途半端、何ひとつ達成できず、人をうらやんでばかりの繰り返し。そして、竹は衰退産業そのものでした。年々落ちていく売上げ、自分ではどうしようもない閉塞感の中で、もがいて、もがいて、大きな借入金の中、会社の倒産も時間の問題のように思いよりました。いよいよ自信も無くなり、なんの光も見えなくなったと思い詰めたある日、一人のお客様の言葉が胸に刺さりました。

「あなた方の仕事は素晴らしい、私は竹を見ると癒される」

あんな誰も見向きもしない竹を素晴らしい?癒される?信じられませんでした。でも、お客様の真剣な目を見た時、涙があふれて、止まらなくなりました。
世に生を得るは事を成すにあり
「世に生を得るは事を成すにあり」

ようやく思い出しました。自分はどうして生まれてきた?一体何ができる?どんな人になりたい?仕事とは?老舗竹屋の長男として生まれるも、竹虎四代目としての道が見つけることが出来ず、自分はずっと真っ暗闇の中にいました。ですが、ようやく気づいたのです。「世に生を得るは事を成すにあり」。高知の英雄、坂本龍馬さんの言葉どおり誰でも生まれてきた理由があり、その人ならではの使命があるように思うのです。
竹虎四代目 虎斑竹



全社員 会義
全社会 職人
グッド&ニュース
竹虎 社員教育 全社会
竹虎では毎月一回社員全員が集まって全社会議をしよります。小さな会社なのですが、それぞれ違う部署では全く違うています。そして同じ竹虎の中なのに、社員一人一人が実は意外と他の部署の事を知る機会が少なく、分かりあっていない事があると気がついて始めた全体会議ぜよ。原則全員参加を守りながら、なんだかんだで、もう10年越しで続いちょりますので今ではすっかり定着した恒例行事のようになっています。
大きな海に漕ぎ出す時に、行き先が無いという事はあまり無いですろう。どこかに行くという目標を決めないと迷ってしまって結局何処にも辿りつけないと思うのです。そこで、毎月の会議では竹虎がこれから南に行くのか、北なのか、それても東か西か?そんな話を少しさせてもらいよります。

けんど、会議の中での一番の楽しみは、何と言うても「GOOD&NEWS」ぞね。社員全員に最近起こった嬉しかった事、楽しかった事を立ち上がって共有してもらうのですが、毎日顔を会わせて働く仲間の事でも思いがけない事が好きだと分ったり、趣味があったり、家族の事や、休日の事を話してもらえて毎回、毎回こじゃんと(とても)心待ちにしている時間なのです。



竹虎の沿革


明治27年   大阪天王寺で竹材商として創業
昭和26年   日本唯一の虎竹生産地である高知県須崎市安和に本社移転
平成09年   会社案内用ホームページ制作
平成13年   インターネットショップ運営
平成14年   竹虎EC事業部を高知市に開設
平成15年   「All About Japan」主催スーパーおすすめメールマガジン2003授賞
         第7回日本オンラインショッピング大賞最優秀中規模サイト賞授賞
平成16年   楽天市場 生活・インテリアジャンル月間MVP授賞
平成17年   第9回日本オンラインショッピング大賞アフィリエイト部門選考委員特別賞授賞
平成18年   WEB1グランプリ2006アイル賞授賞
         新日本様式100選選出
平成19年   全国イーコマース協議会ベストECショップ大賞2007準大賞授賞
平成20年   ユニクロとのコラボレーションTシャツ
         楽天市場 キッチン・日用品雑貨・文具ジャンル月間MVP授賞
平成21年   IT経営実践企業認定
         イーコマース事業協会エビス大賞2009大賞授賞



竹虎の活動実績
全日本竹産業連合会会長賞 全国竹の大会
全日本竹産業連合会会長賞 全日本竹産業連合会会長賞表彰
竹製品、竹細工、竹工芸や竹加工品、筍生産など竹に関わる全国の業者で組織された全日本竹産業連合会より、平成27年度全日本竹産業連合会会長賞を竹虎四代目(山岸義浩)が受賞。表彰式は2015年11月12日(木)に開催された第56回竹の大会鹿児島県大会で行われました。


竹虎の受賞履歴
第56回全日本竹産業連合会会長賞をはじめ、皆様の応援のおかげで数多くの賞を受賞させて頂いております。長い歴史のある竹虎ですが、竹での自動車製作は創業以来初めての挑戦です。これまでの受賞に恥じない、また皆様への恩返しとなるようなチャレンジになるように頑張っていきたいと思います。

2015年...第2回日本ネット経済新聞賞「地域貢献賞」
    第56回全日本竹産業連合会会長賞
2014年...須崎市制施行60周年記念産業功労表彰
2010年...第7回OSMC全国実践会 最優秀実践者賞受賞
2009年...IT経営実践企業認定
    イーコマース事業協会エビス大賞受賞
2008年...楽天市場キッチン・日用品雑貨・文具ジャンル月間MVP受賞
2007年...全国イーコマース協議会ベストECショップ大賞準大賞受賞
2006年...新日本様式100選選出
2005年...第9回日本オンラインショッピング大賞
    アフィリエイト部門選考委員特別賞受賞
2004年...楽天市場 生活・インテリアジャンル月間MVP受賞
2003年...「All About Japan」主催
    スーパーおすすめメールマガジ大賞受賞
    第7回日本オンラインショッピング大賞
    最優秀中規模サイト賞受



メディア イラスト メディア掲載400回以上
竹虎は新聞、テレビ、雑誌など現在400回以上ものメディアに掲載いただいております。2008年には株式会社ユニクロさんとのコラボレーションTシャツの発売、2013年には日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」の企画にてアイドルグループTOKIOさんと一緒に竹の巨大水鉄砲作りを、2014年にはテレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」に出演させていただきました。

小さな田舎の竹屋が多くの方の目にふれる全国放送で取り上げてもらえる事は地元を活性化、勇気づけると共に、全く知られていなかった地方資源に光を当てる事にもなり、竹産業界全体にも元気を取り戻す良い影響があるのではないかと思っています。

ザ!鉄腕!DASHU!! UNIQLO×竹虎 コラボTシャツ 所さんのそこんトコロ!



海外活動実績 ステファン・ディーツ 竹 デザイン
海外で評価されて逆輸入した文化が日本の若い世代に受け入れられた例は数多くあります。竹にも同じ可能性があるのではないでしょうか? 韓国、台湾、ニューヨーク、ストックホルム、パリ、ロンドン、ベルキー...世界に向けて竹の発信を続けています。北欧最大のストックホルム国際家具見本市では竹虎とドイツ人デザイナー、スステファン・ディーツ(Stefan Diez)氏とコラボした竹のベンチが注目を浴びました。

また、全米最大のファッションショー、ニューヨークのCOTERIE展では、60年前のデザインの竹バックを虎竹でリニューアルして展示し大好評でした。2017年にはパリにて展示を予定しており、今後ます ます虎竹が世界からの関心と注目を集めていくと確信しているのです。


竹虎の海外活動実績



竹トラッカー 電気三輪自動車 EV 電気自動車 日本唯一の虎竹自動車「竹トラッカー」
竹のしなやかさ、強さ、可能性を知っていただくために光岡自動車Like-T3の車体をベースに、日本でも高知県須崎市安和の虎竹の里でしか生育しない美しい虎模様の出来る「虎斑竹(とらふだけ)」を使い編み上げた電気自動車です。


チャレンジラン横浜! チャレンジラン横浜
日本唯一の虎竹自動車はクラウドファンディングという手法を使い製作資金を集めました。 全国から竹虎を応援いただく沢山の皆様に車の製造費用を少しづつご負担いただき今回の「日本唯一の虎竹自動車プロジェクト」は達成する事ができたのです!中でも最も高額な支援をして下さったのが横浜のヒロタリアン様でした。

ヒロタリアン様へ、クラウドファンディングで大きな応援を頂いたお礼に編んだ虎竹ランドリーバスケットをお届けに行くべく、また応援いただいた方々への感謝の気持ちを示すために、ヒロタリアン様がいらっしゃる神奈川県横浜市まで11日間かけて走る旅「チャレンジラン横浜」。2016年夏を騒がせた感動の一大社内イベントでした。
横浜 電気自動車



日本唯一の虎竹自動車プロジェクト♪


「虎斑竹」自動車で
お客様を乗せて走りたい!

虎竹自動車プロジェクト
チャレンジラン横浜!

虎竹自動車
ニックネーム大賞決定

完成!!虎竹自動車



竹虎社員の声 職人の声
テレビで観た巨大水鉄砲も最近の竹の電気自動車も普通の竹屋じゃできないことが竹虎でなら面白くできると思います。職人さんたちにたくさん技術を教わってこれからいろんなことに挑戦したいです。 竹職人
配送スタッフ 発想チーム
お客様が商品を受けられたとき喜んでいただけるよう一つ一つ丁寧に荷造りをさせていただいています。梱包作業で気づいた点や、お電話で受けたお客様の要望はその都度全員で確認をして、より満足していただけるよう改善をしています。社内の雰囲気もよく発言もしやすく、毎日、楽しく仕事をさせていただいています。
受注チーム エバンジェリスト 受注スタッフ
既存のやり方にとらわれず、時世に合わせて工夫、提案し続ける竹虎四代目の下、無限の可能性を秘めた竹の良さを皆様に知って頂く事、竹を取り入れた生活で幸せを感じて頂く事が私たちの使命です。お客様に教えて頂く事も多く、日々勉強の毎日ですがやりがいがあり自分自身を成長させることができる仕事です。そして尊敬できる上司や経験豊富な先輩、何でも相談できる同僚と楽しく仕事ができる和気あいあいとした職場です。
Web製作スタッフ
竹虎に入社してつくづく良かったと思うのは一緒に働く人たちが素敵な人ばかりということでした。失敗をしたらきちんと叱ってくれ、また、励ましてくれる先輩、明るく話しかけてくれる仕事仲間がいる居心地の良い環境です。仕事内容に関してはスピードを求められることが多いですが、まだまだ時間に追われていてもどかしい気持ちになります。ですが、憧れの先輩に近づきたい、任せてもらった事に応えたいという気持ちで励んでいます。最近では自分の得意なことを活かせるようにしてもらえ、やりがいも感じています。人材を見て適材適所を探してくれるのは小規模な会社ならではの良いところだと思いますし、叱られることもありますが育てようとしてくれていると感じていますので感謝しています。



自分たちにしかできない事を沢山の笑顔のために 竹細工
竹と日本人は長い歴史と付き合いがあり、昔から暮らしの中でなくてはならない身近な素材でありました。竹の付く常用漢字が140もあることが、その一つの表れでもありますが、「竹」に「人」と書いて「笑」となるように、まさに竹は人々の様々な生活に溶け込み、役立ち、笑顔を作ってきたのです。ところが、近年のライフスタイルの変容や新素材の登場により急速に斜陽化し縮小を続ける竹業界...。自分の幼い頃にみた輝くような竹の世界はもうなくなってしまったのでしょうか?竹の明日はないのでしょうか?

竹虎では1985年から「21世紀は竹の時代」と力説してきました。これは竹が人の手入れがなくとも毎年どんどんと筍を生やし、わずか3ヶ月で20数メートルの親竹と同じ大きさになる驚異的な成長力と生命力があり、継続利用可能な唯一の天然資源と言われるからです。 環境にも人にも優しく、無限の可能性を秘めた竹を多くの人に知っていただきたい。日本人にずっと寄り添って来た竹の事を見直して欲しい、竹を愛し、竹に携わる全ての人に竹の未来を感じてほしい、新しい竹の時代を信じてほしい。
竹+二人=笑

竹虎新卒・正社員募集 応募フォーム
竹虎新卒・正社員募集 応募フォーム >>>



2016年12月 9日 風邪知らずの生姜を竹炭飴に入れました。
冬の健康法として、昔からずっとしている事が生姜紅茶なのです。自分でポットに作る事もありますが、こんなに入れるの?と言うくらいの大きな塊を薄  
2016年12月 8日 ステファンさんデザインの竹ベンチ
一昨年から2回来日されて虎竹の里にお越しになられたドイツ人デザイナーのステファン(Stefan Diez)さんが、孟宗竹を使ってシンプルな  
2016年12月 7日 厳選竹素材の竹炭皿
  常識で考えるならば竹炭は黒いとしたものなのですが、美しい銀色に輝く竹炭をご覧になられていかがでしょうか?竹炭にも窯の種類や燃焼温度により  
2016年12月 6日 棕櫚箒の季節
棕櫚箒に季節があるわけではありまんが、師走といえば年末の大掃除ですから登場する場面も多くなるかと思うのです。昨今、軽くて吸引力が強い高性能  
2016年12月 5日 一年の感謝を込めて試作竹椀籠プレゼント
椀籠を新しく製作しようとしています。椀籠には幼い頃からの「お客」の思い出があって大好きな竹細工のひとつなのです。あ、そうそう高知の「お客」  

30年ブログ「竹虎四代目がゆく!」 >>>


















商品カテゴリ

商品メニュー

 竹炭竹酢液竹皮草履/スリッパ/雪駄虎竹/竹皮下駄箸/カトラリー/弁当箱キッチン道具竹ざる竹かご

 竹バッグ/お買い物かご文具/小物孫の手/耳かき/竹踏み竹のインテリア虎竹縁台/竹垣/すのこ竹炭ペット

 花かご/竹の虫/虫かご竹材/竹の素材/建材竹布

シーンに合わせて

 竹を履く竹を身につけるお掃除でお洗濯で食を楽しむお風呂でスキンケア健康・冷えにおやすみに

 収納・整理に消臭に竹でなごむ四代目おすすめ笑顔のギフト刻印竹工芸

おすすめカテゴリ

 ざる蒸し器竹箸かご竹酢液床下炭竹材豆腐かご