創業明治27年日本唯一、虎斑竹専門店 竹 虎 

[ 最終更新日: ]             


米とぎざる(匠) プレスリリース 2014年9月18日

  熟練職人技が生んだ「米とぎざる(匠)」リニューアルして登場です。

2014年9月18日

                        竹虎 株式会社 山岸竹材店


====================================================
                    熟練職人技が生んだ「米とぎざる(匠)」リニューアルして登場です。
====================================================


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■要約
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
熟練の竹職人によって、精巧に編まれた米とぎざる(匠)。老舗竹材メーカー竹虎より、リニューアルして登場です。シンプルな
がらも、細部までこだわり、精密に編み上げられた逸品。長く使い込むほどに、美しい飴色へと変化していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■本文
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米研ぎは、日本人が昔から続けてきた歴史ある習慣です。毎日のことだからこそ、使う道具にもこだわりたいもの。竹虎から米とぎざる(匠)がリニューアルして登場です。

緻密な編み目ながらも、水切れはしっかり。「匠」と呼ばれる研ぎ心地の良さは、熟練の竹職人ならではの技です。口部分には、竹編みにお米が詰まってしまわぬよう、表皮を薄く剥いだ竹輪がはめられています。さらにその上から竹留めが入れられ、竹輪をしっかりと固定。縁巻きから竹留めに至るまで全てが竹で作られています。

研ぎ終わった後のお米は、水を吸い編み目に詰まったりへばりついたりしやすいのが難点。しかし、米とぎざる(匠)は、片手でトントンと軽く叩きながらお釜に移すことで、お米が残りにくくなります。また、編み目もきっちりしているので、隙間からお米がこぼれてしまう心配もありません。

美味しいご飯を炊き上げるには、米ぬかを含んだ研ぎ汁を、お米が吸い込んでしまう前に素早く洗い流すことが大切。手頃なサイズの米とぎざる(匠)は、女性の方でも片手で持ち上げられ、手際よくお米を研ぐことができます。またお客様から、お米を研ぐ以外に、野菜の水切りなどで大活躍しているという声もいただきました。

青い竹で編まれた竹細工は「青物」と呼ばれ、時間の経過と共に飴色へと変化していきます。天然素材ならではの色合いの変化を、米とぎざる(匠)と共にお楽しみください。


 <虎斑竹専門店 竹虎>
 米とぎざる(匠) 販売価格7,500円(税抜)



米とぎざる(匠)
米とぎざる(匠) >>>

米とぎざる(匠)の使い方 >>>
 





















商品カテゴリ

商品メニュー

 竹炭竹酢液竹皮草履/スリッパ/雪駄虎竹/竹皮下駄箸/カトラリー/弁当箱キッチン道具竹ざる竹かご

 竹バッグ/お買い物かご文具/小物孫の手/耳かき/竹踏み竹のインテリア虎竹縁台/竹垣/すのこ竹炭ペット

 花かご/竹の虫/虫かご竹材/竹の素材/建材竹布

シーンに合わせて

 竹を履く竹を身につけるお掃除でお洗濯で食を楽しむお風呂でスキンケア健康・冷えにおやすみに

 収納・整理に消臭に竹でなごむ四代目おすすめ笑顔のギフト刻印竹工芸

おすすめカテゴリ

 ざる蒸し器竹箸かご竹酢液床下炭竹材豆腐かご