映画「はりまや橋」

2009年5月18日

高知ビデオ.jpg


はりまや橋といえば、言わずと知れた高知の観光名所。ここでも大がかりなロケが行われた映画「はりまや橋」は高岡早紀、清水美沙など、日本だけでなく、なんとハリウッドの名俳優も出演する話題の映画です。そして、この映画にあわせて経済産業省の応援をいただいた高知発信プロジェクト!世界にむけて南国土佐をアピールしようと製作された「TREASURES OF KOCHI」が出来上がってきました。


高知の大切なもののひとつに虎竹の里の竹を選んでいただき、こんなすごいDVDに収録してもらって本当に光栄です。さっそく、全社員で試写大会なのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


TBSテレビ「ひるおび」

2009年4月28日

P1000628.JPG


TBSテレビの「ひるおび」という番組取材がありました。お越しいただいたのはアナウンサー斎藤哲也さん、タレント和田正人さんのおふたり。


「ええっ!?斎藤アナウンサーち、軽部アナウンサーに似ちゅうよ~」


仕事中の社員が騒いでいます。タレントの和田正人さんは何と高知県出身、高校時代は陸上でならしたというだけあってさわやかなスポーツマン。でも土佐人らしい、しっかりと骨のありそうなところはただのイケメンではないよう感じました。さて、そんなご両人にイギリスBBC放送が来たことや虎竹が日本でもここでしい成育しないという説明をさせていただくとその不思議さに本当にビックリされたご様子。特に和田さん、高知のご出身なんですけれど、


「こんな竹のこと、全く知らなかった~」


そうなんです、地元でもあまり知ってる人は少ないのです。店舗での虎竹製品の数々や、工場での製竹の様子など、他では絶対にみることのできないミラクルバンブー。番組の放送は来月の予定です。お楽しみに~♪おふたりの大ファンという当社社員と一緒に会社前でパチリ。













| コメント(0) | トラックバック(0)


1999年の竹虎四代目へ

2009年4月12日

P1000426.JPG


おまん、どうしゆう?


なにをやっても長続きせん、なんの取り柄も自信もない、中途半端なことばっかりしゆう男。イヤなことがあったらすっと人のせいにする、すっと逃げる、仕事がおもしろうないと泣き言ばっかり言いゆう男。97年に開いたホームページも全然更新しやあせん。ほんで、もう止めろうと思うちゅうろう?誰ちゃあ、見てくれん、300円しか売れん、人に笑われゆう。


おまん、どうするぜよ?


どうしたらええか、迷うて、迷うて、迷うて。今日みたいな舞台にたてるという日が来ることを、まだまだ、おまんは知らんけんど、まあ、もうびっくと頑張りよりや。おまんに運命の出会いが待ちゆう。その人はこう言うてくれる、


「今のまま、そのまま、ずっとやりつづける事」


おまん、その言葉を信じて、そのまま、そのまま、そのまま、毎日、毎日、毎日、毎日、毎日。そうやって、今日に来るがぜよ。今は、一人やけんど、ひとりふえ、ふたりふえ、さんにんふえ。今日に来るがぜよ。楽しみに待ちゆうきに。


1999年の竹虎四代目へ


※第一回イーコマース事業協会主催、ECショップホームページコンテスト・エビス大賞2009で竹虎は大賞を受賞させていただきました。115年歴史を築いてきた先人をふくめ、ささえていただく皆様のおかげです、ありがとうございます。













| コメント(2) | トラックバック(0)


世界的!?

2009年3月27日

P1000219.JPG


とある冊子に目がとまります。世界の竹の生育地域を指し示した地図が掲載されているのです。やはり竹は温帯、熱帯に多い植物ですので赤道直下を中心にマークが集中しています。さて、そんななか、特に有名な産地として世界で2カ所だけ紹介されているところがあります。そのひとつが中国杭州臨安、そして、もうひとつが、なんと、


日本の我らが虎竹の里


どれどれ何の冊子かといいますと、住宅メーカーでもトップクラスの住友林業さんのもの。すごい!世界的に注目されているような気がしてきました、これはフンドシをしめなおして頑張らねば!













| コメント(0) | トラックバック(0)


情報誌「ヴィトリーニ」

2009年3月24日

ブログ画像 013.jpg


ポルトガル語情報誌「ヴィトリーニ」に炭のアイマスクが掲載されました。このような雑誌も発刊されていますし、先日みたテレビでもやってましたが日本に滞在されている外国からの方は以外に多いようです。見本誌をいただきましたが英語もだめなのにポルトガル語は更にちんぷんかんぷん(^^;)でも、写真で楽しみながら拝読しました~。


あ、そういえば、先日、南米の美味しい珈琲を紹介したいと熱く語ってくれたブラジルの若い人にお会いしたばかりです。


「母国のホントのコーヒー飲ませたい!」


熱い語り口調を聞いているとだんだんと珈琲がのみたくなってきます。ついにはガマンできずパソコンで検索してその街の美味しい店を探して飲みにいったほどでした。













| コメント(0) | トラックバック(0)


映画「はりまや橋」

2009年3月 9日


日米韓合作の「はりまや橋」は高知を舞台にした映画だそうです。
経済産業省のあとおしで
この映画にあわせて南国土佐の伝統や文化を紹介する
PRビデオの撮影が今月行われました。

東京から来られた方をふくめた撮影隊は
なんと1週間も高知に滞在されて
あちら、こちらを撮して回られたのですが
少し残念だったのが、その1週間があまり天気に恵まれなかったこと。

ただ、日頃の行いがよいせいか?
虎竹の里の撮影の日は最高の天気
南国土佐らしい真っ青な空と、まっしろい雲
虎竹の古里、焼坂の頂上から眺めると
さんさんの輝く太陽と海!

そして、
いつものように心地よい風がふきぬける竹林では
自然そのままの虎竹や伐採作業のようす等
あまりご覧いただくことのない
山の仕事をたっぷりとご紹介させていただきました

本当に素晴らしい竹の里の景色とともに
お楽しみいただけるかと思っています
できあがりは5月中頃という事、待ち遠しいです!














| コメント(0) | トラックバック(0)


新日本様式への挑戦

2009年3月 5日


「新日本様式への挑戦」という本を贈っていただきました。

「日本らしさ」「日本ならでは」
掲載されているジャパンブランドを見ていると
改めてモノづくりの熱さのようなものをヒシヒシと感じてきます。

知っているようで
あまり知らない日本のブランド
底力を感じることができて
嬉しくなる一冊なのです。















| コメント(0) | トラックバック(0)


雑誌「華音」

2009年2月25日


「華音」と書いて「かのん」と読むようです。
実に上質な、日本のモノづくりを大人の視点で紹介してくれる雑誌。
ページをめくるごとに知らなかった日本に出会えて楽しいのです。

落ち着いて、しっとりした心持ちで読むことができるのは
モノ自体にスポットが当たっているせいでしょうか?

それにしても、本当に知らないことばかり
四季に彩られるこの国は、新鮮で奥が深いとつくづくと感じます。
竹タオルケットを掲載していただきました。















| コメント(0) | トラックバック(0)


アマゾン来る!

2009年2月23日


アマゾンといっても、
ブラジルでもないし
本を売ってるところでもありません。

昨年高知で撮影されて今年全世界で公開される
日米韓合作の「はりまや橋」という映画があるのですが
今回は経済産業省などのあとおしで
この映画と同時に高知の伝統、名産品、生活文化
いろいろと織り交ぜてPRするビデオを制作するようです。

そこで、竹虎もそのビデオで紹介いただけることになり
撮影隊にさきがけて
まず下見の方が虎竹の里に来られたのです。

ビデオといっても40分もの長いものなので
南国土佐をあますことなく紹介していただける映像になると
今から本当に楽しみにしています。

撮影は来月上旬、天気がいいことを祈っています!














| コメント(0) | トラックバック(0)


エコなルームシューズ

2009年2月 2日



雑誌「シュプール」に掲載されました。

「ええ!?毎月読んでいる、あの本ですか」

と言う声も聞きますので若い女性の方には
結構人気のファッション雑誌みたいです。

掲載していただいたのは
竹皮草履(ぞうり)天然藍染め
エコに高い関心を持たれているスタイリストの酒井章子さんが
冬場でも五本指ソックスでルームシューズとして
愛用していただいているとの事

履き心地はもちろんですが
竹一本でも無駄にしない昔ながらの生活の知恵を知っていただけたようで
本当にうれしく思うのです。















| コメント(0) | トラックバック(0)


<<< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.