牧野富太郎博士と虎竹と

マキノ缶


高知県出身で「日本の植物学の父」と言われる牧野富太郎博士は生誕160年の節目でもあり、来春から始まるNHK連続テレビ小説「らんまん」の主人公でもあるので注目が高まっている。先日、たまたま羽田からの飛行機で隣の席になった方は、世界の名だたる有名ブランドとコラボしたお菓子を展開されている凄い社長さんだった。話の中で、近日発売予定である牧野博士のクッキー「マキノ缶」を見せていただいた。タブレットの画面からも色とりどりの容器とお菓子が楽しさを感じさせてくれてワクワク心が躍った。


高知新聞掲載牧野富太郎博士クッキー


全国に先駆けて高知の蔦屋書店にて販売を開始すると聞いていたので、すぐに買いに行ったが現品の並んだ売り場は機内で感じた高揚感以上にハッピーな気持ちにさせてくれる。高知新聞に掲載された写真からもお分かりいただけるように、思わず笑みがこぼれるようなお菓子たちだ。


それらを見ながらふと考えた、自分はできる事はないだろうか?


日本唯一の虎竹


土佐虎斑竹は何を隠そう牧野富太郎博士の命名だから、実は自分たちとも浅からぬ縁がある。もしかしたら竹虎初代宇三郎とはどこかで出会っていたのかも知れないと思うくらいだ。その理由は話だしたら長くなるので今朝は割愛させてもらうが、とにかくこの節目に自分たちにしか出来ない事をするべきだと思うようになった。


虎竹の里、竹虎四代目(山岸義浩)


出来る事を思い当たるのに、そう時間はかからなかった。虎竹の里から牧野植物園には博士との事もあって虎竹が数株移植されている。虎竹は不思議なことに虎竹の里以外で育つ事のないと言われていて、今まで全国各地に移されてきたが期待するような成果は上げられていない。さすがの牧野植物園でも同じで、どうも元気な姿でないことが日頃から気にかかっていた。




竹虎YouTubeチャンネルでも紹介しているけど、弱々しく虎竹特有の色づきもなく、シラクモやテングス病と虎竹の里の竹林とは大違いだ。そうだ、虎竹をもう一度移植させていただく事はできないか?これなら自分たちにしか出来ない事だ、元気な虎竹を改めて移植させてもらえれば来春以降沢山の方が園を訪れた時にも美しい虎竹をご覧いただけるに違いない。


海辺のスイーツ店、風工房の竹炭シフォンケーキ

 
風工房の竹炭シフォンケーキ


オープンしてから、もう20年以上になるので地元ではすっかり人気も定着して、高知では知らない人のいないケーキ屋さんとして有名なのが風工房だ。海辺のスイーツ店となっているように、こちらの工房と併設されたカフェは漫画「土佐の一本釣り」の舞台となった高知県は中土佐町久礼にある。カツオで全国に何を馳せる漁師町で何故スイーツなのか?不思議に思われる方もいると思う。実は元々コチラでは、カツオのアラを堆肥にして甘い苺が生産されていた、そして、その苺を使ったケーキ作りから風工房は始まったのだ。


風工房の竹炭シフォンケーキ


今回、この特産苺を活かしたスイーツの新商品開発にお声をかけて頂き、コラボさせてもらったのが竹虎の土窯作り最高級の竹炭パウダー。竹炭のデトックス効果など機能性はもちろんだが、真っ黒な色合いと赤い苺のコントラストがお客様に喜んで頂けるのではないかと言う風工房社長の清岡さんの思いがあった。


竹虎スタッフ竹炭ケーキ試食


さっそく試作された竹炭シフォンケーキが竹虎に届いた。パティシエの方が何度も試行錯誤して焼き上げたケーキは黒くてフワフワ、淡い色合いの苺クリームが上品に仕上がっている。瞬く間になくなった竹炭シフォンケーキが販売されるのが待ち遠しい(笑)。




コロナの夏、ソーシャルディスタンス帽子

 
ソーシャルディスタンス帽子


重症化する方が少ないとは言え、高知県でも2日連続で感染者数が1000人を超えてしまっているので緊急事態だ。今日、虎竹の里に訪問いただく予定だったお客様も濃厚接触との事で急遽来られなくなった。実は、先月からこのようなキャンセルは自分の周りでも何件かあるので、観光や飲食は大変なのではないかと心配している。そこで、思い出したのが本店の片隅に置かれている虎竹編みの巨大帽子、名付けてソーシャルディスタンス帽子。


コロナ感染防止帽子


社員が書いた絵がカワイイ(笑)、「よっちょれ♪」と書かれている。来週に開催される南国土佐の祭典よさこい祭りの掛け声なのだが、このような時なのでコロナと暑さと両方に気を付けて元気に踊ってほしい。自分も、この帽子をかぶって応援に行きたいけれど、沢山の人の中で邪魔だ、いやいや元々これだけのサイズなので車にも乗れないから簡単に移動できない。動画でも、海の美しさから有名になっている安和駅から汽車に乗ろうとして乗る事ができなかった(笑)。




自然素材の馬それぞれ

 
竹編み馬


古くから馬は縁起がよい動物とされている。もう2年前になるけれど懇意にしていただく香川県はさぬき竹一刀の西村文男氏にお会いした時にも煤竹に文字入れしたもらったお守りは「左馬」だった。実はいろいろな言われがあるようだけれど、仔馬が元気にはねる姿に子供の健やかな成長を願ったりするのは自然な事で、玩具に馬のデザインが多いのもそのせいだと思う。一般的には藁細工の馬をご覧になられる事が多いのではないだろうか、田舎にある小さなお社で見かけた事もある。しかし、自分の場合はやはりが気になり、ついつい手にしてしまう。




七島藺(しちとうい)馬


七島藺(しちとうい)の円座をご覧いただいただろうか?




圧倒的な強さと耐火性もありながら、イ草のように機械化できなかったために本当にわずか10軒足らずの農家さんが生産するだけとなった素材を使って素晴らしい渦巻の円座が編まれている。職人さんが仕事の合間に編まれていたのも、やはり馬だった。


イタヤカエデ


日本は南北に長く自然が豊かな国だとつくづく感じる。北の方にいけば竹は少なくなるけれど、イタヤカエデというしなやかな木の皮を使って箕や弁当箱まで編まれてきた。古人の創意工夫には頭がさがるけれど、やはりここにも馬があった。


アダン馬


南に下れば亜熱帯から熱帯地域で育つアダンで生活道具が作られる。八重島から届いたのは、このアダン馬。




籐細工の馬


籐は日本にない素材ではあるけれど、実は随分と昔から貿易船で運ばれてきた物がその秀逸な強さと粘りから細工に取り入れられてきた。何と言っても量が多くないので当時はかなりの高級品で庶民は見た事もなかったかも知れない。こうして籐細工の馬が普通にある現代は嬉しい時代とも言える。




虎竹アウトレット漆箸と温暖化

虎竹アウトレット漆箸


今日も朝からムシムシしていて何とも空気が重い感じがする(笑)、危険な暑さに警戒とニュースにあったけれど40度を超える地域もあるようだ。まさに、ここ何年がずっと言われ続けている温暖化、気候変更の真っただ中だと感じている人も多いと思う。しかし、自然はこの異変をもっと前に敏感にとらえていて、例えば海の魚の生育域が変わったり、昆虫の分布の北限が北に伸びている等聞くのだが、実は日本唯一の虎竹にも影響を及ぼしている。


虎竹伐採


それが虎竹の色付で、特に10年ほど前から微妙に虎模様が美しい竹が少なくなってきた。そもそも虎竹の里の竹も全てが虎柄になるわけではなく、伐採した竹の中から製品になる竹は一本づつ選り出している。


虎竹


近年は選り出して一級品として使える竹が減少傾向にあるのだ。虎模様があっても無くても急峻な竹林から竹を伐り出す苦労は変わらないので山の職人には大変な思いをしてもらっている。しかし、アウトレット虎竹漆箸は二級品の虎竹を使って製造しているのではない。


虎竹アウトレット漆箸


製品用として運んできて油抜きもした立派な虎竹なのだが、竹全体に虎模様が入っている竹ばかりではないのでお箸のように細く割った場合に、虎柄が入っていないモノができてしまう。そのような特に色の薄いものを選別してアウトレットとしてご紹介している。同じ虎竹を同じように製造されたものなので、持った細身の感触も同じです。




日本の夏に、国産籐枕

藤まくら

 
籐と竹は細く割って使われていたりすると見分けがつきにくいようで、同じ素材だと思って時々間違われる場合がある。しかし、籐は竹のように稈に空洞がなく、柔らかさや強さの点で竹には真似のできない製品作りが可能な凄い天然素材なのだ。


籐枕職人


ソファーや椅子、ベットなど丈夫でそのうえ軽い家具が作り出せるのは籐ならではだし、しなやかさは手提げ籠などを編むのにも適している。ただ日本国内に産地がなくて全て海外からの輸入材なので、昔から使われてきた素材ではあるものの古い時代は高価な物で庶民が手にすることはなかったに違いない。


籐まくら作り方


戦後にGHQが籐製の椅子やテーブルを大量に発注するようになって忙しくなり、それまで竹細工をされていた方が籐細工に転向して随分と腕を振るったという話を職人から聞いた。このような籐枕は、今のようにエアコンのなかった当時には現代とは比べ物にならないほどの必需品だったと思うので、さぞ多くの製品が作られていたと想像する。


籐まくら職人


籐まくら製作


海外から素材だけでなく同じような製品自体が輸入されるようになってから、国内の職人が減って産業が衰退してきたのは竹と同じ歴史だけれど、国産には国産ならではの丁寧な仕事ぶりがある。


籐鼓椅子


籐に鼓椅子というロングセラーの製品がある。竹虎にも来客用に何個もあって小さい頃から馴染みのある椅子だけれど、元々はある女優の方が和楽器の鼓をモチーフに作れないだろうかと相談されたのが最初だと言う。こちらの工房に置いてある先代が製作した品など、生命力さえ感じるような力強さに圧倒されて声を失った。


籐枕製作


確かな技が息づく籐工芸の枕は、形にもこだわりがあってただの楕円形ではない。なんと片方が高く、片方が低く作られているので愛用いただく方の好みで使い別ける事ができる。




最初で最後の白竹三段弁当箱

 
白竹三段弁当箱


三段に編まれた竹ピクニックバスケットの中でもこの丸型の白竹三段弁当箱は、かなり異彩を放っている。まず、丸型というのは他にはないし、本体や蓋部分、三段になった底部分など網代編みで仕上げられているのもこの弁当箱ならではだ。一番最初に目を引いたのは最下段の四ツ目編だった、二段目、三段目に比べて高さがあって通気性もよいから果物やデザート入れにはピッタリだと思って作った職人の思いが伝わってきた。


最初の白竹三段弁当箱


この職人は師匠について学んだのは確か一年くらいで、後は元々のセンスと努力で竹細工に向き合ってきた。それこそ、この腕前になるのには並大抵の事ではなかったろうと思う、苦労の末に暫くして大手電機メーカーの照明器具を製作するようになったのが転機となる。電気メーカーと聞いて竹の仕事とは結び付かないと思われるかも知れないが、昭和のご家庭で使われていた照明機器の多くは竹だった。上から吊るすペンダントライトの笠、スタンドライトのカバーなど、自分が小学校の時に祖父の建てた自宅は一つ残らず竹で今もそのままな物もある。


竹照明カバー


照明の仕事をされていた時は毎年変わるデザイン、全国から舞い込む注文のため職人や内職も何人もいた忙しい時代だったと言う。今では竹照明の仕事の名残は、職人自ら取り付けた工房玄関の古い竹編み灯りだけだが、その後続けてきた三段弁当箱作りも遂に最後となってしまった。託された最初に試作した一個は、持ち手部分が弱い火でゆっくり手曲した緩やかなカーブになっていて、手間のかかるこの技法で作らた丸型弁当箱はこれしかない。手元で眺めながら少し寂しさも感じている。


根曲竹手付き丸籠の虫穴

 
根曲竹手付き丸籠


今日は根曲竹手付き丸籠だ。直径が約28センチで高さが15センチと手頃な大きさと持ち手の付いた便利さから色々な途にご愛用いただいている万能籠として人気がある。ところで、この根曲竹とは一体どんな竹なのか、ご存知だろうか?筍は確かに美味しいらしいが、当然だけれど竹虎では食べる事など考えた事もない。30年ブログのファンだという少し変わった方(笑)がおられたならば、実は何度かご紹介している竹なのでウンウンと頷かれているかも知れない。


根曲竹林


根曲竹は、皆様が普通に思い描く竹林の様子とも少し違うが、伐採の仕方も自分たちの虎竹とは全く異なっていて興味深い。竹と名前が付くが、別名は千島笹(チシマザサ)とも呼ばれるように笹の仲間だ、だから竹林も場所にもよるのだが意外と低木に感じる。しかし、だから竹切りの苦労がないかと言えば実は大有りで、このYouTube動画の出だしにあるように、職人がクマに用心しながら道なき道を竹林に分け入っている大変な姿をご覧いただきたい。




どうだろうか?竹は曲がりくねった山道を車で随分と登って来た場所にあって、山裾にあった民家からも遠く離れて辺りに人の気配は全くない。標高が高いためか震えるほど気温の低い中、爆竹を鳴らし笛を吹いて緊張しながらの伐採なのだ。この日はラジオを忘れている、いつもは大音量の音楽をかけながらの山仕事だと聞かされた。


根曲竹


根曲竹は寒い地方の竹なので、さすがの自分も南国育ちでこれだけ生々しい竹に触れる機会は多くない。ひと冬、雪の下で保管してあった竹とも違う、まさに伐採されたばかりの根曲竹は何とも青く、硬く、生命力にあふれていて触れただけでビリビリと感動する。


根曲竹職人


根曲竹は虎竹や真竹のように3年竹、4年竹だけを使うのではなく、1年物の若竹も上手に多用する。柔らかい1年竹は編み込みに、冒頭の手付き丸籠のように丸竹のまま持ち手に用いる時等には硬い3年竹と言うように使い別ける。


根曲竹の虫穴


ところが、その根曲竹もここ数年やはり少し異変があるように思っている。南北に長い日本列島に産地がいくつかあるので、気候も様々で条件も微妙に違うといえばだが、やはり以前の根曲とは違う。どうも虫に弱くなっているように思えて仕方がない。竹が本来持っている抵抗力の低下は真竹などにも見られるけれど、先日もまさに手付き丸籠の持ち手に小さな穴が見つかった。


根曲竹熱湯消毒


このような場合にはすぐに熱湯消毒をする。竹材の場合だと一晩中水に浸けておく事もあるのだが、籠に編んだものは形が崩れる事に注意しながら天日干し、陰干しなどして5~6回繰り返して様子をみる。


根曲竹を野菜籠に


社員が畑で育てた夏野菜をいれるのにも重宝する丈夫な万能籠が、こんな小さな穴で日の目を見られず倉庫で朽ちていくのだろうか。竹林から伐採、山だし、選別、加工、製造、販売からお客様までを全て知る竹虎に耐えられるはずもない。


飴色の根曲竹手付き籠、竹虎四代目(山岸義浩)


東北では、「真竹より篠竹、篠竹よりスズ竹、それより根曲竹」という言葉がある。根曲竹の何が魅力的なのか?奥が深いと言われてきたのか?それは使ってみた方ならば分かる艶だ。信じられますか?義母から譲り受けた根曲竹の色合いは、元は自分が右手に持つような白っぽい竹だったのだ。長く愛していくうちには、キズもつくし、虫も喰う、割れる事も管理が良くないとカビが生えるかも知れない。しかし、それが自然の竹です。


小さな虫穴のある籠も、若干であれば出来る限りお客様に届けていきたいと考えている。もちろん、虫が退治できている事を確認してからだし、本来の強度が担保されなかったり、見た目にも酷過ぎる籠は論外だけれど。それでお手元に届いた竹籠が、どうしてもお気に召されない場合はどうかお気軽に当社まで送料着払いで結構なのでご返送ください。竹の三悪と昔から言われている「カビ、割れ、ムシ」をご理解いただき、手間のかかる竹細工ではありますが日本の竹を愛でて頂きたいと思っています。


青竹水嚢(すいのう)

 
スイノウ


青竹で作られた水嚢(すいのう)と言われても、聞きなれない言葉に何の事なのかお分かりにならない方も多いのではないかと思う。実は食品をすくって水切りするための台所用品なのだが、一般的には金属製などが多くて竹製のものは近年あまり見かける事はなくなった。


水嚢各種


真竹の他にも木の小枝と根曲竹を使って作られた物がある、ラクロスというスポーツのラケットに似ている(笑)、見かければ面白いのでついつい手が伸びる。


すいのうタガ


今回の青竹水嚢で見逃してほしくない所は、このザル部分と持ち手の柄部分が一本の同じ竹で出来ているところだ。持ち手の竹の片方を細くわって縦ヒゴとして使っいて、根元には補強のタガが入れられている。


水嚢、竹虎四代目(山岸義浩)


こうして持ってみるとサイズ感が伝わるのではないかと思うけれど、結構大振りなものだ。


青竹水のう


水嚢竹ざる


少し前に、ラーメン屋さんの湯切りに使うステンレスザルの持ち手を竹で用意した事がある。仕事でプロが使う道具からすれば趣味性の高い青竹水嚢だが、こんな竹を自在に操るオープンキッチンで座ってみたくもある。




曲線美の竹籠、磯テゴに隠された口巻きの秘密

 
磯テゴ、ウニ籠、磯籠


「秘密」なんて言うと大げさであるけれど、職人や自分たちが当たり前にように思って何も言わないと、いつの間にやら似ているけれど何処か頼りない竹籠ばかりになってしまういそうだ。昔から長く日本人に愛されてて山で、海で、川で、畑で、家で使われてきた竹籠は美しく強いのである。


磯テゴ、ウニ籠、磯籠


これは地元では磯テゴと呼ばれている籠で、ウニが沢山獲れる地域でもあるのでウニ籠と呼ぶ人もいるが一般的には磯籠として名前が通る籠だ。


磯テゴ、ウニ籠、磯籠


丈夫さの秘密は肉厚にとった竹ヒゴで作る竹輪にある。この丈夫な竹輪を口巻にあてがって巻いていく。


磯テゴ、ウニ籠、磯籠


実は口巻に補強の竹をあてがっている籠は多い。素材自体が細い篠竹細工などでは、昔の職人の仕事を見ると丸竹をそのまま巻き込んでいて感動すらする。ところが篠竹の籠の場合には外側に口巻が飛び出してしまう(これには、篠竹籠の理由があるのだが)。


磯テゴ、ウニ籠、磯籠


それが磯テゴときたら内側に竹輪をあてがい巻き込んでいるから、底から立ち上がって口巻にいたる優しく綺麗な曲線がそのままなのだ。普通に使っていたら、どうしてこんなに強度があるのか不思議に思ってしまうかも知れない。


磯テゴ、ウニ籠、磯籠


さて、今回は磯テゴが完成した画像を用意し忘れてしまった。下のYouTube動画の最後に持ち手を付けた竹籠全体が登場するので是非ご覧ください、本当に口部分にゴツイ竹輪が入れられているなど外側からは分かりません。やはり「秘密」なのだ。