逆さ台形六ツ目編みのオモシロイ手提げ籠

逆台形手提げ籠バッグ


昨年末に、逆台形六ツ目編みの手提げ籠をコチラの30年ブログにてご紹介させていただきました。それ以来、買い物に行くたびに結構高い確率でこの竹手提げ籠を持参して行きます。白竹八ツ目編み試作時の籠や、一点物で無骨さが気に入っている根曲竹の買い物籠、昔から長く愛用しているスズ竹市場籠など常時車内には数個の籠が載っているのですが、ついつい手に取ってしまい気がつくと一番多用しているのが、この逆台形の籠なのです。


真竹手提げ籠


ユニークな形と長めの革持ち手に、ちょっとワクワクする感じを竹虎のお客様にも共有でればと思っていたところ、遂に10個程度ではありますものの籠が完成して後は革持ち手が出来上がるのを待つばかりとなっいます。

 
六ツ目手買い物籠


さて、手にしております二つの籠の色目が違うのは経年変色です(笑)。元々青竹そのままに編まれた六ツ目籠が2~3年経過しているので、まるで晒した白竹のように見えています。革持ち手にまだ一ヵ月以上かかりそうなので少しお時間頂戴いたしますけれど、お楽しみにお待ちいただきたいと思っています。




昔の篠竹細工の籠たち

 
篠竹細工、米研ぎざる、魚籠、腰籠、餅草摘みふご(よもぎ餅)<br>


先日5月14日の30年ブログで「竹は、作る人と使う人で完成するものなんだよ」と、しびれる話を聞かせていただいた篠崎ざるのお話をさせていただきました。同じ篠竹を使う竹細工でも、東京から北に上がって東北にまで行くと籠の種類や風合いは微妙に違ってくるものの、使う人を思って編まれる職人の精神は同じです。


篠竹米とぎざる


飴色に変わって、いかにも生活の中の竹という風合いの大振りの米研ぎざるを手にしてみました。数十年前に編まれたであろう細かく取った竹ヒゴの籠なのに、ついこの間出来たばかりのようにカチリとした感触、やはり縁巻がしっかりしています。


篠竹


虎竹をご存じない方から「どれくらいの太さの竹ですか?」と質問される事があります。太めのボールペンくらいの細さから直径10センチ近い太さの竹まで様々なのですが、同じように篠竹も細身の竹でありながらサイズには若干のバラつきがあります。


篠竹米とぎざる縁巻


この頃合いの丸竹を何と3本もまとめて縁にあてがって、そのまま口巻きしているのです。地味に見えますけれど、丸竹をこれだけ綺麗な円の形に仕上げているのは相当な熟練の技です。




驚きの調湿竹炭実験の結果や如何に!?

 
調湿竹炭


調湿竹炭パックには、湿気にお悩みの皆様にオススメしたい3つのポイントがあるのです。まず、人と環境にやさしい竹素材である事、次に厳選した二重の不織布で快適にお使いいただける事、最後に半永久的に湿度調節してくれる経済性です。しかし、実際どの程度の効果があるのか?ここが一番、皆様がお知りになりたい所でもありますので今回は、調湿竹炭パックに入れています竹炭粒を使って除湿実験を行う事にしました。


竹炭の除湿実験


元々は、県の公の機関にお願いしようと相談していましたが、実はこのような実験はあまり多くないらしく「竹虎さんの方でテストされた方が良いのではないか」という事になりました。そこで、簡易にできる実施方法や試験器具をご指導いただいて自社で測定する事にしたのです。


竹炭除湿実験に驚く竹虎四代目(山岸義浩)


食品ロス、フードロスという事が言われるようになりましたけれど、自分たちはバンブーロス削減のため竹の活用方法を考え、竹炭に取り組んで30年になりますので竹炭の消臭効果、調湿機能などは体感的に非常に優れたものだと知っていました。ところが、今回の除湿試験をしてみて、さすがにこれ程の湿度の違いになるとは思ってもみませんでした。


約1時間経過した後の温度と湿度をご覧ください、温度はほぼ変わらないのに竹炭を入れた方は湿度50パーセント、一方何もしなかった方は湿度94%です。改めて竹炭の可能性を知らされた思いです、皆様にも下のYouTube動画をご覧いただいて竹炭の除湿パワーの凄さを感じていただきたいです。




「竹は、作る人と使う人で完成するものなんだよ」江戸の篠崎ざる

 
東京上空から荒川を見る


高知から羽田空港へ飛ぶ飛行機のルートは、その日によって変わるようです。東京湾方向から着陸していたはずが、今日は大都会の上空を飛んで滑走路に向かっています。眼下に見えてる大きな河川は江戸川でしょうか?かってあの河川敷には護岸用にもなっていた篠竹が茂っていて、その竹を使った竹細工の一大生産地がありました。今となっては「篠崎」という地名に当時の名残を感じるだけですが、その土地で最後まで竹編みの仕事をされていた職人を思い出すのです。


篠崎ざる


「ウチのかごは、これだけ丈夫なんだよ」そう言って、ご自身の編んだ竹籠をひっくり返したかと思うと立ち上がり、籠に飛び乗った時には本当に驚きました。200軒もの竹籠屋が軒を連ねていた地域で技を競い合った職人のプライドが伝ってきました。竹は江戸っ子気質にピッタリだと話されていた通り、竹を割ったような気持ちのよい方でした。


篠崎ざる


篠崎ざるの特徴的な「外縁」は持ちやすく、中に入れて洗った食材を他の籠に移しやすい実用的な作りです。もちろん、たとえ籠の上に飛び乗ってもビクともしなかった堅牢さの秘密でもあります。懐かしい画像を見ながら、機内から撮った河川を調べてみらた、どうやら荒川のようです。左手に中川があり、更にその横を流れるのが江戸川でした。


YouTube動画で伝統の竹細工と現代的な竹籠の違いをお話しさせもらいました。竹は世につれ、人につれ変化してきました、改めて竹職人の忘れられない言葉を思い出します。「竹は、作る人と使う人で完成するものなんだよ。」




かぐや姫の宿る竹?

 
かぐや姫の宿る竹?


竹取の翁は竹林で光輝く竹を見つけて、その竹の中のかぐや姫を連れ帰ったと竹取物語にあります。実際に光輝く竹などあるのだろうか?実は梅雨時の孟宗竹の竹林で驚くほど明るく光って見えるかぐや姫の竹と出会った事があって以前の30年ブログにも書かせてもらいました。


孟宗竹


この日の葉が生い茂る少し薄暗い孟宗竹の竹林は、所々に明るい日が差し込んでいましたのでその中の一本がまさにかぐや姫の竹のように輝いて見えていました。


かぐや姫の宿る竹?


ところが、前からご購読の皆様は既にお分かりのように日本最古の物語と言われる竹取物語が書かれた頃の日本には孟宗竹はありませんでしたので、竹取の翁が見つけた竹はこんな風ではなかったはずです。それでも白く輝いて何やら話しかけてくれているのを感じます。




昭和の御用籠、久々の登場

 
御用籠


無骨な御用籠をご覧になって、昭和生まれの皆様は懐かしく感じられる方が少なくないと思っています。ピンと来られない方にも、かって自転車やバイクの荷台にくくり付けられていた竹籠と言えばいかがでしょうか?「あ~、あれね!なるほど知ってる、知ってる」そんな声がチラホラと全国から聞こえて来る気がしています(笑)。


御用籠、竹虎四代目(山岸義浩)


兎に角、昔の竹籠ですから、まず丈夫さと使いやすさが一番。底に幾重にも重なる迫力の力竹を見ると、自分などは職人の仕事場で見た炭火の匂いが頭をよぎります。幅広に取った力竹は熱を加えて直角に曲げられているのです、この御用籠も角の部分は火を当てた跡が残っています。


古い御用籠


こちらは現役で使われていた当時の御用籠、さすがに良い色合いになっています。プラスチック製のコンテナ箱が出回るまでは竹籠が運搬用として主流だったので御用籠は全国各地で編まれていて、基本的な構造は同じでも作りは微妙に違っていました。


古い御用籠


確か前にもお話した底の力竹です、今なら絶対に使わないような節付きの竹が使われています。これは竹のウラ(先端)部分まで無駄にならないようにしていた証で、昔は竹材を少しでも節約して製作しないと間に合わないほど大量生産されていた事かうかがえるのです。


御用籠


「ウラの竹材を使っても、しっカリ作っているから強さは変わらんよ!使えば分かる。」昭和の籠からは、そんな熟練職人の自信が聞こえてきそうですが、現代では見栄えも機能と同時に見栄えも大事に編まれています。


御用籠


御用籠は、まさに万能籠として色々な使われ方をしていました。竹虎の工場ではリヤカーに載せて運ばないといけない程の大きさの籠をゴミ箱として使っていたのを覚えています。えっ?リヤカーをご存じない...?そんな方はgoogleで検索して下さい。自分も試しに見てみたらアルミ製のカッコイイものが出てきましたけれど、竹虎の職人が使っていたのは木製の本体に古タイヤを取り付けたようなものでした。


御用籠


大の大人が数人がかりで持つような大型の籠から自転車の荷台で使かわれるサイズまで、用途によって様々な大きさが作られて愛されてきた御用籠の魅力が尽きることはありません。




竹の秋と竹の花、そして竹てんぐ巣病

 
竹の黄葉、竹の秋


昨日から竹の秋についてお話しさせて頂いている。竹は昔から日本人の暮らしに密着して一日として欠かす事のできないパートナーと言ってもよい存在だった。全国どこで生活される方であっても、多くの場合は少し注意をするだけで身近に繁っている竹を見る事ができるのではないだろうか。


竹の落葉、竹の紅葉


国内の森林面積に占める竹林の割合が、わずか0.6%しかないのにこれほど目につくのは竹がいかに人の生活圏に植えられて役立ってきたかという証である。そして、その竹が紅葉しているのだ。燃えるような真っ赤な色合いで主張しないところが竹の奥ゆかしい所で、紅葉ではなく黄葉と呼ぶのがふさわしいと思う。


竹てんぐ巣病


竹の葉が黄色くなっているお陰で、実は今の山里の景色は決して生命力に溢れる美しさではない。更に近年は北から南まで蔓延している竹てんぐ巣病があって竹林が疲弊しているように見えてしまう。


竹の秋と竹の花


高速道路が貫く高知市北山はかって筍の産地として知られた地域でもある。ここ20年だけでも、久しぶりに帰高した人が驚くほど広がりを見せている竹藪の薊野トンネル付近をご覧いただいている、左手前は黄葉した竹、トンネル口に見える竹は罹患している竹たちだ。


竹の花


そして前にからお話させてもらっているように竹の開花があって、まさに今の竹林には二重苦、三重苦のような状態だ。しかし、竹の黄葉は新しい若葉の芽吹きのためでもあるし、竹の開花も次世代に繋いでいく大自然の営みである。てんぐ巣病も、竹が生まれ変わる時代の過渡期の症状と思って長い目で見ていきたい。


誰にも知られない竹の秋(竹の紅葉)

竹の秋、竹の紅葉


松や梅と共に古来縁起のよい植物のひとつにが数えられているは何故だろうか?きっとそれは、その凛とした姿に人が魅了された事、そして雪の降る寒い季節にあっても青々とした葉を繁らせる神秘的な生命力あふれる様からではないかと思う。だから竹の秋とか、竹の紅葉、竹の落葉と言ってもピンと来る人はあまりいないかも知れない。


竹の紅葉(黄葉)


ところが、一年を通して変わる事がないと思われる竹林にも秋があり、紅葉があり、落葉があるのだ。ただ竹の場合は、普通の樹木とは反対に春に紅葉の季節がやって来る。ちょうど筍が頭を出す頃に、竹の葉は黄色く色づき静かに葉を落とす。


竹の紅葉(黄葉)


多くの竹は人里に成育しているので、実は沢山の方が毎年繰り返される竹の営みを目にしているはずなのに、関心がないのか気づいていない。もしよかったらこの30年ブログを読み終わった後、近くに山があれば竹林を注意深くご覧いただきたい。


竹の紅葉(黄葉)


「そう言えば、いつもの緑色の景色が少し色あせて見えるような...」それこそが竹の紅葉なのだ。


竹の秋、竹の若葉


それでは落葉はどうだろうか?さすがに落葉して裸になった小枝ばかりの竹林なら誰でも気づくはずである。しかし、やっぱり竹には神秘的な力が宿っている。黄色く紅葉し落葉していく小枝には既に次の世代を担う若葉が芽吹いているのだ。古い葉が散っても、交代するかのように青々とした新しい葉が大きく育つので、誰にも竹の秋は知られない。


「ウチは国産竹串を使ってます」

竹串


新型コロナによる行動制限の緩和で飲食店が少しづつ稼働しはじめたからでしょうか、夜の街にも賑わいが戻ってきたようで国産の竹串には週に何度もお問合せを頂くようになりました。焼き鳥屋さんやホルモン焼き、あるいは川魚のお店まで、こだわりのお店も多いようで単価は多少高くなっても日本の竹を使った製品を求められていると感じています。

 
国産竹串、竹虎四代目(山岸義浩)


現在、このような竹串については国内で流通しているほとんどは輸入されたものです。中には海外の竹材が柔らかく肉を刺しづらいので、しっかりした材質の国産品を探されてると言われる方もおられます。ところが、自分達もできるだけ国産竹串を使っていただきたいと思うものの数量が足りていません。


※柔らかいのは海外の竹質のせいだけではありません。肥料を使って筍を生産する竹林の場合、育ちが良く材質が柔らかくなりがちで竹製品の素材としては適していません。これは日本の竹林でも同じ事で筍栽培をする孟宗竹の間伐材は、たとえ沢山あっても使えないのです。


竹串


こじんまりとしたお店で、何とか数は揃いそうでも最後には値段がかみ合いません。「ウチは国産竹串を使ってます」なんて事をウリにする焼き鳥屋さんは、あまり見た事がないです。つまり安価な海外製品が多々ある中で、日本製竹串と言ってもお客様に対してアピール力が乏しく、安心して使いやすいと思いながらも価格の相異に諦めてしまうのでしょう。


何故もっと安価に製造できないのか?竹串など簡単そうなのに。普通に考えれば本当にその通りかも知れません、しかし実際には竹は一年通して伐採できる訳ではないので、これだけでは収入が安定しないから山の職人がいなくなります。材料である竹を苦労して集めたと思ったら、今度は加工せねばなりませんが実はこれも下のYouTube動画で紹介しているように相当な手間がかかっています。工場では加工機械を多用していますものの、この調整が大変で別サイズなど簡単に出来ない理由もお分かりいただけるのではないでしょうか。竹串をお問合せされようと検討される方には動画「感激の国産竹串工場!太い丸竹から細い1本の竹串が生まれる!」を是非ご覧いただく事をオススメします。




竹微粉末を加えて新しくなった竹炭サプリメント

 
竹粉でリニューアルした竹炭サプリメント


竹炭パウダーを毎日ご活用いただけるように手軽なカプセルタイプにした竹炭サプリメントが更にパワーアップしました。竹炭の力が十二分に発揮されるように相乗効果の高い90パーセント以上が難消化性の食物繊維である竹粉微粉末をプラスしたのです。


竹微粉末


実は今回の竹粉は普通のものではありません、十数年前から自分も使用しながら気になっていた竹素材なのです。竹粉と聞きますと、一般の方でも粉砕する機械か何かで微粉末にするというのは容易に想像できるかと思います。しかし、普通のチッパーシュレッダーは竹を切断して粉状にしています。


針状繊維の残る竹粉


これでは見た目には同じ竹の微粉末でも電子顕微鏡で確認すると竹特有の針状繊維が残ってしまっています。竹は細工をする段階でも繊維が指に刺さりやすいものですが、目に見えないほどの細かさになっても同じような繊維質の形があるのには少し驚きます。


特許取得の特殊刃物で製造した竹粉


レタスの80倍という竹の食物繊維の多さも針状繊維があるままでは胃の内壁に刺さり食欲低下等があり家畜の実験でも効果が上がらなかったそうです。そこで今回の竹炭微粉末ですが特許取得の特殊刃物で60ミクロンに「切削」され微粉末化されているので見た目から全く別物のようです。


竹微粉末ハニカム構造


高温を発しない常温加工なので熱に弱いビタミンやアミノ酸が壊れることなくバランスよく含まれており、繊維のハニカム構造の中に竹由来の乳酸菌が生きています。竹ヨーグルトと呼ばれたりするのは、このためで当時飼っていたゴールデンレトリバーは竹粉入りのご飯が大好きだったのを思いだします。


虎竹の竹林、竹虎四代目(山岸義浩)


最後に今回の竹炭サプリメントに使わせていただいた唯一の竹粉は虎竹と同じ淡竹(はちく)という竹の種類になります。淡竹は孟宗竹や真竹に比べてビタミンKが多く、香成分も豊かです。あれだけ竹の豊富な中国にあっても、漢方薬に使われている素材は淡竹なので他に何かあるのかも知れません。竹自体が神秘的な植物ではありますけれど、淡竹の事はもっと調べてみたいと思っています。