里山の竹三点セット

 
竹の里山


曲りくねった道を走っていると竹が見える、その多くは孟宗竹だ。町からはずっと遠く離れた山深い所に来ているが人の暮らしはあって、そして人が居るところには竹がある。わずか300年か400年前に日本に渡って来た孟宗竹が、これだけ全国津々浦々で見られる事に改めてこの竹の有用性を感じる。


四方竹


手前に見える小振りなのは四方竹、普通は丸い稈がこの竹に限っては四角い形をしている。これも中国原産だが変わっているのは形だけではない、シャキシャキとした触感が美味で人気がある筍が何と秋に出るのだ。


孟宗竹


このまるまると太く高く伸びた孟宗竹はどうだ!春はこの大きな竹の筍を収穫して、秋には四方竹の筍を食する事ができる。川の流れも美しい豊かな集落には先人の知恵が生きている。


蓬莱竹


これで防災に活躍してきた蓬莱竹でも植えられていたら「里山の竹三点セット」か?いやいや、竹細工に適した真竹や淡竹(はちく)は三大有用竹とも言われるほど竹細工には定番の無くてもはならない竹だし、黒竹やメゴ笹、寒い地方だと根曲竹やスズ竹など細い竹もそれぞれに性質を活かした使われ方がある。やはり竹はスゴイ。


土佐の「いごっそう」白竹手提げ籠

 
白竹手提げ籠バッグ、竹虎四代目(山岸義浩)


たまには路線バスに乗るのもいい。自分でハンドルをにぎって何度も通ったことのある道なのに、目線が高いせいか?大きなエンジン音に揺られるせいか?まるで違う場所を走ってるようだ。見た事もないような景色が続いていると思いながら県境まで来た。


白竹手提げ籠バッグ、竹虎四代目(山岸義浩)


バス停に降りるのも、乗るのも一人、静かな山間の集落に白竹手提げ籠と共に。土佐の「いごっそう」は、肥後「もっこす」、津軽「じょっぱり」と並んで日本三大頑固と言われるが、そんな気質で編み上げた。自分を主張して譲らない、こびない大きさが気に入っている。


忘れ去られた里山の逸品、シダ編み籠

 
シダ盛り皿、竹虎四代目(山岸義浩)


里山に出かけると、どこにでも見かける植物のひとつにシダがあります。しかし、このシダが防水性、防湿性に優れ昔から台所やお風呂場で活躍してきた籠の素材と知る人がどれだけいるでしょうか?


シダ編み籠


艶々とした美しいシダ編み籠、まるで硬質のプラスチックのような素材感は使うほどに味わい深く変色し、何十年と長くご愛用頂けるのです。


シダ加工製造


シダ材は、まず専用釜で2時間程度煮たてます。こうして柔らかくなったシダ材を更に手で入念にしごいて、しなりと粘りのある素材にしていくのです。


シダ籠職人


熱湯処理した後、乾燥しないように保存した材料を1~2週間の間に籠に使いきりますが、なぜかと言いますとその期間を過ぎると硬くなって籠に編めなくなってしまうのです。丈夫で美しいシダ編み籠ですが製作にはこんな苦労があり、少しメゴ笹洗濯籠と似たところがあって、あまり沢山作ることができないのです。


シダ編みかご


今回は定番の丸型の籠の他に小ぶりで使い勝手の良さそうな楕円形の籠がいくつか編み上がっています。


シダ鍋敷


籠の底編みは何本ものシダの茎をかさねて交差させた丸いレコードと呼ばれています、これを応用して鍋敷きに作っています。


シダ材


使う材料はコシダです、オオシダは粘りがなく折れてしまいます。一度熱湯処理したシダ材は徐々に硬くなって使えなくなるのですが、再度熱湯処理すれば柔らかくなるものの、やはりこのように折れやすい素材になると言います。


シダ籠


このシダ籠の色合いはあまり一般的には見られないものです。熱湯処理した直後からシダの色合いは薄くなり、編み上げてから日光に当てることによって濃いツヤのある色合いになります。そしてその後は皆様のご愛用いただく具合により深みを増していきます。




竹の光

 
竹ペンダントライト


竹ペンダントライト


竹ヒゴをモダンにあしらったペンダントライトを見つけました。昼は美しい形そのもや竹の素材感を楽しめますが、暗くなってからはキチンと並んだ竹の格子の影、その隙間から漏れ出す光が、どこか懐かしい気分にさせてくれます。


竹灯


少し前なら天井から吊り下がるこのような竹照明は、何ら珍しい物でも、趣向を凝らしたというものでもなく普通にどこのご家庭でも見られていたライトの一つでした。


竹ペンダントライト


竹の編み方だけでなく竹ヒゴの厚みでも表情の変わるペンダントライトは心安らぎます。


四ツ目籠


笠


竹の照明は自由です、このような四ツ目籠の中に電球を入れて使われていたり、日の光をさえぎる笠が電球のシェードにされたりと色々です。


虎竹ランドリーバスケット


虎竹六ツ目ランドリーバスケットに日差しがあたって濃い影を落としています。竹灯の魅力はこのような陰影です。


虎竹林


しかし、どんな照明や竹灯も竹林の向こうから差し込んでくる眩しい竹の光にはかないません。




古老が編む磨きの竹手提げ籠バッグ

 
真竹磨き縦ヒゴ手提げ籠バッグ


竹表皮を薄く剥いだ竹細工は「磨き」と呼ばれています。伐採してきた青々とした真竹を一本そのまま大きなUの字形の磨き包丁で磨いていく場合もあるし、細い竹ひごにしてから磨いていく場合もあります。


磨き細工の竹端材


室内の工房で磨きの仕事をしていると、一歩部屋に足を踏み入れただけで青竹の瑞々しい香りにむせこんでしまうほどです。


竹職人


けれど竹細工70年というキャリアの職人の仕事場は庭の軒先、暖かな日差しが差し込んで来くるタイミングが始業のベルが鳴るようなものです(笑)。


青竹細工


愛犬が気持ちよさように居眠りする横で手仕事は黙々と続きます。


竹籠バッグ、竹虎四代目(山岸義浩)


こうして編まれた磨きの手提げ籠バッグ、縦に何本も入れられた幅広の竹ヒゴが特徴的です。最近はこのような籠はあまり見かけませんので自分用に一つ手元においてあって、そろそろ一年越える頃です。早くもこのような青みがかった色合いは上品なベージュ色に成長しています。




続・宮城の肥籠


肥籠職人


昨日の30年ブログの記事で不思議な気持ちが沸き上がると言ったのは、この東北宮城で編まれる肥料ふりに使われてきた肥籠が、遥か南の鹿児島日置の箕と酷似しているからである。


肥籠編み込み


そもそもこの肥籠自体の編み方が独特で箕作りの製法である。だから、この辺りまでの編み込みを比べると、東北なのか鹿児島なのか、どちらで編まれものか分からないくらいなのだ。


スズ竹


肥籠にはスズ竹、桜皮桜皮、藤を編みこんでいく。北と南では竹材が違うのでさすがに全く同じ素材は使われていない。


蓬莱竹


ところが西日本にはスズ竹に負けない柔軟な素材の蓬莱竹(ほうらいちく)がある。鹿児島の箕は蓬莱竹と桜皮を使って編まれるのだ、その編み込みに使われるのは東北の職人さんが使っていたナギナタとよくにた箕刀(ミガナタ)である。




ちなみに蓬莱竹のYouTube動画を作っていますので是非ご覧ください。


古い箕


これらは職人さんの工房にあった古い箕たち、肥籠と同じような素材で編まれているものの箕先(箕の先端部分)が平らなので宮城でも仙南の作りだと言う。


宮城の箕


箕先の尖った仙台より北で編まれていた箕だ。立てた時に箕先が傷まないようにUの字に曲げたソゾミ(ガマズミ)は長めに取られている。


日置の箕


ソゾミは南天のような赤い実のなる木だが曲げてから一旦固まると元に戻らない。日置の箕にはビワの木が使われている。それぞれ山の樹木の特徴を知り上手に活かしているのだが、竹を使った箕のほとんどが網代編みで作らている西日本の中で、まるで飛び地のように突然日置の箕が現れる。もしかしたら、消えてしまった産地があるのだろうか?南北に長い日本地図と、にらめっこが続く(笑)。




宮城の肥籠

 
肥籠


宮城の肥籠も面白い、竹籠と言っても編み込みには竹以外の素材が使われていて独特の模様になっている。木製の持ち手まで付いているのだが、これは一体いつからこんな形なのだろうか?東北には太い竹が少ないので、このように木材を使う事になったのだろうか?


持ち手付竹籠


西日本のように真竹でも淡竹でもそれなりに太い竹材が豊富にあれば同じような肥籠でもこのように持ち手も竹製で作るのが普通である。


まんごく


あるいは持ち手を掴むのではなくて小脇に抱えて使うこのような楕円形で大型の竹籠も昔から使われてきた。


スズ竹


職人さんが材料のスズ竹を見せてくれた。寒い地方に多い笹の仲間で細く背丈も低いが非常にしなりがあって丈夫な竹籠には編みやすく、使っても長く使える秀逸な素材だ。


桜皮


一緒に編みこんであって黒っぽく見えているのは桜皮。山に分け入り旬の良い時期に採ったものを綺麗にまるめて保管している。


肥籠編み込み


スズ竹、桜皮、藤をナギナタと呼ばれる道具で編みこんでいく、仕上げは唐竹で縁巻をする。


杉


杉の持ち手を麻紐で縛る。この麻紐が昔は藤だったと言う。


肥籠、経年変色を比べる


編み上がったばかりの青いスズ竹の色合いが落ち着いて黄金色になっているのがたまらない。それにしても不思議な気持ちが沸き上がる。




「健康の贈り物」青竹踏みギフト

 
青竹踏み乾燥


これは一体何でしょうか?パッと見にはお分かり頂けない方もおられるかも知れません。実は青竹踏みを天日干ししているところなんです、乾燥させた竹材を使用していますけれど湯抜きした青竹をそのまま加工して塗装もせずに仕上げますので管理が大変です。ズラリと並べてカビのきやすい内側の身部分をこうして太陽に晒しています。


さて何も言わなければお気づきいただけない方がほとんどだと思いますのでお話させていただきますが、竹虎の青竹踏みにはご覧にになっていただいています通り全て節が二つ入っています。厚みのある孟宗竹で製作する上に更に強度を考えて丈夫な節部分が取れるように作っていくのです。


青竹踏み


何でもないような事ですが、実は竹の節の間隔は元が狭く、ウラ(先端)に行くほど長くなりますので皆様が思う何倍もの竹材が必要となる非常に大変な事なのです。


孟宗竹、竹虎四代目(山岸義浩)


こうして孟宗竹の竹林を歩きましても頃合いの竹がどれくらいあるでしょうか。そして、その一本の竹を41センチの青竹踏みに取っていくのに単純に端から切断していけばよいという訳でなく、節を二つ入れねばならないとなると比較的にお求めやすいこの製品にも竹材が厳選されているのがお分かりいただけるかと思います。


青竹踏み比較


青竹踏みには孟宗竹で製作した定番タイプと、細身の真竹で製作するピンポイントに効く強力青竹踏みがあります。室内で簡単にフミフミできますので「健康の贈り物」として先様のお名前を刻印して差し上げるのはグッドアイデアではないかと思いました。




総務省ふるさとづくり大賞個人表彰(総務大臣表彰)伝達式

 
210217050.jpg


総務省主催の「令和2年度 ふるさとづくり大賞」にて竹虎四代目(山岸義浩)が個人表彰(総務大臣表彰)を受賞させていただきました。ふるさとづくり大賞は全国各地でそれぞれのこころを寄せる「ふるさと」をより良くしようと頑張る団体、個人を表彰することにより、ふるさとづくりへの情熱や想いを高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを目的としています。


210217605.jpg


210217607.jpg


東京での表彰式がコロナで中止のため、室戸市むろと廃校水族館さん、お茶生産の津野町三原大知さんとご一緒させていただいての「ふるさとづくり大賞」、今年は県庁にて行われました。全国21団体、8名なので高知県の受賞率は異常に高い!魅力ある産品の豊かさと、何より強い郷土愛を感じます。


210218501.jpg


地域の大切な資源、そして「宝」である虎斑竹を地域・人とその技術を活用して海外にまで発信していることを評価していただきました。竹虎が100年にわたって地道に築き上げてきた歴史が認められた結果だと考えています。こうした日本にとどまらず世界に向けて発信を続けていくことがやがて大きなうねりとなり、高知県須崎市安和の虎竹の里に帰ってくると信じ、挑戦を続けていきます。


210217058-2.jpg


210217051.jpg


今回はせっかくの受賞式なので日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」で走っていきました。うまくしたもので、虎竹の里から高知県庁まで乗っていくと電池が無くなるタイミングです。ドアもなければ、当然暖房もない竹トラッカーですが温かい日差しに助けられました、春はそこまで来ています。




土佐から世界へ「虎斑竹」の魅力に迫る旅

 
ゆい、春のめざめ


このような時期ではありますが、いやこのような時期だからこそ三蜜を避けて、専属スタッフが同行する特別仕様の心地よい旅を楽しみたいと思われる方へ上質な大人旅を提案されているのかも知れません。神姫バス株式会社さんが企画された春のツアーは全国各地に日帰りから3泊4日まで様々ですが、どれも知らなかった日本を知って更に日本の自然や文化の豊かさを感じるられる日程になっているように思います。


210209601.jpg


「ゆいプリマ」というバスは外観もゴージャスですけれどシートをはじめてとする車内装備も非常に充実しています。バスと言えば県外への出張に高速バスに何度か乗った事がある程度ですけれど、こんな豪華なバスなど見た事もありませんでした。天然木を使った落ち着いた雰囲気のインテリアで、これならゆとりある日程をリラックスして楽しんでいただけそうです。


210209602.jpg


さて、今回の「ゆい」春のめざめ~旅が心をむすぶYUI PRIMAで行く上質な大人旅では「高知・須崎で竹のある暮らし 土佐から世界へ「虎斑竹」の魅力に迫る旅」として日本唯一の虎竹の里を回るコースも用意されています。高知県立牧野植物園から、時計もテレビもないオーベルジュ土佐山で宿泊して翌日に日本唯一の虎竹の里にお越しいただき、映画「陽暉楼」の舞台ともなった得月楼のお食事という豪華なコースです。


虎斑竹は表面に虎皮状の模様が入っているところから名前がついています。命名の父は世界的植物学者であられた牧野富太郎博士、もしツアーに参加される方がおられたら牧野植物園に移植している虎竹にもご注目いただきたいと思います。日本でも虎竹の里でしか成育しない虎竹は、こちらでもやはり綺麗に模様がつかず普通の淡竹(はちく)となっています。イギリスBBC放送の方が言ったように、まさにミラクルタイガーバンブー、虎斑竹は安和の風土が育んだ山の幸なのです。