天然洗濯洗剤

2007年10月19日

竹炭から生まれた天然の洗濯洗剤「竹炭の洗い水」が先月のテレビ放映から少しづつ口コミでひろがっています。ひとつ、ひとつ丁寧に新聞紙につつんでいる社員の姿に商品への愛情を感じてさらに嬉しくなっているのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


見て欲しい脱衣かご

2007年10月12日

この脱衣かごを見てください、根曲竹をつかった脱衣かご。ポイントは色々ありますが、一番はやっぱり丸竹のまま使っている持ち手でしょうか。素材といい、大きさといい、デザインといい、ピカイチです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


籐職人の脱衣かご

2007年9月19日

かなり大ぶりなので場所はとりそうですが、職人の手仕事が光る脱衣かごです。丸籐をそのまま使った粗い編み目と、楕円形の美しい形が何とも魅力的なのです。近日サイトでご紹介できるのが楽しみな逸品です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


エコ洗濯に

2006年9月13日

231714e1.jpg山桜は木材の中でも湿気につよい素材だそうです。お寺の廊下などは南国土佐の激しい風雨にさらされて濡れてしまうことも多いのですがそんな所に昔から多用されてきた素材だと聞いて納得しました。そんな山桜でつくったコンパクトな洗濯板が昨年のテレビ放映からずっと人気でなかなか製造が間に合っていません。お風呂にはいるついでにバスルームでササッと洗ったりと結構今の若い方にも愛用者が多いようなのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


幻のメゴ笹洗濯かご

2006年5月31日

963aee43.jpgボクは小さい頃、温泉好きの祖父に連れられ仕事がてらの旅行で全国あちこちの温泉に行ったようです。記憶がなかったり忘れていたりする事も多いのですが、大きなお風呂にたっぷりのお湯、もうもうと立ちこめる湯気とかけ湯の音...不思議と鮮明によみがえったりします。
メゴ笹洗濯かごもそんな温泉場の遠い記憶の中にしまってあったもののひとつでしょうか、はじめて見たのに懐かしい気持ちでいっぱいなりました。でも、実はこのカゴを初めて手にする事ができたのは竹虎入社して3年も経ってから。話には聞くものの作る事のできる職人さんがいなくなりずっと欠品で「幻のかご」と言われて実物を見ることはできずにいたんです。だから、最近になって腕のいいメゴ笹職人さんに出会ってから古き良き時代をしのぶ逸品をこうして少しづつでもご紹介できるようになり本当に感謝しているのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


幻がまたひとつ

2006年4月 3日

6c74d756.jpgこの洗濯カゴには一目惚れしました。
とにかく鼓型のデザインといい
直径が40センチ高さ40センチ
という大迫力ながら
丁寧にとられたヒゴと
編み込みの美しさといい
非の打ち所がないのです。

洗濯カゴというだけでなくて
お使いになられる方のアイデアひとつで
様々なシーンで活躍しそうな
サイズと丈夫さもあります。

ただ、残念なことに
このカゴも作る方が少なくなったのと
材料の関係もあって
今年の秋までは商品がありません。

幻の名品がまたひとつ増えたようです...


ああ、幻といえば
こちらも、なかなかできない
メゴ笹洗濯かご
職人さん頑張っていますから
近日にはなんとか少しご紹介できる予定です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


<<< 1  2


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.