竹炭スプーン

2011年11月 3日

竹炭スプーン


素晴らしい日本庭園の中をゆっくりゆっくり散策したがです。一人で竹林を歩く時のような時間、大事やにゃあ。こじゃんと広い園内ですき、すっかり歩き疲れてお茶が飲みとうなりました。感じのエイ喫茶室がありますきに入ってみます。高級そうな椅子に腰かけて外をみると澄みきった水をたたえた大きな池には美しい錦鯉が何十匹と悠々泳ぎゆう。いやいや、ワシくも負けちゃあせんぞね。おらんくの池には潮吹く魚が泳ぎゆうにき。(どっかで聞いた唄みたいやにゃあ)


けんど、なんと心地のえい喫茶店やろうか?すっかりリラックスして待ちよりましたら美味しそうな香りをさせて珈琲が運ばれてきましたぞね。ややっ!?まこと、何から何まで素晴らしいと思いよりましたけんど、ここまで素晴らしいとは...。コレが想定外いう事ですろうか?スプーン代わりにお皿にのってきたのは、なんと、竹炭ぜよ!!!これには、たまるか感激したちや!!!広い園内を手入れしゆう庭師さんが伐採した竹を使うちゅう、そんなお話に、また感激!!!


「竹炭スプーンでかき混ぜたら、お味がまろやかになります。」


上品で丁寧な店員さんが説明してくれます。そうそう、知っちゅう知っちゅう!知っちょりますぞね!竹炭を水道水に入れたら美味しいミネラルウォーターになるきに!ミルクもお砂糖も入れんけんど竹炭スプーンでぐるぐる、ぐるぐる。もう一回ぐるぐるして、一段と美味しくなった竹炭珈琲いただいた、幸せいっぱいの午後やったきに。













| コメント(4) | トラックバック(0)


竹炭ダイヤ籠が新登場

2011年10月19日

竹炭かご


消臭や調湿に使うていただく竹炭をいれる竹炭籠に新しい仲間が出来ちょります。その名も竹炭ダイヤ籠


ええっ!?ダイヤモンドのような竹炭が入っている?


いえいえ......。


そしたら、籠がダイヤモンドのように輝いている?


いえいえ......。


分かった!籠にダイヤモンドが入っている?


はい、はい。


まあ、実は籠の中央部分が菱形に見えますきにそんな名前で呼ぶようにしちゅうがですが、実はこんな竹籠でも何度も何度も試作をして職人さんには手直ししてもろうてようやっと出来上がっちゅうがやきに。


マガジンラック


竹炭(バラ)を2キロ入れても結構上にゆとりがあるように編み込んじゃあるのは少し高さがあるほうがマガジンラックや新聞入れとして使う時にもエイがやないろうか?そんなアイデアからですちや。これから寒くなる季節は窓も閉め切りがち。竹炭をお部屋においてリフレッシュしていただけたらまっこと(本当に)嬉しいがやき。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭窯のある山々

2011年10月12日

炭窯


高知は森林率が日本一、山の多い県やきに、考えてみたら山の幸がいっぱいながちや。昔ながらの炭窯も、あちらこちらにあって、それぞれの山に頼もしい炭職人のおんちゃんがおるがぜよ。山の事を聞いたらやたらめっぽう物知りちや。


「まっこと森林博士やにゃあ...」


そう思うて感心するばあ山の事を知っちゃある炭職人さんもおる、こんな方が山を守ってくれゆうがやにゃあ。何を聞いても答えてくれる、そんなおんちゃん達、そりゃあ頼もしいぞね。そして山への愛情をこじゃんと(とても)感じるちや。今日も小鳥のさえずりと、谷間のせせらぎの聞こえる炭窯からはユラユラと煙があがりゆう。


消臭用、調湿用に使うていただく竹炭(バラ)は、四国は高知のこんな静かな山里からお届けしよります。びっくと田舎が見直されてきちゅうと聞きますけんど、それもそのはずですろう、山で働く皆さんはイキイキしちゅうもの。もちろん都会は便利でエイけんど田舎は田舎でエイことがいっぱいやき。炭職人のおんちゃんやち顔が輝いてちょりますぞね。













| コメント(2) | トラックバック(0)


竹炭コンクリート

2011年9月28日

竹林


手入れり行き届いた美しい竹林を見る事は地域にもよりますけんど今は少なくなりつつあるかと思います。そもそも竹林を、どうして手入れするかと言うと良質の筍を生産するためながです。竹は、エコな素材と言われるように植林などせんでも毎年、毎年、地下茎から筍が生えて、なんと1日に1メートル20センチも伸びるというものすごいスピードで親竹と同じ大きさに育っていくがです。


ただ、これをそのままにしちょりますと放置竹林が問題になっちゅうように過密に生え過ぎてイカンがぜよ。古い竹を間引くとか、下草を刈るとか、エイ筍を生産する竹林は、まっこと畑と一緒のような手入れが必要ながやき。


竹炭コンクリート


そんな筍農園のような竹林からは、太くて長い孟宗竹が伐採されます。大切な資源やきに上手に利用したいと言う事で、最近では竹炭に焼くようになっちょります。けんど、広大な竹林のある地域では小さな土窯では対応できませんきにロータリーキルン窯と呼ばれる、こじゃんと(とても)大掛かりな鉄窯で自動的に焼き上げゆうがです。


最新式の工場やったら、ほとんどが機械化されちょって1日何トンいう生産量があったち、ほんの数人で操業しよりますきにビックリしますちや。こだわりの土窯で焼き上げる竹炭の一方で使い道によったらこんな大きな規模で竹を使う竹炭工場も必要やと思うちゅうがです。なんと、ここの竹炭工場では護岸工事用のコンクリートに竹炭を混ぜ込んだ製品なども開発しよりました。海外に負けずに美味しい国産の筍を生産していくためには竹炭を沢山活用して行く道をさぐる事が実は必要不可欠ながです。













| コメント(2) | トラックバック(0)


竹炭液はありますか?

2011年9月12日

竹炭


お客様から


「竹炭液はありますか?」


とお問い合わせ頂いた事があるがです。ご存じの方も多いかと思いますけんど竹酢液はありますが、竹炭液という物はないがです。


このお客様も竹酢液の事をお問い合わせいただいたものでしたが「竹炭」と「竹酢」が、こんがらがって分からんかったようです。けんど、よくよく考えたら竹炭液と間違えるのも分かる気がしますちや。窯で竹炭を焼いた時にモクモクと煙があがりますが、この煙をアルミの煙突に通して冷やして液体にしたものが竹酢液だからです。


そう言うたらキチンと皆様にお伝えできちゅうろうか?と思うのは商品の呼び方だけではありませんぞね。たとえば、一口に竹炭と言うたち竹虎で扱うような土窯で焼いた竹炭もあれば鉄窯もあるしレンガ窯、機械窯やドラム缶で焼くような簡易窯もある...。燃焼温度でも1000度の高温で焼いた竹炭と低温で焼いた竹炭ではその精錬度が違うきに得意な吸着物質までちがうがぜよ。


この性質の違いでシックハウス対策には高温で焼いた竹炭をオススメしよりますし、アンモニア臭などのアルカリ性のニオイには低温がエイがです。その他にも、飲料用に使い勝手のエイ竹炭から湿度調節が得意で床下調湿用などとして多用する竹炭まで用途別の竹炭ができること、ひとつひとつお伝えしていかなあイカンちや。













| コメント(2) | トラックバック(0)


竹炭工場

2011年8月 4日

竹炭原料


身の厚い孟宗竹は思うたより硬くてナタで割ったりするがにこじゃんと(とても)骨が折れますきに、菊割の機械に丸竹をあてごうちょいて次々に割っていくがです。竹炭窯に入る量は決まっちょりますので窯に入る分だけ割ったら窯入れの作業に移り、いよいよ生の竹が竹炭に生まれ変わっていくがです。


2週間もの時間をかけて昔ながらの土窯を改良した竹炭専用窯の中で高温で焼き上げられる竹炭ですが、そう、そう、この時に煙突からモクモクと出てくる煙から竹酢液も採れるがです。けんど、季節により、竹の素材により、天候により焼き上がりが微妙に違うてくるのでまっこと自然相手の仕事いうがは大変やと思いますちや。


竹炭職人


窯だしされた竹炭は使いやすいように小さいサイズに切断したり選別したり、窯入れする前にも手間がいっぱいかかるけんど窯だしした後にも、アレコレ手がかかるがぜよ。竹炭の粉の舞う工場は壁も床も真っ黒ちや。竹炭職人さんの顔も服も帽子も真っ黒、それでも顔はニコニコ笑いゆう、炭職人さんは皆元気ちや。こりゃあ、竹炭効果かよ!?毎日一生懸命で竹炭焼きゆう皆さん、まっこと(本当に)ありがとうございます。













| コメント(0) | トラックバック(0)


菊炭マスゲーム

2011年7月16日

菊炭


オマンらあ、やりゆうかよっ!高知は海やないぜよ、鰹じゃ、黒潮じゃ、なんじゃ言うて海の印象があるけんど高知は山ばっかりやき。なんと森林率が日本一!山から元気にならんとイカンちや。日本唯一の虎竹が生えちゅうがも山じゃ、同じ山どうし仲良うしちゃってや。


さて、びっくと(少し)山へ向かうたら昔ながらの炭小屋があって、こんな菊炭を焼きゆう炭職人さんもおるがちや。お茶の世界で使われる炭と言いますけんど竹炭とは又違うた美しさがあるにゃあ。オマンらあ、ピラミッド組んでみいや、ありゃあ、こりゃあ凄い、凄い、早からオブジェぜよ。このまんま部屋に置けるちや。そう言うたら、お正月飾りでこんな菊炭を見たことがありますぞね。けんど、炭の持つ力やろうか?本物というものは何じゃあち、まっこと凄いもんちや。













| コメント(0) | トラックバック(0)


幸せな山のお茶時間

2011年7月 4日

山のお茶時間


曲がりくねった道を車で登ってきて、トンネルをいつか越して、まっこと(本当に)こうやって走ってくると高知は山やにゃあ。つくづく、山やにゃあ。そんな緑に囲まれた一軒のお宅にやってきましたぞね。車が何台もおける広いお庭には先日降った雨で増水した川の音がゴーゴーと豪快に聞こえゆう。


「まあ、お茶でも飲んで」


奥さんがコーヒーを出してくれたテーブルは、こりゃあ、渋い!!!石のテーブルぜよ!!!


「そう、これは近から皆で運んできたが」


山の職人さんはニコニコして話てくれます。


山桜


「この桜の木が最高ながやき」


石のテーブルのすぐ近くにある新緑に包まれた一本の桜の木を見ながら別の職人さんが言うがです。


「お花見はいっつもこのテーブルながよ」


山とともに生きてきた、おんちゃん達。目を細めて言うがを見ると、木を愛しちゅうがやにゃあ、妙に格好がエイにゃあ。


竹


今日は、竹炭の窯の事で訪ねてきたがやけんど、


「ああ、竹かよ?そこに割って干しちょらあえ」


そんな事よりもまず、この石のテーブルで一服しいや、おんちゃんらあは動こうとせんがです。シアトル系か何か知らんけんど都会で見かける様なコーヒーやないぜよ。こんな美味しいコーヒーは他では飲めないのです。山の仕事師は、こじゃんと贅沢なお茶の時間を知っちゅうちや。













| コメント(8) | トラックバック(0)


84%の森林県

2011年6月25日

森林県高知


皆さん、ご存じですろうか?高知県の日本一。実は森林面積が84%でナンバーワンやそうぜよ!びっくと意外な感じがするのは太平洋のイメージがあるきやろうか?自分でも、岐阜県とか長野県の方が森林が多いのでは...と思いますけんど、いやいや、高知県らしいちや。そしたら高知の元気はどうぜよ、山にかかっちゅうきに。


山の炭窯


さて、そこで竹虎やったら竹炭じゃあ。高知は、こんな山の国だから、県下の山々に谷々に昔ながらの炭窯があるがです。焼かれる竹炭は比較的低温で焼かれる竹炭やけんど低温やったらイカンというワケではなくて、低温で焼かれた竹炭(バラ)はアンモニア臭のようなアルカリ性の吸着が得意で調湿機能にも優れちゅうがです。


炭窯


近くの竹林から、こじゃんと竹を伐りだして次に焼かれる順番を待ちゆう竹たち、窯で大変身して遠くの町へ行くがぜよ。


竹炭窯


昔から地元で窯を守ってきた炭職人さんはみなさんご高齢の方が多いですけんど技術の継承も少しづつ進んでいきゆうし、まだまだ皆さん元気印、生涯現役でバリバリやりゆうぜよ。こんな元気が一つ、一つ集まって山の国、高知の元気になっていくがやちや。













| コメント(4) | トラックバック(0)


土窯から出たての竹炭マドラー

2011年6月22日

竹炭マドラー


そうやにゃあ、炭マドラーを使うがやったら丈夫さだけを考えたら備長炭がエイかも知れんちや。カランコロンいうてグラスにも氷も当てながら、かき回すきにある程度の強度が必要ながです。そしたら、竹炭マドラーのエイところ言うたら何やろうか?もちろん機能性に優れたところとか、たったの3ヶ月で親竹と同じ大きさに成長して毎年どんどん生えるエコな素材であるとか色々あるがやけんど、やはり一番は木と違う竹の面白みやろうか。


竹の小枝のまがり、節間の造形、節。竹林にある、自然そのままの姿で焼き上がっちゅうきに竹炭マドラーをイチオシしたいがです。高知の山々には昔ながらの土窯が点在しちょりますけんど、その中のひとつに竹の身の厚い部分を選んで四角形に切って焼き上げた竹炭マドラーを作りゆう職人さんの窯があるがです。


「おおの、なかなか綺麗に焼けちゅうやいか!」


土窯から出したばっかりの竹炭マドラーを手に取ってみるがぜよ。生まれたての竹炭たち、これからバラバラになって、それぞれの場所でみんなあに可愛がってもらわないイカンぞね。こんな美しい形の竹炭を見よったらマドラーだけじゃあ、もったいない気がしてくるちや。そうじゃあ、キャンプファイヤーをする時みたいに、この竹炭を井桁(いげた)に組んだらどうやろうか?面白いインテリアになりそうやにゃあ。













| コメント(3) | トラックバック(0)


<<< 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.