虎竹の道

 
虎竹の山出し


の伐採には時期がある事をご存じでしょうか?地域や竹の種類によって違いがありますものの、冬場のあまり竹の活動が活発でない頃を見計らって毎年伐竹しています。日本唯一の虎竹の場合は1月末までが昔からの伐採期限で、それ以降は品質管理のために伐る事はありません。


日本唯一の虎竹伐採


チビタケナガシンクイムシという害虫の入ってしまった小さな穴が沢山開いている竹材を見る事がありますけれど、もしかしたら伐竹の旬を外しているのかも知れません。しかし、いくら旬が良くても食害ににあう事もありますので山の職人が減り熟練の技が失われつつある今後は竹の管理はますます大切になってくると思っています。


竹運搬機


日本唯一の虎竹の山出しに欠かす事のできない竹運搬車は、元々は農作業用として使われている機械です。それを、狭く曲がりくねった急勾配の山道から安全に効率良く竹を運び出せるように随所に工夫と改良がなされています。


虎竹の山道


何でもない山道なので普通の方は説明しないと、この道がある事を当たり前のように登って来られます。けれど、よくよく考えてもらえば、雨の多い高知県にあって、しかも誰も歩かない竹林の山道がこれほど綺麗に整備されている事は奇跡です(笑)。


虎竹山出し


山道の傾斜や曲りは虎竹の山出しに関わりますので細心の注意を払っている証なのです。


竹虎四代目(山岸義浩)


近くの竹林からはこうやって肩に担ぎ下ろしてきます、伐採されたばかりの竹は水分が多く一般の方が知る竹とは少し違うかも知れません。伐採の時期にお越しになられた運の良い方には竹を持ってもらう事もあって、中には力自慢の方もいましたが長い竹のバランスを取ることが難しく肩が痛いと満足に担げません。


山の職人、竹虎四代目(山岸義浩)


昨日公開したばかりのYouTube動画が既に沢山の方にご覧いただき再生回数が6300回を超えていてビックリしました。皆様のお手元にある虎竹箸や虎竹の籠、名刺入れに至るまで全てこうして運ばれてきます、思えば竹林の竹から山道を通り、土場での選別、工場での加工、職人の細工、そしてお客様への販売までずっとお手伝いさせていただける幸せな仕事です。




「冬痩せ」山出しされた虎竹を土場へ

 
竹虎トラック


日本唯一の虎竹は竹林で伐竹された後、運搬機に載せて細い山道を下りてきます。1回に載せられるのは15束から20束程度なので何回も往復してトラック一車分くらいになれば、ようやくこうして積み込まれ選別される土場に運んでいくのです。


切り倒した虎竹


伐採時期は1月末と決められていますものの、伐り倒した後の枝打ちや搬出作業は仕事の都合によって先に延ばす事も多くて今時の竹林では山出しされるのを横になって待つ竹達が見られます。


日本唯一の虎竹


虎竹は大学の研究者の方のお話では土中の特殊な細菌の作用と言われますが、同じ竹林でも年によって色付が違ったり気温の変化に敏感だったりしますので日当たりや潮風など虎竹の里の様々な自然環境が影響していると感じます。


山出し、竹虎四代目(山岸義浩)


この竹運搬機一台分の竹で、ちょうどトラック一車分になりそうです。


虎竹山出し


伐り出されたばかりの竹は水分が多く重量もあり竹の積み下ろしは大変な重労働です。そこで虎竹の里には「夏痩せ」ならぬ「冬痩せ」という言葉があるくらいです、虎竹が今の何十倍と出ていた頃を忍ばせる名言です(笑)。




明日に続く竹の道

竹の道


その日、虎竹の里の細い山道には見慣れないビニールが白いロープのようになって急な坂道のずっと上まで続いていた。これは一体何だろうか?知らない方が見たら見当もつかないに違いない。


虎竹の里、山の職人


虎竹の伐採は1月末までだが竹林からの搬出作業が残っている。山道から長い虎竹を運び降ろすために使う運搬機械にはキャタピラーが付いていて大概のキツイ勾配も平気で登り下りできる、ところが大敵があって、それは雨だ。


竹山出し機械


路が雨に濡れてしまうと、さすがの運搬機械も滑ってしまい登り下りできなくなる。長く重たい伐採したばかりの竹を安全に運ぶために雨が降ったら山の仕事は中止する。


竹の道、竹虎四代目(山岸義浩)


ずっと好天が続いていた虎竹の里だが、2月下旬あたりから様子がおかしい、珍しく雪まで降る始末。この時期は山道が濡れてしまうと気温が低いため思うにように乾かない。そこで、このビニールが登場、山の職人は山道にビニールをかけて養生する、少しでも濡れないようにとの工夫だ。


竹職人、竹の道


そもそも搬出のための山道は夏場の大雨で崩れていたりしている事も多い。大きな石を取り除き、平らにならして自分で整備しているから誰よりも道を知っている。ビニールまでかけて道を守るような黙々と続く仕事はずっと昔から繋がっているのだろう。


明日に続く竹の道だ。




土佐から世界へ「虎斑竹」の魅力に迫る旅

 
ゆい、春のめざめ


このような時期ではありますが、いやこのような時期だからこそ三蜜を避けて、専属スタッフが同行する特別仕様の心地よい旅を楽しみたいと思われる方へ上質な大人旅を提案されているのかも知れません。神姫バス株式会社さんが企画された春のツアーは全国各地に日帰りから3泊4日まで様々ですが、どれも知らなかった日本を知って更に日本の自然や文化の豊かさを感じるられる日程になっているように思います。


210209601.jpg


「ゆいプリマ」というバスは外観もゴージャスですけれどシートをはじめてとする車内装備も非常に充実しています。バスと言えば県外への出張に高速バスに何度か乗った事がある程度ですけれど、こんな豪華なバスなど見た事もありませんでした。天然木を使った落ち着いた雰囲気のインテリアで、これならゆとりある日程をリラックスして楽しんでいただけそうです。


210209602.jpg


さて、今回の「ゆい」春のめざめ~旅が心をむすぶYUI PRIMAで行く上質な大人旅では「高知・須崎で竹のある暮らし 土佐から世界へ「虎斑竹」の魅力に迫る旅」として日本唯一の虎竹の里を回るコースも用意されています。高知県立牧野植物園から、時計もテレビもないオーベルジュ土佐山で宿泊して翌日に日本唯一の虎竹の里にお越しいただき、映画「陽暉楼」の舞台ともなった得月楼のお食事という豪華なコースです。


虎斑竹は表面に虎皮状の模様が入っているところから名前がついています。命名の父は世界的植物学者であられた牧野富太郎博士、もしツアーに参加される方がおられたら牧野植物園に移植している虎竹にもご注目いただきたいと思います。日本でも虎竹の里でしか成育しない虎竹は、こちらでもやはり綺麗に模様がつかず普通の淡竹(はちく)となっています。イギリスBBC放送の方が言ったように、まさにミラクルタイガーバンブー、虎斑竹は安和の風土が育んだ山の幸なのです。




土場で選別された日本唯一の虎竹

 
日本唯一の虎竹


先日は虎竹の里にも久しぶりに雪が降りました。今朝も気温が低くてうっすらと霜が下りていますが、日本唯一の日本唯一の虎竹たちにとっては寒波の到来が少し遅かったようです。実は竹林は、とても周りきれないほど広大ではありますものの全ての竹に虎模様が付くと言うことではありません。近年の温暖化で色づきが芳しくなくなっているので、せめて1月にこのよう寒さが来ていてれば虎竹の品質にも影響したのにと少し残念に思っています。


虎竹選別土場


ただ、虎斑竹の伐採は先月終わりましたけれど、竹林での仕事は続いています。山の職人は天気さえ良ければ連日のように竹林に出かけて行き枝打ちや山出しの準備をしています、そしてトラック一台分くらいの竹が揃えば積み込みに行って土場に運ばれ選別作業となるのです。


虎竹選別


虎竹土場


竹林での伐採や搬出作業は人目につくことは少ないものの、色付き別、太さ別に細かく選別する竹の仕事は広い土場や畑でされるので地元の方々にも冬の風物詩として馴染みの光景です。小さい頃から当たり前のように見ていると、どこか他の県や地域でも同じような竹選別をこうしてしてるのだと何となく思っていました。もちろん、これが大切な伝統の竹文化であり地元の宝だと年齢を重ねると知る事になります。




令和2年度、総務省ふるさとづくり大賞にて総務大臣賞(個人表彰)を受賞しました。

 
虎竹の里


この度、総務省「令和2年度 ふるさとづくり大賞」に総務大臣賞(個人表彰)を受賞させて頂きました。実はこの賞の事を最初から知っていたわけではありません、有難いことに同じ高知県で土佐ジロー専門店「はたやま夢楽」をされている小松圭子さんにご推薦いただいていたのです。ふるさとづくり大賞は全国各地でそれぞれの心を寄せる「ふるさと」をより良くしようと頑張る団体、個人を表彰して古里づくりへの情熱や想いを高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを目的としているそうです。上空から眺めても、こんな猫の額くらいしかない小さな集落の虎竹の里にとっては嬉しい賞です。


日本唯一の虎竹


自分は生活様式の変化や輸入品の増大によって竹材や竹製品販売がが立ち行かなくなった時、売り上げを上げるために色々な事にチャレンジしましたが何をやっても失敗ばかりのダメ経営者でした。世界中探してもないようなオンリーワンの竹達が「俺たちがここにいるだろ!」と言葉をかけてくれていたのにも気づかず、暗い閉塞感の中で迷ってばかりだったのです。


竹虎職人


一生返せないと呆然とする借入金の中、まるで沈没船からネズミが逃げ出すかのように社員が半分になり倒産寸前まで追い込まれ、それでも先人から100年も繋いできた虎竹を守りたいと...いや違います竹の他に自分に出来ることなど何もありません。だから仕方なく背水の陣で全く理解できなかったインターネットの活用をはじめました。インターネットの素晴らしさは世界が広がる事です、それからは運命的な出会いの連続、本当に数多くの方に助けて頂いて何とか今日という日を迎えられています。


竹虎四代目(山岸義浩)、竹虎社員


今回の受賞は「個人表彰」となっていますけれど、自分はたまたま代表者の名前というだけで受賞者は下のYouTube動画「メイキング動画!World Bamboo Day 2020」に登場する虎竹の里の竹達であり、一緒に働いている社員達、職人達です。よくぞこの奇跡のような自然があり、人がいると思います。これからも、少しづつ認知されてきた日本唯一の虎竹を力を合わせて様々な形に変えて発信を続けていきます。


また、最優秀賞は石見銀山「群言堂」の松場登美さんでした。20数年前に初めてお伺いして、たまたま言葉をかけて頂いて以来ずっと尊敬し続けている方なのでご一緒できて心から光栄です。




竹虎初代宇三郎の海

竹虎初代、山岸宇三郎


すべては、この曽祖父である宇三郎から始まりました。竹虎初代宇三郎が大阪から海を渡ってこの地に辿りついて虎斑竹と出会ったのは約100年前の事です。以来、天王寺にあった和傘の材料を加工していた工場には虎竹がうず高く積み上げられるようになり、いつしか「竹亀」だった屋号が「竹虎」へと変わり今日に至っています。


虎竹の里


遍路道の難所としても知られた安和地区は険しい山に囲まれて奇跡のような小さな浜辺があり、ここから土佐藩政時代には高知城の山内家へと虎竹が船で運ばれていました。自分の小さい頃には竹を干したり選別したりと土場のような役割をしていた海岸でもあります。


竹虎四代目


今年も虎竹伐採の季節がやってきます。年貢として運ばれた海、宇三郎が渡ってきた海、竹の加工に欠かせなかった海、そして日本唯一の虎竹の不思議な虎模様もこの海からの風が一因ではないかと言われています。海・山・空、大自然が生み出す恵みの中で生かされているのは四代目になっても全く同様に続いていきます。




四国観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」

JR四国観光列車、竹虎四代目(山岸義浩)


JR四国が運行しています観光列車が虎竹の里、安和駅にもやってくる事になりました。その名も「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」、坂本龍馬を車体に描いた特別列車で、車内では特別な料理も用意されていて普通とは全く違う列車の旅を楽しめるようです。もちろん高知だけではなく香川県、徳島県には「四国まんなか千年ものがたり」、愛媛県には「伊予灘ものがたり」と言った旅の列車が走り人気を博しているとの事です。


JR四国観光列車、竹虎四代目(山岸義浩)


たまたまのタイミングではありましたが、ちょうどこの列車が安和駅に到着されるとの事で製作したばかりの虎竹コロナウィルス感染防止帽子でお出迎えさせて頂きました。


JR四国観光列車、感染防止帽子


列車から降りて来られた皆様は、この異様な帽子に不思議そうな表情ですが、ソーシャルディスタンス用と言いますとすぐに納得いただきます。


志国土佐 時代トキの夜明けのものがたり、安和駅


JR四国観光列車、安和駅


JR四国観光列車


志国土佐 時代トキの夜明けのものがたり、虎竹の里


停車時間はいつもよりずっと長めに取っています。安和駅からの眺めを楽しみ、地元の産品を知っていただこうと駅には即席の観光案内所兼売店が用意されています。お客様は、こうしてそれぞれの停車駅で地域を感じる事ができますので、やはり特別な観光列車ならではです。


志国土佐 時代トキの夜明けのものがたり


停車時間はアッという間に過ぎて次の駅に向かって走り出します。こうして、このホームで列車をお見送りするのは幼い頃のおばさんの婚礼以来ではないでしょうか。お越しいただきました皆様、ありがとうございました!




松場登美さん「根のある暮らし」

 
松場登美、根のある暮らし


石見銀山には今まで三回お伺いした事がある。はじめて何も分からず訪ねて行った時に丁寧に対応していただいたのが松場登美さんだった。二階にまで案内していただき銀山の事や城跡のお話しなども色々と聞かせてもらった。世界遺産に登録される前だったからか歩く人もまばらで本当に静かな落ち着いた街並にいつまでも居たい気持ちになっていた。


虎竹の里


過疎という意味では同じ虎竹の里の山を歩くと今では植林されていたり雑木林になっていたり、もちろん虎竹の林になっている山々には段々畑の痕跡が残る。ずっと昔は焼け坂の頂上付近まで耕して芋が植えられていたとも聞くが、その労力たるや恐るべしだ。しかし、こうやって先人はこの地で生きてきた。


虎竹の若竹


今年も沢山の若竹が生えた、この地域にしか成育しない不思議な虎竹たち。石見銀山にも負けない地域力をどうしていくのか?日めくりになっている松場登美さんのカレンダーは、毎日問いかけてくる。


風のとおる竹林

200801012.jpg

名古屋を拠点に持続可能な庭園づくりをされているランドスキップさんが虎竹の里に来られていました。若い方々ばかりでしたが植物を相手に仕事をされている皆様ですので竹林への関心も大きいようです、今年は来社される方も少なかったので久しぶりにお客様を竹林にご案内できて自分も竹達にも良い一日となりました。


虎竹


にも表年と裏年があって今年は沢山の若竹が生えてきましたので春先の頃と比べると竹林の様子は、まるで一変しています。このように竹は驚くような生命力でドンドン生えていきますから、手入れされなくなった竹林が日光さえ入らない程うっそうと茂り荒れていくのは当然なのです。


200801010.jpg


竹を間引きする場合、一般的には和傘をさして歩けるくらいの竹の間隔が良いとれされています。しかし、それは竹の種類や場所によって違っています、虎竹の里の竹林でも山の職人により異なっていてここは元々間隔を広めに取っていました。


200801015.jpg


心地よい風が通り抜けるからか竹林につきもののように思われるヤブ蚊がいません。前もってそれをご存知だったのか、日頃草木と向き合われているので慣れておられるのか一人の方は素足でした。この時期の竹林に素足で歩ける所は他にあるでしょうか(笑)。それでも蚊にはさされていない様子でしたので人の手で管理して風通しや日当たりを良くすることの大切さを思います。


そういえば今年の4月に惜しまれながら亡くなられたC.W.ニコルさんに一度だけお会いさせていただいた事がありました。森のお話しをされる時、風が吹き抜ける、陽の光が入る事を何度となく言われてましたれど、樹木と竹の違いはあるものの、ずっと虎竹の里の竹林を思い出してたのです。そして、それが誰かの思いで作られたものでも無く、少なくとも土佐藩政時代から地域の人達によって綿々と受け継がれ続いてきている文化に価値を感じています。