100年前の竹


74da5dff.jpgこれは何かお分かりですか?
まあ、わかますよねえペーパーナイフです。
ただ、煤竹(すすたけ)で出来ているのがミソ。

煤竹は昔の民家で囲炉裏であぶられて
自然にできた竹で高級茶道具などに好んで使われます。
100年~150年くらい前の竹なんかもざらにあって
今の暮らしでは絶対にできてこない竹ですから
年々素材としては減る一方で価値もあがっています。

この煤竹でつかったペーパーナイフが
使い勝手がよくて
ずっと愛用していますが
やはり、自然のモノは長く使えばつかうほど
愛着がわいて、色合いも艶ででくるし
いいものです

ああ、幸せ~竹生活












| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/23092

« 一枚の看板 | Main | 竹虎インターンシップ »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.