白竹だるまライト


5090e532.jpg先日も照明の事を書きましたが今日もその続編。高知に梼原町という山間の町があり、そこにちょっとお洒落な「雲の上のホテル」という人気スポットがあります。温泉プールや地元の素材をつかったレストランなどもあるので機会があればいちど行ってほしい素敵な所ですが、そのホテルのロビーの天井にちょっとビックリするような大迫力の竹の照明が吊りさげられています。昼間は頭の上に浮かぶオブジェのようで訪れる方の関心を引いていますが夜になり、光りがはいると一変!広い空間を暖かで柔らかな光りで包みこみます。何を隠そう竹虎で制作させていただいたもの、サイズがサイズだけに作るのには職人さんにも苦労をかけました。数メートルもあるような、こんな大きな照明は、ご家庭ではなかなか無理がありますが竹の柔らかな明るさをご自宅でも楽しんでいただける白竹だるまライト。スイッチをいれるのが嬉しくなる灯りです。











taketora (日時: 2006年5月 3日 ) |カテゴリー( インテリア
| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/23150

« 1.46メートル? | Main | タケノコ »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.