やはり21世紀の素材だ


f5cfe7ce.jpgこれは何か分かりますか?実は竹家具に使っている竹の集成材なのです。家具といえば「木」というイメージが強いですが竹もこのように加工をすると、元々とても硬く、昔から物差しに使われてきたくらい非常に狂いが少ない素材ですから家具にも最適なのです。ダイニングテーブルやハイバックチェアは自宅でも使っていますが特に気に入っているのは質感と重さ。竹ならではの手触りと頼りがいのある堅牢な重量感です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/23182

« ピチピチチャプチャンプ、ランランラン♪ | Main | 帰ってきたら »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.