丸柄うちわ


こちら四国丸亀はうちわの産地として有名ですが、平柄と呼ばれる柄の部分に平らな竹を使ったうちわです。それに対して千葉房州うちわは丸柄と言われる細い竹を丸のまま使って作りますからとても丈夫なのが特徴です。ちょうど1本の黒竹から64等分した骨作りをしているところを見せていただきましたが非常に細かい仕事です、原竹から仕上げまで24の工程は全て手作業ですすんでいく事を知っていただければ1本のうちわも見る目が少しは変わってくるのではないかと思います。












| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/23569

« 東京のインドネシア料理店 | Main | 玉入れカゴ »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.