「油や」にて

長野駅前にある宴席「油や」。こには前々から一度見たかった小出九六生さんの作品があるのです。お店に入った正面奥に小さくみえる作品、遠くにあるのにその部分だけが後光がさしたように見えるのは、そこがガラス面に面しているからだけではないようです。一歩また一歩と近づくごとに物凄い迫力でせまってくる竹の造形に圧倒されました。

トラックバック(0)

コメントする