シダ編み職人との午後


シダ編み職人さんの素晴らしいところは、これだけの技を持ちながら今なお「もっと良い物を」「どうしたら喜んでもらえるか」を常に考え続けているところです。材料を取りに行く苦労もさることながら、シダは下準備をした後は材料が硬くならないうちに手早く編み込みをしていかねばなりません。ストローのようなシダを美しく仕上げる努力は大変なものだとお話を聞くたびにつくづく感じるのです。
この名人芸を継承できる職人さんは今のところ育っていないと、少し寂しそうですが自分の使っているシダ編みかごがそうであるように、自分自身の作ったモノも50年、60年と人に使ってもらえる喜びだが、この職人の手を動かしているんです。
本当のモノづくりを語れるいい午後をすごせて今日も幸せです。ありがとうございます。












| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/23766

« 竹のハンドル | Main | 街角にて »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.