竹ざる職人


長い割箸が山のように積まれたように見えますが、実はこれ竹ザル用のヒゴを取ったあとの竹の身。竹ざるには表皮の付いた見た目にも綺麗で、耐久性もある部分を使うので、竹の身が残ってしまうのです。竹虎でも結構、同じような竹の身部分が出来てしまうことがありますので、いつも何かに使えないかと考えています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/23867

« 箒の違い | Main | 竹の鍋敷き »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.