プラスチックの持ち手


持ち手


竹職人さんは竹ばっかり扱いよったらエイいうもんでもないちや。


「自分が使う道具が作れて一年前」


この道、50数年の職人さんがこう言うがです。けんどこれは、びっくと(少し)変わっちゅうにゃあ...。使い込んだ矯め木の持ち手が、ツルツルになって滑りやすいと、職人さんが考えた滑りどめはプラスチックのパイプで、こんな持ち手カバーぜよ。ううん...ううん...味がある。思わず見とれてしもうたちや。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/24571

« ティッシュケース | Main | 納得の耳かき »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.