竹炭オムライス

竹炭パウダー入りオムライス


竹炭パウダー(微粉末)を使うたハンバーガーが発売されたと聞いて、わざわざ大阪のバーガーキングさんまで食べに行っちょりましたぞね。別のハンバーガーチェーンならありますが、高知には同店は一つもなく、県外まで出かけて行かねばならないがです。けんど、実はこういう事は今に始まった事ではなく、これまでにも色々な店に出向く機会があったがですぞね。


その中で一番印象に残っているのがNINJA KYOTOというお店かにゃあ。店内には虎竹が丸竹のままディスプレイされちょって、まずビックリ!ちょっとした竹林のイメージを醸しだしています。ここは店名にもありますように忍者がテーマとなっちょりましたので、忍者が潜んでいる雰囲気作りやったのかも知れません。


そんな店内では自分が行った時には忍者の焼く竹炭クレープという真っ黒い色をした人気スイーツがありましたぜよ。けんど、どうして忍者が竹炭か、分かりますろうか?忍者といえば現代風に言えばスパイですろう。密命を受けて危険な任務に就く事の多かった忍者は、懐深くに炭粉を常に携帯していたそうながです。


忍者が炭粉?一体何に使うがやろうか?相手に投げつけて目くらまし...いや、色々考えてたりするのと思いますが、実は任務の最中、毒をもられたりする事もあったそうで、そんな緊急事態には解毒剤として炭粉を服用しよったと言うのです。こちらのレストランでは、そんな逸話から竹炭入りメニューを用意してお客様を楽しませてくれちょったがです。まっこと知らない話しでした、勉強になりましたぜよ。デドックスなどと言う言葉もない時代の話ですが、昔の人々は炭の効能をしっかりと知って活用されちょったようですぞね。


さて、自宅では竹炭パウダーはパンやクッキーなど、小麦粉に混ぜることが一番多かったがですが、先日は、ちょっと趣向を変えて竹炭オムライスなるものにチャレンジしてみたがぜよ。ううん...どうですろうか?黒いお米に、黒い玉子焼き、そこに赤いケチャップをかけてみましたが。確かに見た目には、これは素晴らしい!とは思う事は出来ないがです(笑)。これは日常的というよりも特別な時に備え、サプライズ用としておいておいた方が良さそうですぞね。


トラックバック(0)

コメントする