日テレ「トリックハンター」!?

虎竹の里


田辺小竹さんのテレビ取材が無事終わったと思ってホッとしていた矢先、たまたま電話を頂いて、今度は別の番組の取材にお越しいただく事になりましたぜよ。さすがに続くと自分達にしましても大変ではありますが、日本唯一の虎竹をしっかりとご説明させてもらい、その美しさや職人の仕事を知ってもらえる機会とあれば何度でも大歓迎なのです。


日本テレビさんの「トリックハンター」という番組との事でした。トレジャーハンター?それは宝探しの人の事やろうがえ...。そんな事言うてお待ちしよりましたら、やって来られましたぜよ!背中にリュックサックを背負われて、宝探しの冒険家と言われればそういう雰囲気も無きにしもあらずながです。けんど、それもそのハズです。日本唯一の虎竹を探しに来られちゅうのだから、トレジャーハンターと言うのも、まんざら外れてはないと思うのです。


日本テレビ「トリックハンター」取材


虎竹の山に入りますが沢山の機材を積んで大勢で来られる場合でも、こうして、たったお一人でカメラを持参されてお越しいただく取材でも、お話させていただく事は、まったく同じですし、自分の思いや熱もまったく同じです。今日は少し調子が悪いにゃあと思いながら仕事場に来た日でも、やはり竹と向き合うと自分の中の本気が勝手に走りだします。まっこと嬉しいというか、有り難いと思うのはこうやって虎竹の里に来られる皆様が自分達と同じように真剣であるという事ですろうか。それは仕事としてであろうと、プライベートで見学に来られたとしても、今までも誰一人として面白くないような顔をされた方は居ませんでした。しかし、それはもちろん自分達の何かではなく、この日本唯一の竹林の力であり、120年の歴史の力かと思いよります。


日本唯一の虎竹


竹林で見る虎竹と工場の竹林では竹の表情が随分と違います。山に生えている虎竹は同じ竹であっても、虎模様の良く付いたもの、付いていないものが混在しちょります。だから、その竹林にもよるのですが、竹林全体で見た時の竹の雰囲気は青く明るい感じです。ところが、竹虎の工場に運び込まれる虎竹達は、土場で山の職人さんに選別され、それを今度はもう一度自分達が選別した虎模様の美しく浮き上がる一級品だけなのです。だから油抜きの加工をする前の竹達も堂々としたもの、すでにエース級の貫禄を感じされる強者ばかりながぜよ。


虎竹油抜き取材


「魅せられちょりますろう...」


思わず、こんな自慢するような事を話しかけそうになったがです。けんど、この取材の方のカメラの画面を覗き込む目は明らかに、この竹と炎の共演に魅せられちゅうと感じましたぞね。まだ色合いも全くない虎竹が炎に熱せられると油分が吹き出して、それと共に竹表皮に隠されていた虎模様がクッキリと浮かびあがるのです。そして思いました、もしかしたらマジックショー?初めて、この油抜きをご覧になられる皆様にはこのガスバーナーがマジックショーに出てくる不思議な箱に見えよりますろうか?いやいや大袈裟やにゃあ、けんど、これが自分の正直な感想。


どうしても今日の最終で帰らねばならないので、帰りの飛行機の時間が気になられているはずなのに、ガスバーナーのアッチからコッチから撮影して離れようとしないのは先日のテレビの方々と同じですぞね。取材の方のそんな横顔を拝見しながら、こじゃんと嬉しくなってくるがです。


虎竹孫の手


最後に少しだけインタビューがありましたぞね。ここで虎竹孫の手をご紹介させてもらいましたが、スタジオで出演されちゅうタレントの方に向けて話しかけるワンシーンがあるはずながです。ほんの一瞬ですきに見逃さないようにしとうせよ!来週の28日(水)夜7時から日本テレビ「トリックハンター」実は自分はあまり観た事がなかったのですが、昨年の夏からスタートしている内村光良さんとベッキーさんが司会をされている楽しい番組ぞね。お時間ある方は是非ご覧いただきたいがです。


トラックバック(0)

コメントする