2016年竹虎カレンダー「申」


竹虎四代目(山岸義浩)


毎年恒例となっちょります竹虎カレンダー作りの季節が早くもやって来ましたぜよ。この間、カレンダー用の画像を選んで製作をお願いしたばっかりのような気もしますけんど一年というのは自分の年齢を重ねるごとに短くなっていくもののようですにゃあ。このカレンダーは、いつものように年末までのお買い物をして頂きました皆様に先着2016名という事でプレゼントさせていただきまよりますが、絵柄は今年に竹虎に新しく仲間入りした新商品達が中心となっちょります。この12ヶ月のラインナップを見ても、ああ...この商品は今年出来たものなのかとか、職人さんの事や、販売できるようになるまで苦労した事などが色々と思い出されてきて、自分としても振り返りが出来て楽しいがです。


2016年竹虎カレンダー


振り返りと言えば、この一年に何があったかも2016年竹虎カレンダー企画ページでご紹介しちょります。アッと言う間の一年ですが、そんな短い間に起こった事とは思えないような色々な事も起こっていますにゃあ。その中でもランキングベスト3を社員が選んでくれちょりますが第3位のストックホルム国際見本市でのドイツ人デザイナーステファンさんとの竹家具展示、第2位の地元安和の皆様が開いてくれた「竹虎四代目への道」出版記念懇親会、そして第1位は、全国の皆様から多大なご支援と応援をいただいて何とかスタートする事ができた日本唯一の虎竹自動車プロジェクトとなっています。


中でも、ちょうど昨日、富山の光岡自動車さんより納車のあった日本唯一の虎竹自動車プロジェクトの本体ボディーとなるLike-T3は、今年のランキング1位であると共に、完成は来春予定ですきに、もしかしたら来年2016年のランキング1位となりそうな予感もしよりますぜよ。クラウドファンディングで温かい声援には竹虎は本当に元気づけられ、勇気奮い立ちました。自分達にしか出来ない事を、「真っ直ぐにやっていけ!」そう言っていただいている気がしちゅうのです。来年は、この車を走らせて全国の皆様に笑顔を届けられるようにしたいと誓うちょります。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26122

« 羽田国際空港に満開、竹灯りの花 | Main | 竹炭モンブランと竹炭鯛焼き »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.