竹下駄の色々


虎竹右近下駄


虎竹下駄は、特産の虎竹を正四角形に切り取って下駄表に貼り付けた職人技を感じさせてくれる逸品。本当に履くのがもったいなくなるような美しい出来映えで、何度も何度も手で撫でてから、ようやく足を入れて外に一歩また一歩と踏み出した覚えがあるのです。


竹皮男下駄


竹皮下駄も別段何という事がないように見えますが、実はこの下駄表に使える竹皮編みは特別腕のよい熟練の職人だけなのです。機械で成型する竹皮ではありません、手編みだけで下駄の台と同じ形に仕上げられる技術は長いキャリアと鍛錬の賜と言えます。


竹下駄


いずれにせよ竹下駄はそれぞれ手間暇かかったものが多く、消耗品というにはもったいないものばかりです。下駄を履くシーンは多くはありませんが革靴などでもカカトを張り替えて長く愛用できるように、竹下駄も底のスポンジ部分をやり替えて長く愛用いただきたと思っています。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26442

« 別誂えで製作させて頂いた、虎竹玄関すのこ | Main | 想像を越える、竹とんぼの世界 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.