青竹踏み(携帯用)でパリ展示会の疲れスッキリ


Premiere Classe Tuileries2017


パリ中心部ですし交通の便もよいせいもあるのでしょうか。ルーブル美術館に隣接しているチュールリー公園の一部に広い特設会場を設営されたのPremiere Classe Tuileriesには、お陰様で連日沢山の方にご来場いただいちゅうのです。しかし、日頃の仕事と違って朝から晩まで立ちっぱなしの仕事というのは、なかなか疲れるものです。


青竹踏み(携帯用)


さて、そこで疲れた足を癒やすのに日本から持って来ているのが青竹踏み(携帯用)ぜよ。片手で持てるくらいのコンパクトなサイズで、丈夫で軽いという竹の特性が活かされていて荷物にならない所が色々な場所にお供させられる良いところです。


青竹踏み(携帯用)


青竹踏みは自然の竹そのままを利用して半割にした製品です。天然素材に近いので竹そのモノをお手元で使っていただける楽しみや嬉しさはありますものの、室内のエアコンや乾燥具合によっては青竹踏み自体の曲がりが微妙に変化が起こる場合があるがです。


以前使っていた携帯用の青竹踏みは、もっと細く鋭角に曲がっていて足裏への刺激もキツめに来ていましたが。月日が経つごとに竹が開いてしまって緩いカーブになってしまいました。これは、これで緩いカーブが気持ち良いという方もおられるので、どちらが良い悪いではありません。これは好みの問題ぜよ、自分の場合にはキツイ刺激が土踏まずに欲しいので今回新しい竹踏みと交換することにしましたぞね。画像で比べるとこんなに違うのです。


青竹踏み(携帯用)使用


風呂上がりなどに使うと効果的なので、さっそくフミフミしてみますが、今回のホテルのように床がフローリングになっている場合には滑りやすいので注意が必要ぞね。こんな時にはバスマットを下に敷いてフミフミですが、携帯用の場合にはサイズが小さいから片足づつが普通です。


まあ、自分の場合には更に強く押したい方なので青竹踏み両端の切断部分に足裏をあてがいます。そのような時には小さなサイズの青竹踏みではありますが、両足とも同時にのせる事ができますぜよ。


青竹踏み(携帯用)


いやいや本当に昔からずっと愛用され続けてきたのには、やっぱり理由があるのです。土踏まずへのイタ気持ちの良い刺激が血行をよくしてくれて足の疲れ、むくみを取ってくれます。足は第二の心臓とも言われていて、青竹踏みで血圧への効果を言われる方もおられます。


とにかく気持ち良いのです。


フミフミした後に、ややっ!ふと見ると使った後のバスマットには竹模様がクッキリ。遠い異国の地から虎竹の里の竹達を思う瞬間です。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26525

« 虎竹バック「TAKETORA」がいっぱい、in パリ | Main | Premiere Classe Tuileries、アンドレさんとの再会 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.