竹踏み(炭化竹)のシミ


竹踏み(炭化竹)


青竹には梅雨の時期など、どうしてもカビが生えやすくなり管理が本当に大変になります。そこで、この青竹を蒸し焼きのような状態にしてカビの発生や防虫にしようと作られているのが、この竹踏み(炭化竹)なのです。


炭化加工した後に粗目のグラインダーで表皮を削り、さらに中粗、そして仕上げ用と段々に細かい番手のベルトにしながら美しい光沢の表皮にしていくのです。磨かれた竹表皮面を見たらニスか何か透明の塗装をしているかと思われそうですが磨き加工をしているだけの光沢ぜよ。


竹踏み(炭化竹)のシミ


竹は油分の多い植物です。そう言えば先日竹虎の工場に見学に来られた方が足元か滑りやすいと話されていましたが、それは竹の油成分のせいです。


だから炭化加工で熱を上げていくと油分が竹裏面ににじみ出してシミとなります。これは一本づつ程度が違うのですが、どうしても避けられない竹の性質でもあります、普段の使用には目にふれる所ではありませんし、ご使用には何の問題も全くないがぞね。是非お気になさらずにご愛用いただきたいと思っています。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26541

« 青竹踏みの自然乾燥倉庫? | Main | ちょいワルおやじに履かせたい、あの黒革雪駄が帰って来た »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.