ネコ家具とは!?新聞掲載いただいた虎竹ねこ手提げ籠


1虎竹ねこ手提げ籠、ネコ家具


虎竹ねこ手提げ籠を掲載いただいた新聞記事を送ってもらったのです。ねこ手提げ籠と言っても竹虎の籠の場合には、たまたま猫も入るのにちょうどの籠というだけの事だったのですが同時に掲載されている「ネコ家具」にはビックリです!数万円から十数万円と書かれています、実際に人が使う家具とは遜色がないようなしっかりした家具をネコ専用に製作しているとの事ですから本気です。


いやいや、猫カフェあたりから猫がブームのようになっている事は何となく知っていましたが流石にこれは凄い。九州の大川は家具の町として知られた地域です、ずっと前には竹虎にも若手の皆様が沢山来られた事もありました。猫の手を借りたいほどの人気とありますのでほんとに面白いものです。


土佐の手づくり工芸品


土佐の手づくり工芸品という冊子が発刊されています。高知の伝統の技が掲載されていて、その中には虎竹細工もありますが果たして「ネコ家具」のような斬新な発想はできていません。


虎竹バックニューヨーカー


家具も生活様式の変化という点でも、海外からの安価な製品との競合といった点からも自分達と似たような環境があるのではないかと思いますが、そんな中で新しいユニークなモノ作りは素晴らしい。見習わねばと又新聞記事を読み直しています。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27160

« 続々・竹皮草履の秋 | Main | 44年ぶりの朝ケ丘中学校、総合学習の講師 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.