竹虎創業125周年記念、スペイン・ボックスカートレース!続・姿を現すREIWA-125号


  竹虎工場、REIWA-125号、令和125


先週から続いているREIWA-125号の製作は、ゆっくりとした歩みながらも確実に一歩また一歩と進んでいて大まかなボディの形は出来あがりつつあります。


竹虎工場、REIWA-125号、令和-125号


馴染のない皆様から見れば、と木は似ているように思われるかも知れません。しかし、圧倒的な違いがあり、そのひとつが曲げやすい事なのです。


日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」


今度のREIWA-125号の製作にあたり考えたのは、日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」と同じヤタラ編みでは面白くないという事。


竹虎1961年10月13日


そして、もう一つがこの竹の大きな特性である曲げ加工です。曲がった竹を真っ直ぐに矯め直すという技術を125年の歴史でずっと守り続けてきたことを表現したかったのです。


REIWA-125号、令和、竹虎本社工場


そんな先人のひとり、退職して畑仕事をしているおじさんがフラリと立ち寄って又変なことをしていると笑います。


REIWA-125号、令和、竹虎四代目


それでも何かが形になっていくことは楽しいものです、やはり現場は面白い。


Soapbox race of La Blanca in Vitoria-Gasteiz


ビトリアガステイスラブランカのソープボックスレース(Carrera de Goitiberas de las fiestas de la Blanca de Vitoria-Gasteiz)には凝った作りの車体から簡素なものまで色々な30チームを超える参加者が集います。


REIWA-125号、令和、竹虎四代目


あの坂道を下るのかと思うと11日間の長丁場だった「チャレンジラン横浜」以上の準備が必要だと感じています。
















| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27435

« 虎竹の里と枇杷の実 | Main | 磨き竹衣装籠の奇跡 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.