続・飯櫃入れ(飯つぐら)を月桃で作る。


月桃飯櫃入れ、飯つぐら


どうですかっ!この大迫力!いよいよ月桃飯櫃入れが完成しました。職人はかなり苦戦したようで次はもう作りたくないと言ってます(笑)だから、もしかしたらこれが最初で最後かも知れません。


月桃飯櫃入れ、飯つぐら


しかし、敷物や円座作りを見ていてその職人の確かな技なら必ずや満足できる飯つぐらが出来ると確信していましたが期待以上の出来映えです。


月桃飯櫃入れ、飯つぐら、藁いずみ


さて、月桃飯櫃入れの上蓋を外して並べてみます。この厚さ、手触り、あたたかみ見た目よりも触れた方が凄さが伝わってくる...ややっ!?飯櫃入れの中に円座が...?


月桃飯櫃入れ、飯つぐら


そうなのです、この月桃飯櫃入れにはサイズちょうどに編み込まれた円座付です。ズシリとした重量感があったのは、二重底になっているこのせいもありました。さしずめ飯櫃の円座といったところ、これは保温力はバッチリです。


月桃飯櫃入れ、飯つぐら


惚れ惚れしてしまいそうな月桃で編まれた飯櫃、今までなかったのが不思議に思えてきます。いやいや、それだけ素材集めから製造まで職人の手間がかかりすぎるのです。こんな高価な飯櫃入れを仕事で使えるお鮨屋さんはそうないのかも知れません、ずっと竹虎本店に鎮座していてもかまいません。月桃の飯櫃入れへの思いに応えられる手技が今もあるという事が嬉しいのです。














| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27474

« 飯櫃入れ(飯つぐら)を月桃で作る。 | Main | 竹を世に送り出すのは自分達自身だ。 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.