レッドブルボックスカートレース(RedBull boxcart race)、30秒パフォーマンス練習


竹虎本社工場


竹虎本社工場で何やら慌ただしくなってきました。大急ぎで製作しなければならない重要なものができたのです。


竹虎本社工場


矢来戸のようでもあるが簡素でいつも作るものとは随分と違うようです。


竹虎本社工場


少し軽めのチェックが入って完成したものは...


竹虎本社工場


来る今度の日曜日に東京よみうりランド特設会場で開催されるRED BULL主催のボックスカートレースでは30秒のパフォーマンスタイムが用意されています、この時に使われる小道具なのです。





今回のパフォーマンスは夏のインターンシップ生たちが協力して考えてくれたもの。音楽を変更せねばならなくなり、随分と変わったものの虎竹の扉を開けてREIWA-125号が登場するという大筋に変更ありません。





見た目が少し違うと思われるのは気のせいかも(笑)。


お近くの方は是非応援にお越しいただき実際のREIWA-125号をご覧いただきますと嬉しいですが、遠い地域の皆様は下記のページに入って「今すぐ投票!」ボタンを押して応援ください。今日は強い風雨の虎竹の里、工場の中で四人揃って最後の仕上げです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27611

« 日本経済新聞「春秋」9月30日 | Main | 二宮金次郎生家の竹壁 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.