虎竹四ツ目弁当箱、雑誌サライ掲載用に製作しました

竹虎四代目(山岸義浩)、サライ掲載


雑誌「サライ」さんから連絡を頂いたのは初夏の頃か、もしかしたらもっと前だったかも知れません。あまりハッキリとしていないのは、人気雑誌での通販掲載という有難いご提案ではありましたものの近年このような大手様とのお付き合いは、自分達のような田舎の小さな会社では少し無理があるように感じて全てお断りしてきていたためです。


サライ、メイドイン高知の逸品


掲載させて頂く事を決めたのは、熱心に何度もご連絡を頂戴いただいた事もありますが、今回が「メイド・イン高知の逸品」として地元高知特集と知ったからでした。自分達は高知の自然の中で育まれた、この土地ならではの虎竹と共に100年歩ませてもらっていますので地元を盛り上げる本への参加なら是非出来る事はさせて欲しいと思いました。


竹虎サライ掲載記事


コロナ禍にあってもライターの方含めて東京から数名で取材にお越しれさるという姿勢にも、現地の本当の雰囲気を伝えたいという熱を感じました。実は自分自身も毎号拝読しているような面白い内容は、こうして手間暇かけているからこそなのです。


サライ高知新聞掲載


手に取ってページをめくると、このお正月用に竹虎ロゴマーク入りの真っ赤な旗作りをお願いしたばかりの三谷染工場さんも載っています!さらに読み進めていきますと掲載されているのは、フラフ、宝石珊瑚、土佐打刃物、土佐和紙、土佐硯、組子細工、土佐古代塗、尾戸焼など...もう30年近くにもなるでしょうか?「高知の物産展」というようなタイトルで全国のデパート催事にお邪魔していた頃に馴染みだった工芸品ばかり、当時を思い出して懐かしくなります。


虎竹四ツ目弁当箱


今回はサライ掲載用に虎竹四ツ目弁当箱を特別に製作しました。虎竹スクエアバスケットを作った時からランチボックスの構想はありましたが若干無理をしながら(笑)前倒しで形にして掲載頂きました。こちらの四ツ目弁当箱は今のところサライさんでしかお求めいただけませんので是非ご利用ください。






トラックバック(0)

コメントする