リモートワークに虎竹で編まれた書斎籠

 
虎竹八ツ目書類籠(漆)


昨年からのコロナ禍によって自宅にいながら仕事をされるリモートワーカーという働き方が増えたそうです。地方では少し耳にする事あるものの、変化が遅いのか自分達自身現場に来なければ業務できない事も多いので、実は周りではあまり実感はないのです。しかし、全国のお客様を見た場合は、やはり出社されない皆様も多いように感じています。


虎竹八ツ目書類籠(漆)、竹虎四代目(山岸義浩)


このA4サイズがちょうど入る虎竹八ツ目書類籠は、ご自宅の書斎をオフィスにされている方に、会社とは違うご自身だけの少し高級感と自然素材の温もりを感じながらデスクワークしていただければと思いご紹介しています。


虎竹八ツ目書類籠(漆)


竹編みの内側をご覧いただいても少し色目が濃くなっていますけれど、全体的に漆を塗布して渋さが増した作りです。


虎竹八ツ目書類籠(漆)


底部分にはH型に力竹を入れて細い丸竹で足を付けていますので通気性もバツグンです。


虎竹スクエアバスケット(書類籠)


書類籠と言えば一足先に製作した虎竹スクエアバスケットがあります。書類を入れる必要のないご家庭では身の周りの日用品を収納して便利にお使いいただけます。スクエアバスケットが虎竹を使ってどのように製作されているのか?動画でご覧いただけるように準備いたしておりますので、お時間ありましたらどうぞ!




トラックバック(0)

コメントする