一生使い続けられる石鹸とは?

2017年10月19日

竹炭石鹸


「顔の色艶がよいですね。」「お肌がキレイですね。」こんな事をたまに言われる。県内外、色々なところで年齢、性別様々な方に言うてもらうのであながちお世辞でもないように思うちょります。女性の方なら嬉しい言葉であるに違いありませんが、そもそも、おんちゃん(おやじ)の自分にそんな事を言ってみても褒言葉としては少し違うようにも感じますので言ってくださる方には恐らく本当にそう見えているのですろう。


もちろん顔のお手入れなどするはずも無いし、若い時分より虎竹の里の強烈な紫外線を浴びまくっていたし、お肌をきれいに保つ環境とすれば良い条件ではなかったと思っています。


しかし、それなのにこんな事を言っていただけるのだとしたら何を隠そうそれは、この竹炭石鹸の力だと確信するのです。小さい頃からアトピー体質で肌が弱く、皮膚科で出されるステロイドを手放したことがなかったのですが、出張先のホテルに備え付けられた石鹸が肌にピリピリと刺激があって、どうしても使えなくなった事が始まりでした。それでも仕事から帰って来たなら石鹸を使って汗はスキッと流したいので自分が使うのに肌に刺激のない安心して使える石鹸を作りたいと思ったのです。


竹炭ソープ


そうして、最初の石鹸が出来たのがもう15年以上も前の事になるでしょうか。当初は石鹸メーカーさんに用意いただいた薬用炭を使用していましたが、せっかく作るのなら産地や炭窯までしっかり管理できる最高級の竹炭を使いたいと考えて県の工業試験所さん、石鹸メーカーである地の塩社さん等の協力を得て薬用竹炭の開発に取り組み完成させたのが虎竹の里 竹炭石鹸なのです。


自分の場合は、まさに頭からつま先までコレひとつでスッキリ、しっとり。最近では新しく作った竹炭シャンプーを使う事もありますが、基本的に竹炭石鹸です。アトピーなど肌のトラブルというのは50年来の付き合いですので、簡単でないと思っていますが、少なくとも気持ちの良い入浴は続いています。これからも一生使いつづけられると喜んでいるのは、間違いなく他の誰でもない自分自身ながです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


愛用率80%の竹炭石鹸ぞね

2013年4月 5日

虎竹の里炭石鹸


月に一度、全社の社員が集まって全社会議なるものをやりよります。もう、かれこれ7年目になるのではないかと思いますが、どうやら、こうやら一度も休むことなく毎月続けられゆうのは、まっこと、社員の皆さんの協力のお陰やちや。ありがたい事ながです、感謝ぜよ。


さて、その月はじめの全社会議で前回は社員の皆さんに自社商品について感想文を書いていただくという、はじめての試みをやってみましたちや。何でも自由に書いて頂くのがルールでしたので、一体どんな感想が寄せられるがやろうか?正直なところ、ちっくと不安もありましたけんどやってみて改めて知った事があるがです。それは、社員一人、一人が意外と竹虎の商品を愛用いただいており、働いて頂く社員は、社員でありながら一人のお客様と言うか、竹虎ユーザーのお一人ながやと感じました。


自身が肌が弱かったり、ご家族に敏感肌の方がおられたり、小さなお子様やったり、ご高齢の方がおったり、自分もアトピー体質ですけんど、肌の弱い方は都会だけでなく田舎にも結構いますきに、都会や田舎の環境などはどうやら、あんまり関係ないようながですちや。何か自然の多い田舎は空気も綺麗やし、アトピーなど少ないイメージですけんど、実は、そんな事はないようです。


そんな関係で竹酢液を数年来愛用してくれゆう社員とかおって、なかなか、身内にも竹がお役に立ちゆうよと思い嬉しかったがですが、なんと、色々な商品がある中で虎竹の里竹炭石鹸が大人気でその日出席しちょりました社員の中で実に80%が愛用者やったがです。これには、まっことビックリしましたちや。


そもそも自分が出張中にホテルの石鹸ではピリピリして洗えなくなり、肌に優しい石鹸を使いたいにゃあと思うた事がはじまり。あれから、もう10年を越える月日が経つがやないですろうか?コツコツと、少しづつお使いいただく方が増えて、こうやって社員の皆さんが、これだけ使うていただける石鹸になっちゅうとはまっこと、感無量な事ぞね。













| コメント(0) | トラックバック(0)


虎竹の里炭石鹸

2011年2月16日

炭石鹸


なんと、まっこと(本当に)嬉しいことに14万個も完売しちゃあるのが、この虎竹の里炭石鹸ぜよ。そもそも肌の弱い自分が出張先のホテルで備え付けの石鹸を使うたらピリピリして、こりゃあ、たまらんぜよ、と、思うて何とか刺激がなくて素肌にうるおいを残しながら、けんど汚れがスキッと落ちる石鹸が無いろうか?そんな思いから生まれたものながです。


色んな紆余曲折(うよきょくせつ)がありましたけんど自然派石鹸では有名な石鹸メーカーの方との出会いがあり、原料は石鹸素地に炭と水だけという無香料・無添加の何ちゃあ入ってない石鹸を作ることができたがぞね。感謝、感謝ちや。


実は前にこの炭石鹸でテレビに出演させてもろうた事がありましたけんど、横に座っちゅうアナウンサーの方が、


「顔がツヤツヤしてるのは炭石鹸の効果ですね!」


と言うてくれました。もちろん、お世辞ながですけんど。もしかしたらワシもこの歳にしたら割と美肌かもしれん、結構スベスベやきに、いっぺん写真集でもやってみろうかにゃあ。(笑)














| コメント(0) | トラックバック(0)


竹酢液のお風呂

2011年1月20日

竹酢液


テレビ番組でも取り上げられてこじゃんと(とても)注目された竹酢液(ちくさくえき)やけんど、寒い季節には是非オススメしたいと思う入浴剤ながです。何がエイ言うたち湯冷めが全然違うてきます。肌のトラブルのあるお客様にも好評やけんど、やっぱり独特の香りがありますきに、これが、好きな方と、びっと(少し)苦手な方に分かれるがです。


ご年配の五右衛門風呂を知っちゅう方らあはこの香りで昔の事を懐かしく思い出してリラックスできると言うてくれます。ワシも小さい頃は親戚の家で薪のお風呂に入りよりましたし、竹職人のおんちゃんや、内職のおばちゃんのご自宅ではまだまだ薪のお風呂いう所もあって、夕方頃、仕事でお伺いすると、パチパチと釜を焚いく音と、ユラユラと煙が立ち上り、それと同時に、この竹酢液にも似たほのかな香りが漂いよりました。


ワシも子供の頃からアトピー体質やったきに、かゆみが酷い時には毎晩のように使いよりましたが竹酢液はクスリや無いがです。皆に効果があるという訳じゃあないきに気をつけとうせよ。ワシくの子供じゃあち、一人には効果があったけんど、一人にはあんまり感じられんかったぜよ。


けんど、間違いのうエイと思うがは、湯冷めが、まっこと違う。それと、変わったところではワンちゃんのリンスやにゃあ。前に飼いよりましたゴールデンレトリバーの毛並みがまっこと(本当に)ゴールデンじゃあ!と実感しましたぜよ。そう、この竹酢液リンスしましたら黄金の様に毛並みがツヤツヤ光だす、それに、ニオイが気にならんなる。ゴールデンレトリバーのように耳の垂れたワンちゃんは耳アカがどうしてもニオイの原因になるきに、室内で飼う愛犬家の方には重宝するがちや。


まあ、とにかく竹酢液は不思議な力がある事は間違いないようじゃ。ほやき、キッチリした土窯で正しい材料を使うて摂取温度も守って管理をバッチリする、腕のエイ竹炭職人の作る安心できる竹酢液をデリケートなお肌の小さなお子様からお年寄りまで是非使うで欲しいがです。












| コメント(2) | トラックバック(0)


国産の棕櫚たわし

2011年1月18日

国産束子


昨日のJR安和駅の写真にも写っちょった、びっくと南国の雰囲気を醸し出す棕櫚(しゅろ)の木は分かりますろうか?「安和」(あわ)と書かれた看板の下に写ってますが、この木から棕櫚箒やら、棕櫚のたわしの原料となる木ながです。普通に販売されよります。


束子はパームで作られるそうやけんど、昔ながらの棕櫚たわしを今でも作りゆう職人さんがおられると聞いてこじゃんと興味がわいたもんやきに、びっくと見学させてもらいに行っちょりました。


束子製作


見よったから簡単そうなけんど、経験上、簡単そうに見える技術ばあ難しいもんは無いきに、ちょうど居合わせちょった役所の方も、うん、うん、うなづきながら、


「一度やってみたけれど、全くできなかった」


と腕組みして言いよりました。


棕櫚束子は、食器やモノを洗うのかと思いよったら身体を洗うのがに最近は見直されちゅうと言うことやきに、ワシもいくつか頂いてきて使うてみよります。竹酢液のお風呂にゆったりと浸かった後に、痛いので足の裏とかカカト、肘など、皮の厚いところから始めよりますけんど血行が良うなりそうで、なかなかエイもんぜよ。


けんど同じように見えてまっこと違う束子があるもんじゃ。値段は結構高くなってくるけんど、この製造の手間や、職人技を見せてもうろたら、こりゃあ、こじゃんと(とても)値打ちがあるぜよ。なんとか国産束子も見直されるようになったらエエけんどにゃあ。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹の明日

2010年1月14日

chikusakueki.jpg


小さいお子さんを育てるようになってから、今まで以上に川の汚れや、森林の破壊らあ、自分たちの暮らす環境に関心をもつようになった...。そんな声を、まわりで良う聞くがです。竹は毎年どんどん生えて、たったの3ヶ月で十数メートルの親竹と同じ大きさに成長します。そうそう、竹から生まれたかぐや姫が成人になるがも同じく3ヶ月。昔話は良くできちゅうぞね。


お風呂あがりで上機嫌ちや。竹酢液のお風呂はどうやったですうろか?赤ちゃんが、大きゅうなって大人になったち、毎年、毎年、筍は春に顔をだし成長しますぜよ。こんな凄い自然からの贈り物の「竹」。もっと、もっと沢山の方に喜んでもらえる、何か竹の可能性があらあせんろうか?













| コメント(0) | トラックバック(0)


ヒノキ風呂

2006年9月 1日

2135a3ec.jpg昨日は、ひさしぶりにあまり暑くない過ごしやすい一日でした。まだ感じられませんがこれから秋の気配が深まってくるのだなあと思いましたが、こやって涼しくなってくると楽しみなのがお風呂。毎日の竹酢液はもちろんですが、たまに気分を変えたい時に愛用するのがヒノキ風呂。これも心やすらぐイイ香りなのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


四万十ひのきの香り

2006年4月13日

10f9f781.jpg虎竹の里の山々も新緑の美しい季節になりました。街の並木も一斉に芽吹いてきてると思いますが、こんな清々しい若葉のシーズンにピッタリの入浴剤をご存じですか?四万十ひのきの端材からつくった「四万十ヒノキ入浴剤」。お湯にいれると、そこは四万十川源流の森の中。バスルームいっぱいに、ひのきの香りがただよい何ともいえないリラックスタイムを満喫できます。あんまり、いい香りなんでボクなどは車の中にもいれてました。市販のモノに比べれば持続性はないものの本物の芳香に大満足です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


1


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.