藪蚊は竹藪に、竹林には?

2018年7月 3日

竹林


早朝から竹林に行っており、ようやく帰ってきました。山にいるうちには全く気付くこともないのですが事務所に帰ってきますと蚊除けにスプレーした竹酢液が心地よく香ります。今どきの季節です、雨上がりで湿度の高い竹林ですと藪蚊がいっぱいのはずなのですが、虎竹の里の手入れの行き届いた竹林では不思議なくらい蚊がいません。これは見学に来られる方々も言われる事なのです、もちろん全くいないわけではありませんが本当に少ないのです。


虎竹の里竹林見学


こうなると竹酢液は、おまじないのような物です。素晴らしい青空で暑い一日になりましたが竹林には心地よい風が吹き抜けます。そういえば数年前にやった竹酢液大実験!でも意外と蚊が少なくて助かったような、あまり面白くなかったような気分だったのを思い出しました。


片方の腕に竹酢液スプレー、片方には何もせずに竹林で腕をだしてじっと我慢の子...という身体を張った実験でした(笑)おそらく「竹林」ではなくて「竹藪」で同じ実験をしたら片方の腕は大変な事になっているに違いないのです。
















| コメント(0) | トラックバック(0)


入浴だけではありません、竹酢液のこんな使い方ご存じですか?

2018年3月 3日

竹虎四代目(山岸義浩)


実は先日からフランスはパリ、Premiere Classeという展示会に参加させてもろうちょります。暖かで昼間なら暖房のいらない南国土佐とは打って変わって、こちらはマイナスの世界!


竹虎四代目(山岸義浩)


すでに3月になりましたが、いつもの竹虎タオルマフラーの上から祖父が使っていたウールのマフラーを巻いて最大防寒体制で外に出ます。


パリの雪


会場に向かう道路などもこんな感じ、まっこと見ているだけでも寒くなってきます。雪の積もった所に加えて凍結している箇所もあったりして龍馬ブーツで歩くのには滑りそうで注意が必要です。


Premiere Classe


歩いて10数分でチュイルリー公園(Jardin des Tuileries)に到着しますが、落葉樹が続く光景すらも高知ではあまり見たことがありません。慣れない零下の気温の中、会場に辿り着いた頃にはキンキンに冷えきっているのです。


竹酢液


さて、こんな寒い日は体の芯から温まるお風呂が一番なので竹酢液の出番!しかし、さすがにパリに来てまで竹酢液はないだろう?いやいや、そこが竹虎四代目ぜよ、お風呂一回分のミニボトルに小分けしてしっかり持参してきちょりますぜよ!


手荷物でビニール袋を何重にもして数回分あるだけですので滞在中何回楽しめるか分かりませんが凍える身体を温めたいと思いよります。竹酢液のお風呂に入って温まると、最強の暖房にしている部屋では暑すぎで汗が出てきます。そこで、風呂上がりには用もないのに部屋から出て暖房の効いていない廊下にでなくてはならない程です。


廊下にある大きな窓には薄い遮光カーテンだけしかなくて、ガラス越しに冷気が伝わってきます。お風呂に入りる前には冷えて仕方なかったのに、温まった後には、この冷気が反対に心地ち良く感じられるから恐るべし、竹酢液だと思います。


さて、しかし今回の動画では入浴以外で役立つ竹酢液のお話し、消臭、ペットのリンス、観葉植物への効果という3つでご紹介しています。


【竹虎】消臭や園芸にも色々使える。竹酢液のおすすめ使用方法3選!!















| コメント(0) | トラックバック(0)


安心の竹酢液ポカポカお風呂の使い方と効能

2018年2月 2日

竹酢液のお風呂


今年の冬は例年になく全国的に寒さが厳しくなっています。凍えるような身体で帰ってきたら楽しみは何と言うてもお風呂です!夏場はシャワーだけで過ごす事も多い方でも、この季節はゆっくり温まらずにはおられないかと思います。


お風呂には竹酢液、30年ブログ「竹虎四代目がゆく!」をご購読の皆様ならご存じのとおりですが、燻された香りが浴室内に湯気と共にひろがって昔の五右衛門風呂をご存じの方なら(少ないと思いますが)思わず懐かしい気分になりますぞね。


竹炭窯


これは一体何でしょうか?頭から湯気を出している赤い口をした一つ目の巨人にも見えてきますが、何を隠そう昔ながらの伝統の窯を竹炭専用に改良した土窯なのです。赤い口に見えているのは竹炭が真っ赤に焼き上げられているところ、そして湯気に見えているのは竹炭を焼いている時に出る煙なのですが、この煙が竹酢液の元になっています。


安心の竹酢液でポカポカお風呂の使い方と効能




窯に火を入れた直後には大量の煙が排出されますが、水分の多い竹の場合低温時に出てくる煙には有効成分があまり含まれていませんので、竹虎の竹酢液は排煙口の温度で80度~150度の温度帯のものだけを使っています。温度が高すぎてもベンゾピレンなど有害物質が含まれることがあるからです。


アトピー体質の方やスキンケアに気を使う方にもオススメですのでご家族皆様で温もっていただきたいのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


黄色ブドウ球菌、モラクセラ菌に竹酢液は効果があるのか!?

2017年12月28日

竹酢液抗菌実験


寒い日が続いていますので竹虎のお客様の中には、竹酢液のお風呂にゆったり温まる方も増えています。アトピーの方、肌の弱い方や乾燥肌の方に愛用者の多い竹酢液ですが湯冷めしにくくなる事も人気の秘密です。そんな竹酢液ですが確か夏前あたりでしたか、愛用する当社社員が、竹酢液の抗菌性を調べたいという事で簡単な実験を行いました。二つの培養液を用意して、ひとつには何もいれず、ひとつには約100倍希釈の竹酢液を入れています。


ゼラチンにダシの素を入れた自家製培養液に台所で採取したカビ菌を同じようにつけて1週間安置したそうですが、竹酢液なしの方にはカビ菌が増えているものの、竹酢液入り方には全くカビ菌が繁殖していなくて結果は一目瞭然、竹酢液の抗菌性が確認されたのでした。


黄色ブドウ球菌に対する竹酢液抗菌データ


「炭焼職人には水虫の人はいない」と言われて昔から竹酢液の高い抗菌性は経験的には知られていた事です。このように簡単な実験でも効果を確認することができていましたが今回、機会があって高知大学さんにお願いして黄色ブドウ球菌と、モラクセラ菌に対する正式な抗菌作用の実験をさせていただいたのです。


さすがにしっかりとした測定機器もあって滅菌水と竹酢液10倍希釈、竹酢液100倍希釈をそれぞれ用意して2種類の菌数がどのように変化していくかを時間の経過と共に測定する事ができたのでした。


モラクセラ菌に対する竹酢液抗菌データ


黄色ブドウ球菌は、食中毒などで名前を聞く事がありますが人や動物の皮膚、消化管の常在菌でアトピー性皮膚炎を引き起こす原因ともいわれる細菌です。また、モラクセラ菌は洗濯物を部屋干しの時などに臭くなる事がありますがこの原因となっている細菌です。


この菌も人の口や鼻の粘膜にいる常在菌と言いますので特別な細菌ではありません。臭いの原因になるのはモラクセラ菌が洗濯物の水分や皮脂などを栄養としてフンのようなものを出すそうで、これが臭いの原因だそうです。


今回の抗菌実験では黄色ブドウ球菌、モラクセラ菌のどちらにも竹酢液の高い効果が実証された形となりました。特に洗濯物のニオイについて、母などは昔から洗濯時に竹炭と同時に竹酢液も使っていましたので希釈の問題はありますものの、長年の経験からしていることには間違いがないと改めて感じています。













| コメント(0) | トラックバック(0)


蚊除け対策に竹酢液(ちくさくえき)を使ったお客様のハガキ

2016年9月14日

蚊除け対策に竹酢液を使ったお客様のハガキ


竹酢液を蚊除けに使う大実験を、私、竹虎四代目自ら竹林で行った事があるのです。作務衣をまくった片方の腕には10倍程度に希釈した竹酢液を、片方には何もつけず、ただジッとしているだけの実験なのです。


竹林には蚊が沢山いるというイメージがあるのではないでしょうか?しかし、それは手入れしておらず竹が生え放題の「竹藪」だからかも知れませんぞね。いわゆるヤブ蚊というヤツだと思うのです。もちろん、虎竹の里の竹林にも蚊はいますが手入れが行き届き太陽の光が差し込み、気持ちの良い風の通る竹林には普通の方が想像されるよりはずっと蚊の数は少ないがです。


しかし、それでも流石に竹林の中です。暫くしていると、竹酢液スプレーしていない手や腕には蚊が容赦ない攻撃をしてくるがです。かたや竹酢液をかけた腕は本当に一匹の蚊も近づいて来ないので、バツグンの効果なのです。


そんな自分の姿をご覧になられてお試しいただいた神奈川県の山崎様というお客様から手書きのお便りが届きましたぞね。


庭いじりが好きです。でも蚊が大敵です。ネット上で竹酢液をスプレーした片腕、無防備片腕との実験で、やってみたくなりました。勿論両腕から首、足までスプレーして夕方の庭に出て作業。大成功です。スプレー残しがあったのか一ケ所だけやられましたが。


こんな実験でも少しはお役にたてているようで嬉しいです(笑)けんど、試されたら本当に竹酢液の防虫効果を体感していただけると思いますぞね。
















| コメント(0) | トラックバック(0)


竹虎インターンシップ2016、竹酢液(ちくさくえき)

2016年8月24日

竹虎インターンシップ2016、竹酢液


竹林見学の前には必ずお話しさせていただく事がありますぞね。それは竹酢液(ちくさくえき)の事なかです、竹酢液は竹炭を焼くときにモクモクと窯から立ちのぼってくる煙を冷やした液状のもので約300種類もの有効成分が含まれると言われますが「酢」と名前が付くように強い香りがあるのです。


竹虎インターンシップ2016、竹酢液


この竹酢液を何に使うかと言いますと藪蚊対策です。虎竹の伐採は冬場なので、山に頻繁に来る時期にはあまり必要ではありませんが、やはりこの時期の竹林には自然の防虫剤として活躍してくれます。竹虎の竹酢液は排煙口の温度で排煙口の温度で80~150℃の温度帯でしか採取しておらず1年間貯蔵してタール分を除去した安心の竹酢液を10倍程度に水に薄めて使いゆうのですが、この独特香りが好きな方と、苦手な方に分かれます。


竹虎インターンシップ2016、竹酢液


そこで、まず手のひらにスプレーした香りを試してもらいます。もしかしたら多少苦手な方もおられるかも知れませんが、せっかく虎竹の里に来られて恐らく一生に一度かも知れない竹林見学ですので竹酢液を肌の露出した腕などに振りかけ試して頂く事も研修の一つなのです。


以前、同じような暑い時期にテレビ番組の収録でアイドルの方が来られた事があったがです。山に入る前にタップリと竹酢液をスプレーさせていただきますと高価バツグン!「この竹林は蚊が全然いないねぇー」と言われちょりましたが、実は蚊がいなかったワケではなく、この竹酢液スプレーのお陰やったのです。


そうそう、以前どれだけ蚊除けの効果があるのか自分が実験した動画がありますので、よろしければご覧ください。
















| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭窯と竹酢液

2015年7月16日

竹炭窯の排煙


竹酢液(ちくさくえき)と言うても、いまひとつどうやって作られるものか、ハッキリご理解いただいていない方も多いかも知れませんぞね。よく質問される事もあるのですが、竹炭窯から出る煙を利用している事は、一時期、テレビや雑誌などで大きく取り上げて頂いた事もあるためか、何となくご存じの方も多いのですが、さすがに詳しくは、なかなか分かりにくいと思っています。


竹酢液は炭窯からモウモウと立ち上る、この煙から作られるのです。煙がステンレス製の長い煙突に入り冷やされ液体となったものが竹酢液ぜよ。約300種類もの有効成分が含まれると言われますが、このモウモウと上がる排煙温度が80度~150度の間の煙でしか採取しちょりません。これは80度以下だと有効成分があまり含まれる事がなく、反対に150度を上回ってしまうとベンツピレン、クレゾールという有害物質が含まれる事があるからながです。


竹炭窯


だから、竹炭窯には昔から二つの色のイメージを持っちょります。一つは赤々と燃え上がる炎のイメージ、そして、もうひとつが、真っ白く立ち上る煙のイメージながです。竹炭窯にも色々あって、明るく開放的な感じの窯もありますが、概ね少し薄暗く、そんな中で見る炎は強烈に目に焼き付きます。きっと焼き上げている最中には、竹炭窯の中では何か人知など遠く及ばない神秘的な事が行われているように思うのです。


曇っていた空から明るい陽射しが差し込んできましたちや。振り向くと、おっと...これは美しいですちや。煙の立ち込めちゅう炭窯に「天使の階段」が降りてきちょります。様々な竹炭の素晴らしい効能を思うたら、竹炭は、こうやって天から降りてきた天使からの贈り物のような気がしてきます。熟練の炭職人さんが向こうでニッコリ笑われゆう、今日は何か神々しさを感じる竹炭窯なのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹林で竹酢液大実験

2014年8月 1日

竹酢液大実験


夏場の竹林に来られた事はありますろうか?山登りなどされる方なら、ご存じかも知れませんけんど、竹林にはどういうわけか蚊が、こじゃんと(とても)多いのです。


手入れの行き届いた竹の林のことを「竹林」と言うて、荒れた竹の林は「竹藪」と一般に呼ばれますが、伐採をあまりしたことがなく陽の光もあまり差し込まないような竹藪に行くと、藪蚊と名前に「藪」の付くだけあって、本当に沢山の蚊がいて耳の横であのイヤな「プーーーン」という羽音がずっと聞こえっぱなしのような状態ながです。ところが手入れされた竹林でも程度の違いこそあれ、人間が心地よいとの同じように、蚊にとっても居心地かよいのか、足を踏み入れると、どこからともなく飛んで来るがです。さて、そこで登場する竹林に無くてはならない秘密兵器があるがぞね。一体それは何ですろうか!?


実は、それが何を隠そう竹酢液スプレーながです!竹酢液原液を約10倍程度に希釈してスプレーボトルに入れて、プシュー!プシュー!と身体に振りかけるがです。もちろん市販されちゅう虫除けスプレーもあるようですが、虎竹の里では昔からコレ、山に行く時にはいっつも携帯しちょります。


そもそも竹酢液(ちくさくえき)をご存じですろうか?竹炭を焼く時の煙を冷やして集めたものながですが、竹酢液には300種類というような沢山の有効成分が含まれちょります。排煙口の温度で80度より低いと成分があまり含まれず、150度を超えるとベンツピレンというような、身体に悪い有害な物質が入ると言われちょります。なので竹虎の竹酢液は、その温度帯でだけ採取して、更に一年間安置してタール分を除去しちょります。入浴用もそうですけんど、虫除けの場合にも肌に直接ふりかけますので、竹炭に焼く竹材や、ガスや石油を使わない土窯にこだわる等、製造工程もしっかりして安心して使えるものでないと、特に自分のように肌が弱い方にはオススメできないのです。


竹酢液(ちくさくえき)


夏場に竹林に来るという事は、本当はあまり多くありません。竹の伐採の時期というのは、11月あたりから本格的になるのは12月、1月の寒い頃、品質管理のためこの時に伐採した虎竹しか製造に使う事はないがです。けんど、お陰様で最近は竹林見学などに来られる方も多くなりました。一年中、いつと言う事なく山に行いきますので、夏場の虎竹の里では、ちょうど竹酢液の効果を体感していただけるラッキーなチャンスでもあると思うて、昔から使われてきた自然素材での蚊除け対策をお試しいただきゆうがです。


そしたら思い出されるのが昨年のテレビ局の人気番組で、こじゃんと有名なアイドルグループの方がお二人来られちょった事ですちや。ちょうど残暑の厳しい頃、竹を求めて山道を登り、竹林にはいって竹を伐るという撮影シーンがあったがです。これは蚊除けが必要だと竹酢液を全身にスプレーさせていただきました。独特のニオイがありますので、都会から来られた若い方にはどうかにゃあ?ちっくと心配して思いよりましたが、実はお二人とも前に木酢を使った事があったという事で、まったく平気!というより、もっと念入りにと言われたほどやったです。


そしたらです!その甲斐あってか竹林に入った後


「ここの山は蚊がいないねえ~」


こう言うていただけるではないですか!?実は蚊は、竹林ですので沢山おったがですが、竹酢液の効果で全く近寄る事がなかったがですぜよ。


竹酢液は竹から採取したもの、もともと自然素材のものですし、昔から炭焼きさんは山仕事で使いよったり、民間療法的に親しまれたものでありました。安心して使え、しかも殺菌力などもあり、このように虫除け効果のあるものではあるものながぞね。


これを口で言うだけではなく、ちっくと目に見える形で皆様にご紹介できんろうか?前々から長いこと、そう思いよりましたが、今回ついに竹虎四代目が身体を張って動画撮影をしてみましたぜよ!結果は毎回実感している事ですので当然思うた通りながですが、ご存じない方には是非ご覧いただきたいがです。


日本唯一の竹林での竹酢液大実験はコチラぞね。














| コメント(0) | トラックバック(0)


季節の変わり目の竹酢液

2013年4月24日

竹酢液


竹酢液(ちくさくえき)と言うたら冬のイメージがあるがです。と言いますのも竹酢液をお風呂に使う事が多くて、使い方も入浴剤として使用される方がほとんどだからです。けんど、まっこと(本当に)試していただくと分かりますけんど、竹酢液のお風呂につかると湯冷めが全然違いますぞね。女性の方で半身浴などされる方も多いと聞きますが長時間ぬるめのお湯で、ゆったりリラックスされる時などにも最適ではないですろうか?


ただ、独特の香りがありますのでこれが好きな方、ダメな方とハッキリ分かれます。そんな竹酢液ですが最近またお問い合わせが増えてきちょります。どうしてかと思いよりましたら寒い日があったり、暑くなったりの毎日ですが急に暑くなって汗をかいてからまだまだ夏までは、しばらく時間がありますが早くもアセモとか皮膚のトラブルがあるようながです。


何を隠そう自分なども小さい頃から肌が弱かったですき、この季節の変わり目というのはこの歳になっても、ちっくと気になる時期ではありますちや。昔からアトピー体質でステロイドを日常的に使う事はないまでも、いつも薬は自宅にあるという事など今の自分からは想像も出来ないかもしれませんが母親に言わせると皮膚科の病院にいくらお金を払ったか分からない!などと苦労話を聞いちょりますし。


さらに極めつけは、あまりに皮膚病が治らないので菩提寺の住職さんにお願いして祈祷していただいた事もある程ぜよ。その祈祷の時の、子供心にも、じゃんと(とても)怖かった。真っ赤に燃え上がる炎のお祈り(?)の話は前にしたこともあったろうか?今日は時間がなくなりましたきに、又の機会があればお話してもエイがです、まあ今となっては笑い話やにゃあ。


さて、竹酢液はそうやってお風呂に使うたり、肌に直接触れる使い方をしますきに竹炭を焼き上げる職人、窯の種類、竹材料、製造方法、保管方法などしっかりと管理されて作られゆうがです。おっと、そろそろ山に行くのにヤブ蚊がでてくるかも知れん。防虫効果も高い竹酢液ですので春から秋にかけては、竹林に行く前にいつもプシューとスプレーできるように用意もしちゅうがぜよ。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹酢液お試し用が新登場

2012年4月20日

竹酢液お試し用


竹酢液(ちくさくえき)は、ご存じのように竹炭窯から、もうもうと立ち上る煙の中の有効成分を冷却して、取り出し長期間安置したものながですが、一番多い利用方法としてはやはり入浴剤としてご愛用の方が多いのです。竹酢液特有の燻したような何とも言えない香りが、お風呂の湯気と共にたちのぼりバスルームに充満しますので、お好きな方は、まっこと幸せな気分になる事ができますし、どうしても好きになれないという方もおりれるがです。


まあ、好き嫌いがハッキリ分かれる入浴剤ですちや。そこで、竹虎では1回分の小さな竹酢液ミニボトルをご用意しちょりましたが、やっぱり1回ではどうも分かりにくい...。そんなお声を度々頂くようになりましたので、もう少し大きい竹酢液150ミリリットル入りのお試しサイズを新しく登場させましたぞね。だいたい入浴回数にして約4回分ほどありますので、何回がお試しいただき、その効果や好き嫌いなど確かめていただけると思うちゅうがです。自分の場合やったらこれからの暑い季節にはシャワーですます事も多いですきに、お風呂用としては竹酢液の活躍は少なくなりますものの、竹林での蚊除けには、こじゃんと(とても)頼りにしちゅうがぜよ。













| コメント(0) | トラックバック(0)


1  2


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.