第6回環境省グッドライフアワード受賞式にて

2018年11月19日

第6回環境省グッドライフアワード環境地域ブランディング賞、高橋俊宏、竹虎四代目(山岸義浩)


作っても作っても売れない自社製品に業を煮やして飛び込み営業をした。誰に言われたわけでもないが40名もいた職人やら、社員やらの口に出さないプレッシャーだったと思う。忙しいからと言って怒る職人など一人もいない、ただ自分の作ったものが毎日倉庫に積み上げられていくだけと言うのは誰にも耐えられないのだ。


道


慣れないネクタイを巻き時にはスーツで、時には竹虎のジャンパーを着て何とか販売出来ないかと担当の方に話をするが全く相手にされない。電話一本繋いでもらうだけに、こんなに苦労するのかとこの時初めて知った。空回りばかり、肩を落とした惨めな男が歩いた道。最近ではあまり来る事はなくなったが今でも車で通りかかると思い出す、もう30年近くも前の事になる。


第6回環境省グッドライフアワード


竹など一体誰に必要とれさているのか?


「こんな竹なんか...!こんな竹なんか...!」


何万回、何十万回、いや何百万回思ったことか。腹いせまぎれに蹴った竹が自分に倒れて来る、額から流れる血に我にかえって竹を抱いた。


第6回環境省グッドライフアワード環境地域ブランディング賞、高橋俊宏、竹虎四代目(山岸義浩)


虎竹は土佐藩政時代には年貢として献上されていた虎模様の浮かびあがる特産の竹であり、竹虎には創業124年という歴史がある。知らない方からしたら順風満帆に見えてるのかも知れない。


第6回環境省グッドライフアワード、竹虎四代目


日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」の活動を前々からご覧になっていただいている方も多い。しかし、竹虎が変わりはじめたのは数えきれないほどの多くの恩人の皆様のお陰である、そして自分達にしかない虎竹の本当の価値を知ってからだと思う。


今回の受賞式には、そんな地域資源を大切にされている方々が来られている。同じ四国から、全国各地から自分の全く知らない素晴らしい活動が続く。それぞれの明るい笑顔を拝見しながら虎竹の里の事を一日中ずっと考えていた。













| コメント(0) | トラックバック(0)


第6回環境省グッドライフアワード環境地域ブランディング賞を受賞!「竹虎四代目も歩けば棒に当たる」は本当だった!?  

2018年11月17日

竹虎四代目(山岸義浩)


先日の30年ブログ「竹虎四代目も歩けば棒に当たる」でお話しさせて頂いたように火傷は自分の不注意でした。熱く熱く熱せられた鉄管に額をゴツンと当ててしまうとは...。しかし、本当に職人との話が面白く熱中していて瞬間的には痛くてヒリヒリ感が続くものの、その後はそこまで痛く思わないので「大したことは無かろう」と、そのままにしておいたのです。


後で痛みのない火傷は気をつけないといけないとか、感染症だとか色々教えてもらいました。そう言われると額など薄い皮膚一枚ですぐに頭蓋骨ですから注意せねばならないのかも知れません。翌日、皮膚科に行く事になったのは前回のブログの通りですが、とにかく皮膚科は混雑しています。アトピー体質なので子供の頃から通っている病院があるのですが駐車場すら停められないので、今回は火傷だし新しい所で簡単に診察してもらおうと思ったのが間違いの始まりでした。


何処に行っても2時間、3時間待ちは当り前です、こんなに患者さんが多いのは季節のせいでしょうか?4軒目に辿りついた今月閉院予定という医院も待合室はいっぱいでした。閉院するという事は通院できないと言うことなんですが、どうせ今回限りと思っていたので待たせてもらう事にしたのです。


竹炭石鹸


自分自身がそうなので良く分かります。アトピー体質で痒みがあってもステロイドや竹炭石鹸、竹酢液などでケアしています。


竹酢液お風呂


病院にまで来るというと結構症状が重くなってからなのです、それでこれだけ多くの患者さんがいるという事はおそらく、この何倍、何十倍と皮膚のトラブルで困っておられる方がいるはずです。一番の原因は食品だと思っていますが、竹がこのような人々のお役にもっと立てる事があるはずだと思いを新たにしています。


さて、火傷のキズの方ですが閉院前にもう一度だけ診察したいと先生が言われるので行ってきました。すると、ご高齢の先生が目をキラキラさせて「こんな子供並みの回復力は初めて!」と驚かれます。「好き嫌いなく何でも食べているでしょう?」全くその通りなんですが、子供並みの知能とは言われた事は多々あったも、子供並みの回復力というのはありません。いつも成長の早い竹の近くにいるからでしょうか?まあ、いずれにせよ、こうして無事ガーゼを取ることもできてメデタシ、メデタシでした。


日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」


そして、ゴツンと当たったから何か凄いラッキーが当たるかも?と前回のブログで言っていましたけど、ありましたっ!ラッキーが!何と、第6回環境省グッドライフアワード環境地域ブランディング賞を受賞させて頂いたのです!


「日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」が走る! 地域資源虎斑竹と共に100年」、本日は青山TEPIAホールにてカンファレンス&表彰式が開催されます。













| コメント(2) | トラックバック(0)


ドライブイン「ストップ」特製鉄板焼肉

2018年11月15日

ストップ特製鉄板焼肉


小さい頃は高知県には高速道路も無かったし、道路事情も悪く虎竹の里から高知市内まで車で移動するのに混雑したら3時間近くかかる事もあった。だから祖父は必ず途中のロードサイドの店で休憩していた、その日はたまたま昼時になったので中間地点である土佐市にあるドライブイン「ストップ」で食事をする事になりました。


日本唯一の虎竹


本当に長い間行く機会がなかった店なのですが、先日はたまたま45年ぶりに食事をする機会がありました。注文は、もちろんあの時と同じ看板メニューである「ストップ特製鉄板焼肉」。高速道路が出来てからは、ほとんど通る事のなくなった国道脇で、今でも変わらず同じメニューで営業続けている事に感動します。


虎竹タガワインクーラー


食べ物や、香りというのは不思議です、遠い記憶が瞬間的に蘇ってきます。ジュージュー湯気の立ちのぼる向こうにボクには優しかった竹の鬼と呼ばれた男がいるような気がします。インターネットを見るとグルメランキングなどが沢山あって次々と新しい店が登場し、流行もあれば見た事もないサービスが生まれていますが、やはりこうして長く続けられている店こそが素晴らしい、本物だと感じます。













| コメント(0) | トラックバック(0)


続・凱旋!日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」

2018年11月10日

竹トラッカー、竹虎四代目、通天閣


もう距離は少ないとは言え、電池が少なくなっている以上はのんびりばかりもして居られません。何せ竹トラッカーはエコな電気自動車ですからガソリンスタンドで気軽に燃料を入れられないのです。動くなくなったらピタリと止まりますので後は電源を貸してもらえそうな所を探さねばならなくなります。





急ぎ、御堂筋を南下して淀屋橋からナンバ高島屋前、そして通天閣を横に見ながら走りました。実は今回、日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」凱旋の機会に大阪市内の本政寺にお参りするのが一番の目的ではありましたが、ちょうど菩提寺から数キロのところにあるギフトラッピング用品、包装資材の通販を手掛ける株式会社ヘッズ(HEADS)様にも、どうしてもお伺いしたい理由がありました。


竹トラッカー、竹虎四代目(山岸義浩)


若干の寄り道になりますので電池の残量が気になります。電池使用料は距離だけではなく勾配も大きく関わっているのは「チャレンジラン横浜」での箱根越えで痛感しています。


ややっ!?燃料がいつの間にやら一目盛になっています!まずい!


竹トラッカー燃料メーター


あと数キロしか走れないところに来ていますが、ここにきて道に迷ったり...ところがとうとうHEADS様の社屋発見!





こちらのHEADS様にはご縁を頂いて少し前に会社見学をさせていただいておりました。


株式会社HEADS様、竹トラッカー


社屋の素晴らしさや、お洒落で健康的な社内食堂まである設備にも驚きましたが何よりも社員の皆さんがイキイキと目を輝かせて楽しそうなのです。


株式会社HEADS様、竹トラッカー


その姿に感動して、是非今度竹トラッカーで大阪に来るときにはお邪魔させてもらいたいと考えていました。


株式会社HEADS様、竹トラッカー


そうしますと仕事の手を止めて社員の皆様がが大歓迎してくださり感謝感激!


株式会社HEADS様、竹トラッカー、竹虎四代目


記念撮影やら、充電やら、同行した竹虎スタッフが社内見学させてもらっている間に何と額縁に入れた記念ポートレートを制作いただきました!ありがとうございます!


株式会社HEADS様、竹トラッカー、竹虎四代目


幸せな時間を過ごさせてもらってから本政寺までラストラン。


本政寺、竹トラッカー、竹虎四代目(山岸義浩)


すっかり遅くなり暗くなってしまいましたが無事に辿りつけて世界竹会議の報告や、遠くメキシコまで無事に行って帰ってこられたお礼を言う事ができました。





本政寺の近くには、何度か輸送をお願いしているキャリアカーか待機してくださっています。


竹トラッカー、キャリアカー


フジテレビ「関ジャニ∞クロニクル」という番組に出演させてもらった時には横浜まで往復していただきました、そう考えるとメキシコから帰ったばかりの竹トラッカーも旅好きと言えるかも知れません。とにかく長い一日が終わりました。

















| コメント(0) | トラックバック(0)


凱旋!日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」

2018年11月 9日

藍住出口


いよいよ神戸港に帰ってきた日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」を引取りに行く朝がやってきました。行きの高速道路、まだ暗いうちに高知を出発し徳島道を藍住出口まで走ると正面には雲の切れ目から神々しい光が差しています、あれは「天使の階段」と言われる美しい光景。これは今日は何か良い事がありそうな予感なのです。


松菱運送、日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」


神戸港、思ったより広くて迷いながら受取先の松菱運輸株式会社さんの倉庫に到着です。大きな倉庫の片隅に小さな車体を発見!日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」です。





充電をお願いしていたお陰でバッテリーは満タン。今日はこれから大阪市内にある山岸家菩提寺・本政寺を目指すのです。受取先の変更で距離が8キロほど延びてしまいバッテリーはギリギリの状態、そしてそれよりも長旅の後なので普通に走ることができるのか緊張の一瞬でした。


神戸港の竹トラッカー、竹虎四代目(山岸義浩)


快調な滑り出しに満面の笑みを浮かべる竹虎四代目。





神戸のシンボルである神戸ポートタワーや神戸市立博物館の横を通り、三宮の街中を疾走。


日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」


いよいよ本当に日本に帰ってきた実感が沸いてきました。国道2号線と43号線を大阪方面へとひた走ります。


竹トラッカー、淀川


淀川を渡ったところでトラブル発生!?


竹虎四代目、淀川


大都会の大阪で車一台しか通れないようなこんな細い道を走るがやろうか!?ナビが間違っているのではないか?堤防の上に登って辺りを見渡しますが、田舎者の自分にはサッパリじゃ!


竹虎四代目、大型トラック運転手さんと竹トラッカー


そうこうしていると、大型トラックが一台急停車!大阪は、やはりコワイ、運ちゃんが飛び降りてきたのです!


「おんどれ!何やっとるんじゃあああ!」


と怒られるかと思いきや


「写真撮ってエエやろか?」


休日にはハーレーに乗るライダーなので、こんな変わった車が大好きだそうです。ああ、助かった...。





それでも何とか梅田新道に到着、ここ辺りからは土地勘あります。何とかなりそうです。


竹虎四代目、梅田新道、竹トラッカー


余裕の表情を見せていたのも束の間。


竹虎四代目、竹トラッカー


ここまでで既に37キロも走ってしまって、電池残量が三目盛になっています。一目盛が約8キロ...今日は荷物がないので10キロくらいは行けるか?しかし道に迷ったり何かあったらアウトのギリギリの電池量です!














| コメント(0) | トラックバック(0)


竹虎四代目も歩けば棒に当たる

2018年11月 8日

竹虎四代目、箕


「ゴツン!」大きな音を立てて額をぶつけてしまいました。出先の工場で職人との話に夢中になっていて気づかなかったのです。普通ならそう問題もないのですが、当たったのは高温の湯気をモウモウと吐き出す排気管。ヒリヒリした痛さから火傷した事は分かったものの、やはり話が面白くそのままにして半日過ぎました。


帰りに一応薬局に立ち寄ってみると「これは病院です!」とキズを見せるなり店員さんに言われます、薬剤師も店長も出てきて「早く医師に診せてください。」しかし、知った病院もないし既に夕刻です。痛みも無いしそのまま塗り薬をつけて帰社しました。


虎竹の里


翌日、皮膚科に行くことにしましたが、実は痛みのない火傷は気をつけないといけないそうです。かなり深く火傷を負っているので、ここ1週間が勝負と先生は言います。何の勝負か?と思いましたが、火傷は軽くみないで少しでも早く病院に来ないといけないとの事でした。


竹工場


まあ、この歳なので額にキズが残ろうが問題ないのですが。しかし、あれだけ熱いものに当たりました。もしかしたら何か凄いラッキーな当選があるかも知れません。














| コメント(0) | トラックバック(0)


いくつかの故郷

2018年11月 2日

竹虎四代目、日本唯一の虎竹


誰でも故郷を持っていると思います。生まれた場所、育った町、色々あるでしょうが、何かの拍子にその場所に帰りたくなることはないでしょうか?なかなか遠くて簡単に行けない場合もあるかも知れませんが、自分の場合にはその点は近くにあり幸せであると思っています。


懐かしい大阪の下町


久しぶりですが、ここにやって来ました。ここは大阪の下町、親戚のおじさんが昔ながらの米屋を営んでいた所です。今ではすっかり跡形もありませんが、小さい頃から祖父に連れられた出張の際には定宿にさせてもらっていたので薄暗い店内や大きな精米機械、強烈な米の香りと共にコメ袋の上でいつも出迎えてくれた飼い猫の鳴き声までハッキリと思い出します。


ここから遠くない俊徳道の駅近くにも米屋の親戚があって大学時代にはあれこれと世話になったものです。そういえば祖母の2人の姉は米屋に嫁いでいます、実家が天満で「かね又」という食堂をやっていたせいかも知れないなあ、そんな事を考えながらすっかり様変わりしている町を歩きます。


二代目義治


北から南まで竹の産地、工場、職人をくまなく回った古い記憶が何かの拍子に蘇ってきます。そのひとつひとつも、まるで故郷のように感じる事があるのです。














| コメント(1) | トラックバック(0)


44年ぶりの朝ケ丘中学校、総合学習の講師

2018年10月27日

朝ケ丘中学校、総合学習


須崎市内にある朝ケ丘中学校の総合学習の講師依頼をいただいておりました。地元のこれからを担う方々に竹虎のお話しを聴いていただく絶好の機会ですので当日を心待ちにしていたのです。はじめてお伺いした校内ではお会いする生徒の皆さんが玄関で廊下で教室で、それぞれが大きな声で挨拶してくれて本当に気持ちが良かったです。そしてふと先々月だったか竹虎の月一回開催している全社会議に、自ら参加された須崎高校の生徒さんを思い出していました。


朝ケ丘中学校、総合学習「NO BAMBOO NO LIFE」


全社員の前でもハキハキと意見を述べられて、社員も感心するほどの、しっかりした考え方を持たれた生徒さんでしがこれからの若い中学、高校生がこのように礼儀正しく自分の考えて行動できる方がいるのなら少子高齢化が問題となっている高知の未来はそう心配することばかりでは無いような気がしてきます。


朝ケ丘中学校、総合学習、竹虎四代目


さて、総合学習の内容ですが小学生や中学生にお話しをするのが実は一番難しいのではないかと思います。しかし、それでも日本唯一の虎竹を知ってもらい、自分たちのような小さな田舎の竹屋が、どうして「竹トラッカー」のような虎竹電気自動車を製作したのか?そして世界竹会議に参加させてもらった経緯や、遠くメキシコまで運んだ竹トラッカーで走行した様子などご覧いただく事で、これからの皆さんの可能性は無限だと感じてもらいたかったのです。


朝ケ丘中学校、総合学習「NO BAMBOO NO LIFE」


「NO BAMBOO NO LIFE」


自分がいつも口にする事もお話しさせてもらいました。色々なところで言うのですが実は意味は分からないかと思って試しに聞いてみたのです。


朝ケ丘中学校、総合学習


そしたら見事に大正解!なんと久礼大正市場で最近できた「NO KATSUO NO LIFE」Tシャツを知っている生徒さんがいたのでした。それにしても、この意味を知っているとは素晴らしい!総合学習の授業に来られていた生徒の皆さんも「●●●のない人生なんて無い」そう思えるような自分の道が見つけられることを願っています。


朝ケ丘中学校、竹虎四代目(山岸義浩)


そうそう、そう言えば実はこの朝ケ丘中学校には小学校の時のソフトボール大会で来させてもらったことがありました。昔の話なのに相手チームまでも覚えています、確か田野々小学校でした。以前、練習試合で対戦したことがあって、その時に要注意とチェックしていたスラッガーの選手が右中間への大きな当たり!センターを守っていた友人が一度はグラブに入れたものの落球してしまって「ああっ!」と思ったのがこの辺りです。大人になって見てもバッターボックスからは、かなりの距離がありますので小学生にしては凄い打球だったのだと改めて思います。


朝ケ丘中学校、総合学習、竹虎四代目(山岸義浩)


サードの定位置から見たあの瞬間をハッキリと覚えているとは...あれから44年という時間が経っています。














| コメント(0) | トラックバック(0)


「NO BAMBOO NO LIFE」竹のない人生など無い

2018年10月22日

大正市場、田中鮮魚店の田中隆博さん、Maryvonne Wetsch、竹虎四代目


虎竹の里から車ですぐの漁師町久礼は昔からカツオ漁で有名です。あの青柳裕介の漫画「土佐の一本釣り」の舞台となった町であり自分が小学校の時に映画化された時には知った街並や風景が大きなスクリーンに映し出されて興奮したものです。ちなみに準主役八千代役として、解散したキャンディーズの田中好子さんが初出演された映画で話題にもなりました。


鰹


久礼大正市場には今朝も立派なカツオがあがっています。昔の安価な時であれば一匹数百円という事もありましたが、近年はカツオ資源も心配せねばならないくらいだそうですので大きな鰹は価格もそれなりです。


鰹のたたき


田中鮮魚店の田中隆博さんが鰹のタタキを焼いてくれます。フランスから初めて虎竹の里に来られたMaryvonne Wetschさんは来日14回という日本通ではありますけれど藁の豪快な火で焼くのはあまりご覧になられた事はないのではないかと思います。


鰹のタタキ


実は久礼や須崎辺りでは鰹はあまりタタキにはしていませんでした、新鮮な鰹はそのまま「生」で食べるのが一番なのです。自分も小さい頃から食べ飽きるほど食べていたのはナマ、タタキは大人になって県外の方と食事をとる機会が増えてからの事でした。焼いたとしてもかなり薄く、それが山間部や漁港から遠い土地になると高知の中でも焼きが厚くなるので面白いものです。


久礼の素晴らしいところは人気のタタキも食べられるし、昔から地域で食されてきた鰹の「生」文化に触れてもらえる事かと思います。


田中鮮魚店の田中隆博さん


さて、鰹のタタキも燃える、漁師町久礼が熱くなっています。大正町市場のTシャツもできたらしいのです。田中さんの胸にも白抜きで鮮やかに「NO KATSUO NO LIFE」と書かれています、竹虎は「NO BAMBOO NO LIFE」と2011年から、ずっと言い続けてきました。この炎が、ずっと広がっていけばいいと思っています。

















| コメント(0) | トラックバック(0)


いよいよメキシコから凱旋!日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」

2018年10月18日

日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」


世界竹会議に出陣していた日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」がいよいよ帰ってくる事になりました。メキシコからの出国で何かあったり、寄港先でトラブルがあったりして本来なら9月末にも帰ってくるはずだったのが2度、3度と遅れて遂には11月まで延期かも?との連絡まで来ていました。


日本を出発する時には暑い、暑いと言っていたのに、これでは到着する神戸港から大阪市内の菩提寺まで墓参りに走るのに風が冷たくなるかも?などと思っていた矢先本日遂に電話がかかってきて帰国の日程がほぼ確定したようです。今までは遅れる予定だったのが今度は反対に早まって来週末には引取りさせてもらえるとの事です!


お客様から竹虎への葉書


先日、お客様から心温まる嬉しい手書きのお葉書をいただきました。その中には日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」を描いてくださっている物もありました。世界竹会議のために作った虎竹和紙の幟旗まで綺麗に書いていただいて本当に皆様に応援いだたいているのだと言うことが伝わってきます。


神戸港から大阪中央区の本政寺までは40キロ程度、しかし実際にはもう少し大阪寄りの倉庫からスタートしますので途中寄り道しても十分電池燃料はもってくれる距離ではあります。走り切った所にはトレーラーでお迎えに来てもらっていて虎竹の里まで運んでもらう計画です。













| コメント(2) | トラックバック(0)


<<< 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.