「健康の贈り物」青竹踏みギフト

 
青竹踏み乾燥


これは一体何でしょうか?パッと見にはお分かり頂けない方もおられるかも知れません。実は青竹踏みを天日干ししているところなんです、乾燥させた竹材を使用していますけれど湯抜きした青竹をそのまま加工して塗装もせずに仕上げますので管理が大変です。ズラリと並べてカビのきやすい内側の身部分をこうして太陽に晒しています。


さて何も言わなければお気づきいただけない方がほとんどだと思いますのでお話させていただきますが、竹虎の青竹踏みにはご覧にになっていただいています通り全て節が二つ入っています。厚みのある孟宗竹で製作する上に更に強度を考えて丈夫な節部分が取れるように作っていくのです。


青竹踏み


何でもないような事ですが、実は竹の節の間隔は元が狭く、ウラ(先端)に行くほど長くなりますので皆様が思う何倍もの竹材が必要となる非常に大変な事なのです。


孟宗竹、竹虎四代目(山岸義浩)


こうして孟宗竹の竹林を歩きましても頃合いの竹がどれくらいあるでしょうか。そして、その一本の竹を41センチの青竹踏みに取っていくのに単純に端から切断していけばよいという訳でなく、節を二つ入れねばならないとなると比較的にお求めやすいこの製品にも竹材が厳選されているのがお分かりいただけるかと思います。


青竹踏み比較


青竹踏みには孟宗竹で製作した定番タイプと、細身の真竹で製作するピンポイントに効く強力青竹踏みがあります。室内で簡単にフミフミできますので「健康の贈り物」として先様のお名前を刻印して差し上げるのはグッドアイデアではないかと思いました。




孟宗竹からスマホ首(ストレートネック)対策の竹首枕

 
孟宗竹、竹虎四代目


日本はつくづく自然が豊かな国だと思います、そして以前は小さな国だと思っていましたけれど改めて地図を見直してみると北は亜寒帯から南は亜熱帯まで長くのびた国土には樹木の種類が多くて何とヨーロッパの倍だと言います。少し意外ですけれど驚くのはまだ早いです、竹の種類は世界で1300種類ですが実にその半分近い600種類が日本に自生しているのです。四季があり多様性に満ちた素晴らしい環境があるという事が、こうして山々を見るだけで分かります。


さて、そんな沢山の竹類の中で三大有用竹と言えば孟宗竹、真竹、淡竹(はちく)です。本日は直径、高さとも最大級の孟宗竹で作られる竹製品のひとつ竹首枕について少しだけお話しさせていただきます。


竹首枕へのお客様の手書きのお声


先日手書きのお葉書が届きました、竹首枕をご購入いだたきましたお客様からでした。「10分だけ使うつもりが、あまりの気持ち良さにそのまま朝まで寝てしまいます。」とあります(笑)、竹首枕は最近多くなったスマホ首の改善用に竹の丸い特徴を活かして製作したものなのです。


スマホ首とは、ストレートネックあるいはクレーンネックとも呼ばれていて湾曲しているはずの首の骨(頸椎)がまっすぐになり、頭の重みや首への負担を分散できない状態になっていることを指します。今は誰でも持ち歩いているスマホを長時間使用される若い方にも増えている現代病と言ってよいかと思います。症状がすすむと肩こり、眼精疲労だけでなく頭痛や吐き気、不眠なども引き起こすようなので首を当てるとヒンヤリ心地よい竹枕がお役に立てればと思っているのです。


孟宗竹炭化加工


竹首枕に使われる厳選された孟宗竹が炭化窯から出されて来ました。青々としていた表皮は高温と圧力で蒸し焼き状態にされて茶褐色に変化しています。この竹素材をどんな風に加工して皆様のお手元に届く竹首枕に製造していくのか、動画で紹介しています。




竹虎ロゴ入りマスク

竹虎四代目(山岸義浩)、竹虎マスク


昨年からマスクが手放せないようになりました、外出時に持つバッグに何枚か入れて持ち歩いていますし車の中にも常に何枚か置いてあります。虎竹の竹林で伐採していたり、一人工房で黙々と仕事をする職人はさておきマスクをしていない人を見かける事もありません。顔の表情が分かりづらいので、マスクはあまり好きではなかったのですが、これだけ長い間使い続けていると不思議なことにすっかり慣れ親しんできました。


竹虎ロゴマーク入りマスク


そこでせっかくマスクをするなら竹虎ロゴ入りマスクをしたいと思って作ってみたのがこれです。数色ある中から選べますので今回はロゴマークを際立たせるために黒色にしました、黒いマスクをするのは実はこれが初めてでした。


竹虎社員


結構気に入りましたので社員全員に配ることにしました。しかし、さすがに毎日するマスクではありますものの普段の生活で会社のロゴマーク入りマスクを着けては歩くのは自分だけかも知れません(笑)。


竹炭マスクg


マスクと言えば実は竹炭マスクを昨年夏前に作っていました。竹炭綿入りで厚みがあって夏場は暑くて大変でしたけれど、この寒い冬には暖かさもあって社内でも何人か使ってくれています。サイズが大き目なのも良いようです、けれど本当は早くマスクなしで生活できる日が一日も早く来るように心から願っています。




スマホ首・ストレートネック改善の竹首枕の作り方

スマホ首に竹首枕


田舎と違って公共交通機関の発達している都会では電車やバスに乗る機会も多いせいか乗車中や待ち時間にスマートフォンをのぞき込む方を多くみかけます。乗り込んだ車両のほとんどの方がスマホ片手に指を動かしたり、イヤホンで何か音楽を聴いたりしているのは普通の事ですが、先日は信号で停車した隣の車がドライバー以外は皆がうつ向いてスマホをいじっていたのには少し違和感を覚えました。


まあ、それくらい当たり前に皆様が使っているという事ですけれど、それに伴ってスマホ首とかストレートネック、あるいはクレーンネックなどと呼ばれる症状が増えてきているようです。本来自然な曲りのある首のカーブが真っ直ぐになってしまい肩こりや頭痛の原因になるといいます、そこで竹の曲りを活用した竹首枕の登場です!この使い方はYouTube動画にしていますので、ご関心のある方はご覧ください。




竹首まくら炭化釜


竹首枕に使う竹は日本最大級の孟宗竹という種類の竹で直径が太く、身の厚いのが特徴です。天然の竹はそれぞれ大きさや性質も違いますので熟練の職人が厳選したものを炭化釜に入れ140度の高温で約30分間熱処理ましす。竹内部の空気が膨張して割れないように節には穴を開けています。


竹首まくら炭化加工


釜から出したばかりの竹材から湯気が立ち上ります、こうやって蒸し焼き状態にして余分な油分を取り除き防虫、防カビ効果の高い竹材にしているのです。


ストレートネック竹炭首枕材料の孟宗竹


竹首まくら素材


炭化した孟宗竹の素材から表皮を削り塗装と磨きを3回も繰り返して竹首枕は仕上げられます。


竹首まくら塗装


昔から頭寒足熱とは頭部を冷やして足を温めることが健康の基本と良く耳にしていました。竹のヒンヤリした心地よい感触は枕にも最適なのです。




運動に良い季節、室内でも青竹踏み体操で健康生活

 
孟宗竹


この孟宗竹は日本最大級の竹で江戸時代に大陸から渡ってきた頃には、その大きさから大変な人気でした。大きく美味しい筍、建材や細工用としての実用的な用途の他に、武家の間では孟宗竹を庭に植えてあることがひとつのステータスシンボルのようにもなっていたと何かで読んだ事があります。


孟宗竹


本など見ずとも孟宗竹が、日本の津々浦々にまるで在来種のように成育していることが当時の大歓迎ぶりの証です。60年に一度しか花を咲かせない竹なので全国各地で見られる孟宗竹は人の手で移植されています、ところが利用される事のすくなくなった現在では、竹の驚くべき早さの成長力と強い生命力が裏目となり少し厄介者のような扱いにさえなっているのはいかがなものでしょうか?


青竹踏み


孟宗竹の活躍の場を少しでも用意したい、そんな思いも込めた青竹踏み。旬がよくなって新竹で作られたものを天日干ししています。これから寒い季節に向かいますものの水分を含んだ竹はカビの心配があるからなのです。竹虎では小さなお子様からご高齢の方まで健康づくりに活かせる「青竹踏み体操」を作りました。お手元にある青竹踏みをより楽しくご愛用いただけるかと思っています、是非一度お試しください。




青竹踏み体操

青竹踏み体操


昨日の「「世界竹の日(World Bamboo Day)2020」は心配していた天気が何とかもって店舗前の駐車場に社員一同が揃って青竹踏みを使った「青竹踏み体操」を披露することができました。青竹踏みの良さは誰がご覧になっても一目で竹だと分かる所、そして自然の竹を使っていますので其々に形が微妙に異なっていて足裏に当たるカーブが色々と事です。初心者の方は、ゆるいカーブで踏んでいただき、慣れてくると急なカーブで強めの刺激で足裏マッサージを楽しめます。


YouTubeのライブ配信で社員と一緒に踊る青竹踏み体操に初めてチャレンジでした。自分は間違えてばかりでしたが、さすがに社員は毎朝朝礼でしっかり練習していただけの事はあり予想をはるかに上回る出来栄えにビックリでした。この動画を観て天然竹の青竹踏みを知る若い世代の方がいれば嬉しいし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で世界中の皆様が家にいる事が多い中、お子様からお年寄りまでお部屋で簡単にできる体操でリフレッシュしてもらえたらと思っています。




梅雨時の青竹踏みについて

竹踏み(炭化竹)


梅雨がやってくると気になるのが「カビ」です。特に孟宗竹や真竹を素材に近いまま使う青竹踏みなどには毎年カビには神経を使っています。この時期にはカビ防止、虫防止に効果のある高温と圧力で炭化加工した竹踏み(炭化竹)が頼りになります。しかし、炭化した茶色の色合いに好みが分かれるのか?やはり、せめて最初だけでも青竹踏みは青々とした竹の色を感じられたい方も多いのか?定番の青竹が人気傾向ではあります。


青竹踏み乾燥作業


青竹踏みは竹を半割にしただけの簡単な加工品と思われがちですけれど、油抜きという加工をして余分な油を取りのぞき耐久性を高めています。青竹踏みと言えども実際は「青竹」ではないのです(笑)また、竹虎の製品は強度を保つたけに全ての竹踏みに2節入れています。竹は節間が長かったり、短かったりしますので使えない竹材もかなり多くでます。


とはいえ大量に伐採した竹材から数百単位で加工していきますので品質管理は大変です。晴れた日には天日干しをして、天気が悪ければ大型扇風機で風を当てて水分量が適正になるまで乾燥させています。お手元に届きましたらすぐに開封して、湿気の多いところで長期間保管したり、ビニール袋に密閉したりすることは避けてください。そして、こちらの動画にありますように正しくお使いいただき健康にお役立ていただきたいと思っています。




初めての方におすすめするセット

虎竹の里、竹虎四代目(山岸義浩)


せっかくのゴールデンウィークですが、今年はコロナウィルスのため外出を控えねばなりません。竹虎本店も先月よりずっと臨時休業させていただいておりますが、お陰様でインターネットを使って初めてご来店されるお客様がチラホラとおられるようです。




最近少しづつ配信させてもらっていますYouTubeも色々と探しているうちに偶然に竹虎を見つけられて、嬉しいお声をいただくことも増えたように思います。先日も「感動!孟宗竹と淡竹で編まれる伝統の技。これぞ熟練職人!国産竹ざるの編み方」という動画は何と再生回数が知らない間に17万回を超えてますが、初めての方がたまたま観たとメッセージいただきました。


お客様の声


日本人と竹は長く寄り添い生活の中で密接に結び着いていたものの、若い皆様でしたら初めて竹虎に来られても一体竹が何なのか?どんな製品?どうやって使う?もしかしたら「?」ばかりかも知れません。そこで竹の入門編として送料無料にて「竹のある暮らし」セットをご用意しています。


セットに入っています竹炭の洗い水という竹炭生まれの洗濯用洗剤には、お客様からのご感想を沢山いただいてますのでこのようなチラシも作りました。しかし、実は他にも多くの皆様からご愛顧いただくスグレモノが結構あるのです(笑)。




そして、この竹のある暮らしセットは、こんな感じで梱包させてもらいお届けさせていただいています。日々変更する事もある手順ですが大切にする心は同じですので仕事の様子をYouTubeで配信しています。送料無料がお求めやすいですし、今はご自宅にいて運動不足の方も増えているように聞きますので日本古来の健康グッズである青竹踏みがセットに入っているのはお役に立てるのではないかと思っています。


「こんなモノが欲しかった!」きっと見つかる、あなたの青竹踏み

青竹踏み


高知県でもコロナウィルスによる感染拡大を受けて、不要不急の外出を自粛する呼びかけが日増しに強まっています。自然に囲まれた地域でも外に出る機会が減ると明るい気分にはなりにくいのですが、コンクリートに囲またれ都会なら尚の事ではないかと思います。


身体が鈍らないように室内でできる簡単な運動やストレッチで身心のリフレッシュをしていただきたいと思います。そして、そんな時に忘れずに簡単でお手軽な日本古来の健康法、青竹踏みで足裏マッサージはいかがでしょうか?丸い竹を半分に割ってカマボコ状にしただけの何ということのない道具のようではありますものの、実はその効果は絶大!昔からずっと使われて続けてきたのには理由があります!


しかし、近年は青竹踏みを知らないという若い方も増えてきていて、日本の家には一本必ずあると信じていた自分など本当に驚いてしまいます。そこで、まず青竹踏みの事を深く分かりやすく知っていただくべくYouTubeでそれぞれご紹介しているのです。




まず、青竹踏みと言えばコレ!という定番の青竹踏みです。日本最大級の孟宗竹を使って、肉厚で丈夫、そして初めての方でも使いやすい緩やかなカーブが特徴で一番多くの方に愛されている竹踏みを解説しています。




次に、青竹踏みと一口に言いましても何種類かのバリエーションがあります。簡易な製品に思えるかも知れませんが、竹虎は当然国産にこだわります。日本の竹、日本の職人が作りだす老舗竹屋ならではの種類と品数は圧倒的、それぞれの種類の特徴を分かりやすいように動画にしました。




最後は青竹踏み上級者の方だけにオススメする超強力タイプのご紹介をしています。通常の青竹踏みが孟宗竹という日本最大級の竹で製作するのに対して、こちらは少し細身の真竹を使いました。元々は竹虎社員の声から生まれた商品です、細い竹材を使用する事によってアールの急角度でガツンの刺激のくるので今までにない心地良さなのです。


青竹踏みを使い慣れない方にはご案内できかねますけれど、今までの青竹踏みに満足できない上級者の方でしたら「こんなモノが欲しかった!」と喜んでいただける逸品、是非ご自宅でゆっくりと味わっていただきたいと思っています。


旅先で疲れてた足をリフレッシュ!手の平サイズの秘密兵器

新聞掲載フランス国内巡回展「日本の日常生活の中の竹」


フランス国内巡回展「日本の日常生活の中の竹」の事を高知新聞に掲載いただいております、記事にありますように展示は5月のリヨン、10月からのツールーズと続いていきます。日本の生活の中で鍛えられた逞しい竹編みをフランスの方にご覧いただきたいです。


竹虎四代目


さて、今回のパリ出張では主催者の皆様に良くしていただきギャラリーではもちろんの事、宿泊ホテルもすぐ近くに用意いただき何不自由ない滞在生活でした。余談になりますけれどパリ市内のホテルには今まで数軒泊まらせていただきましたが何処も素晴らしく気持ちのよい方ばかりです。それはフロントだけでなく掃除に来られるスタッフの方まで笑顔がやさしく今度またここに宿泊したいと思ってしまいます。自分ように言葉の話せない東洋人だから特にそうなのかも知れないと思いつつも見習いたい所です。


まあ、しかし大方の出張や旅行では気疲れもありますし普段より歩く事も、立ちっぱなしも多く足に疲労がたまりがちです、そこで宿泊先のホテルから竹虎四代目がお届けするのは歩き回って疲れてた足をリフレッシュさせる秘密兵器です!




それが携帯用青竹踏み、サイズは通常の半分で小さく軽いので荷物になりません、それでいて強度維持のために必ず節を付けている、まさに創業126年老舗竹専門店竹虎ならではの、こだわりです。通常の青竹踏みは日本最大級の竹である孟宗竹を使いアールがゆるく初心者の方でも気持ちよく使えるように製作していますが、動画に紹介する強力タイプは一味違います!


青竹踏み


上級者や足の疲れのひどい方にも必ずや大満足いただけるよう足のピンポイントに足裏のツボを刺激する急カーブなのです。このアールを生み出す秘密は何と丸竹を半分カットではなく「6:4」の比率で使う贅沢カット!1本の竹から1つしか製造できません。身が厚く、細い頃合いの真竹を使ったスグレモノ、出張や楽しい旅のお供に最高です。


青竹酒器


そうそう、パリ展示会の前夜に開催されましたレセプションで竹酒をお楽しみいただきたいと思って用意いたしました青竹酒器、青竹盃、実はこれが強力青竹踏み踏王(ふみお)くんの材料となる同じ真竹です。酒器に使う素材はちょうど位の太さ、一方盃に使うのは細いウラ(竹先端)の部分ですので色々な竹製品が販売されるのは一本の竹を無駄なく活用することに繋がります。


ところが現実にはそう簡単にはいきません、青竹踏みに使える竹材のサイズは決まっていますので何倍もの竹の中から厳選して選り出さねばならず豊富な竹材量を確保できないと製造は不可能です。このような細身の強力青竹踏みへのお客様からのご要望は少なくないとは思いますが何処にも販売されていないのはこんな理由があります。