竹屋黄金率!?今までの青竹踏みに満足できない方だけにオススメ

強力青竹踏み


普通の青竹踏みに満足できない...?普通とはどういう事だろう?普通の青竹踏みと、普通でないものがあるのか!?と思われる方は今日の30年ブログは必見です。そもそも青竹踏みは日本古来の健康法で半割の竹をフミフミするだけの誰でも、いつでも、どこでも手軽に簡単にできる事から長く愛用されてきています。ところが、この青竹踏みすら現代の竹離れ現象の中で忘れさられようとしているので、自分はちょっとした危機感を持っています(笑)。


孟宗竹


危機感の話は少し置いておいて、通常の青竹踏みは孟宗竹という竹で作られます。日本最大級の竹で、日本全国どこの里山に行っても見かける事のできる竹です。太さだけでなくて厚みもあり丈夫ですから青竹踏みとしては、打ってつけの素材なのです。


青竹踏みと踏み王くん


ただ、直径が大きいために半割にした時のアール(足裏に当たる曲り部分)は緩やか、これが一般的な画像右側にある普通の青竹踏みです。一方、細くアールが急な角度になっている左側が普通ではない、ワンランク上の強力青竹踏み踏み王くん、こうして比べてみるとまさに一目瞭然!


細い竹と言いましても、しっかりした肉厚の真竹を使い耐久性はバッチリ。さらに良くご覧いただきたいのですが、踏み王くんの方は単に一本の竹を半割にしているのでは無いのがご確認いただけますでしょうか?何と足裏にピンポイントにグイグイと刺激を効かせるために6:4の竹屋黄金率で切り割りしています。半割して1本の竹から二本できる普通の青竹踏みに比べて、1本の竹から一個しか製造できないのです。


雑誌掲載の青竹踏み


実はこの上級者用とも言える強力青竹踏み踏み王くんは、ボディバランス整体師としてテレビ・ラジオでも有名で「足を温めると健康になる」「足裏のゆがみをとればやせられる」「朝に効くツボ 夜に効くツボ」等の著書もあられる吉田佳代さんに雑誌でオススメいただいています。


真竹製青竹踏み


それでは、そんな良い製品がどうして今までなかったのか?大きな理由は竹材がないからです。踏み王くんは、竹虎の社員からのリクエストで生まれた製品なのですけれど細身の竹踏みのためには真竹を使わねばなりません。しかも41センチという長さの中に強度を考慮して節を2つ入れています(この節を考えなければ、もっと沢山製造できる)。


竹は竹林に無限に生えているように見えるかも知れません。しかし、筍から生えて3年、あるいは4年竹を厳選し、根元が太くてウラ(先端)に行くほど細くなり、節間も長くなる天然竹の中から直径5~7センチの規格に二節いれる竹だけとなると大変です。


真竹、青竹


1本や2本なら誰でもできるかも知れません。ところがこれを100本、1000本となると、竹材の確保だけでも容易ではないのです。それも長い竹の中から使える部分というのは決まっているので、大量に製造すれば大量にできる端材の利用も出来ねば継続できません。




青竹踏み保管


だから、真竹を使った細身の青竹踏みがあればなあ、と思う方は多かったと思いますが世の中に流通させるほどの製造量はなく、皆様が目にする機会はなかったという訳です。


変形した青竹踏み


普通の青竹踏みでも慣れない方は土踏まずが痛いと言われます。そんな場合には少しづつ慣らしていかねばなりません、ところが踏み慣れてくると段々と刺激が足りなくなって当社社員のように真竹の細い竹踏みの要望が出てきます。しかし、さらにそれでもまだ上には上があって、踏み王くん製造の過程で乾燥が十分にできていない竹材が、このように丸まってしまう場合があります。何を隠そう自分はこれくらいのレアな超強力青竹踏みを愛用しています。


これで青竹踏み体操でも出来て一人前です(誰でもできます)。




連休の運動不足に青竹踏み体操

青竹踏み


今年のゴールデンウィークもコロナの影響で旅行をはじめとしたお出かけを控えられた方は多いと思います。竹虎実店舗も1日(土)から本日までお休みを頂戴しておりまして、何件かの電話での営業の有無をお問合せを頂きましたが、全てお近くの皆様だったようです。さていよいよ明日から通常のお仕事です、連休のステイホームでなまった身体を軽く動かしたいという皆様には青竹踏みはいかがでしょうか。

 
炭化竹踏み


若い方々にとりましては少し物足りないかも知れませんけれど青竹踏みはただフミフミするだけではありません。昨年、竹虎では日本古来の健康法をもっと見直してもらいたいと思いま青竹踏みを使った体操を考案しました(笑)。下のYouTube動画を参考にされて是非お試しいただきたいと思っています。


孟宗竹


黄金週間最後の今日は雨、人にとってはあまり嬉しいものではありませんが、ちょうど今頃はドンドンと成長する孟宗竹の筍たちにとっては恵みの雨です。アッと言う間に竹皮を脱ぎ捨て竹となり背丈恰好は親竹と変わらないくらいに大きくなります。そして3~4年経てば伐採されて丈夫な青竹踏みと製造できるようになるのです。




強力青竹踏みの天日干し

 
強力青竹踏み


南国土佐の強い日差しの下、強力青竹踏みの天日干しをしています。足のむくみや疲労回復だけではなく近年色々な効果が言われている青竹踏みですが、コシのあるウドン作りの為に足踏みするウドン職人に頻尿の方がいないとテレビで放映されてから更に注目を集めているのです。


しかし自分が両手に持っている青竹踏みは、そんじょそこらにあるモノとは違います!普通の青竹踏みは孟宗竹という大きな竹で製造するのに対して、この強力青竹踏み踏王(ふみお)くんは何と真竹で作っているのです。少し小振りな竹である真竹を使うことによって竹の曲りが急になり足裏のツボへのマッサージ効果が何倍にも高まるのです。


青竹踏み天日干し


しかも、孟宗竹を使った青竹踏みなら竹を半分に割って作りますので1本の竹から2個できるのですが、この強力青竹踏み踏王(ふみお)くんはピンポイントで強い刺激が欲しいと思って真竹を6:4に割っています。つまり、1本の竹から1個しか作れないのです。


青竹踏み踏王くん


竹の種類や製法まで変えてこだわり抜いた強力青竹踏み踏王くんが出来たのも、元々は毎日青竹踏みを愛用する竹虎スタッフの声から誕生した竹屋ならではの発想と豊富な竹材があったからなのです。竹を割っただけの簡単に見える竹製品ですけれど、カビをはじめ品質管理には多くの手間暇がかかり実は大変です。


けれど、自分たちも愛用していて本当に気持ちがいいし手放せないお手軽健康法なので一人でも多くの方にお届けしたいという使命感でどうにか続けられている一つです。YouTube動画では、そのあたりの苦労をお話しもさせて頂いていますので宜しければご覧いただき参考にしてください。




「健康の贈り物」青竹踏みギフト

 
青竹踏み乾燥


これは一体何でしょうか?パッと見にはお分かり頂けない方もおられるかも知れません。実は青竹踏みを天日干ししているところなんです、乾燥させた竹材を使用していますけれど湯抜きした青竹をそのまま加工して塗装もせずに仕上げますので管理が大変です。ズラリと並べてカビのきやすい内側の身部分をこうして太陽に晒しています。


さて何も言わなければお気づきいただけない方がほとんどだと思いますのでお話させていただきますが、竹虎の青竹踏みにはご覧にになっていただいています通り全て節が二つ入っています。厚みのある孟宗竹で製作する上に更に強度を考えて丈夫な節部分が取れるように作っていくのです。


青竹踏み


何でもないような事ですが、実は竹の節の間隔は元が狭く、ウラ(先端)に行くほど長くなりますので皆様が思う何倍もの竹材が必要となる非常に大変な事なのです。


孟宗竹、竹虎四代目(山岸義浩)


こうして孟宗竹の竹林を歩きましても頃合いの竹がどれくらいあるでしょうか。そして、その一本の竹を41センチの青竹踏みに取っていくのに単純に端から切断していけばよいという訳でなく、節を二つ入れねばならないとなると比較的にお求めやすいこの製品にも竹材が厳選されているのがお分かりいただけるかと思います。


青竹踏み比較


青竹踏みには孟宗竹で製作した定番タイプと、細身の真竹で製作するピンポイントに効く強力青竹踏みがあります。室内で簡単にフミフミできますので「健康の贈り物」として先様のお名前を刻印して差し上げるのはグッドアイデアではないかと思いました。




孟宗竹からスマホ首(ストレートネック)対策の竹首枕

 
孟宗竹、竹虎四代目


日本はつくづく自然が豊かな国だと思います、そして以前は小さな国だと思っていましたけれど改めて地図を見直してみると北は亜寒帯から南は亜熱帯まで長くのびた国土には樹木の種類が多くて何とヨーロッパの倍だと言います。少し意外ですけれど驚くのはまだ早いです、竹の種類は世界で1300種類ですが実にその半分近い600種類が日本に自生しているのです。四季があり多様性に満ちた素晴らしい環境があるという事が、こうして山々を見るだけで分かります。


さて、そんな沢山の竹類の中で三大有用竹と言えば孟宗竹、真竹、淡竹(はちく)です。本日は直径、高さとも最大級の孟宗竹で作られる竹製品のひとつ竹首枕について少しだけお話しさせていただきます。


竹首枕へのお客様の手書きのお声


先日手書きのお葉書が届きました、竹首枕をご購入いだたきましたお客様からでした。「10分だけ使うつもりが、あまりの気持ち良さにそのまま朝まで寝てしまいます。」とあります(笑)、竹首枕は最近多くなったスマホ首の改善用に竹の丸い特徴を活かして製作したものなのです。


スマホ首とは、ストレートネックあるいはクレーンネックとも呼ばれていて湾曲しているはずの首の骨(頸椎)がまっすぐになり、頭の重みや首への負担を分散できない状態になっていることを指します。今は誰でも持ち歩いているスマホを長時間使用される若い方にも増えている現代病と言ってよいかと思います。症状がすすむと肩こり、眼精疲労だけでなく頭痛や吐き気、不眠なども引き起こすようなので首を当てるとヒンヤリ心地よい竹枕がお役に立てればと思っているのです。


孟宗竹炭化加工


竹首枕に使われる厳選された孟宗竹が炭化窯から出されて来ました。青々としていた表皮は高温と圧力で蒸し焼き状態にされて茶褐色に変化しています。この竹素材をどんな風に加工して皆様のお手元に届く竹首枕に製造していくのか、動画で紹介しています。




竹虎ロゴ入りマスク

竹虎四代目(山岸義浩)、竹虎マスク


昨年からマスクが手放せないようになりました、外出時に持つバッグに何枚か入れて持ち歩いていますし車の中にも常に何枚か置いてあります。虎竹の竹林で伐採していたり、一人工房で黙々と仕事をする職人はさておきマスクをしていない人を見かける事もありません。顔の表情が分かりづらいので、マスクはあまり好きではなかったのですが、これだけ長い間使い続けていると不思議なことにすっかり慣れ親しんできました。


竹虎ロゴマーク入りマスク


そこでせっかくマスクをするなら竹虎ロゴ入りマスクをしたいと思って作ってみたのがこれです。数色ある中から選べますので今回はロゴマークを際立たせるために黒色にしました、黒いマスクをするのは実はこれが初めてでした。


竹虎社員


結構気に入りましたので社員全員に配ることにしました。しかし、さすがに毎日するマスクではありますものの普段の生活で会社のロゴマーク入りマスクを着けては歩くのは自分だけかも知れません(笑)。


竹炭マスクg


マスクと言えば実は竹炭マスクを昨年夏前に作っていました。竹炭綿入りで厚みがあって夏場は暑くて大変でしたけれど、この寒い冬には暖かさもあって社内でも何人か使ってくれています。サイズが大き目なのも良いようです、けれど本当は早くマスクなしで生活できる日が一日も早く来るように心から願っています。




スマホ首・ストレートネック改善の竹首枕の作り方

スマホ首に竹首枕


田舎と違って公共交通機関の発達している都会では電車やバスに乗る機会も多いせいか乗車中や待ち時間にスマートフォンをのぞき込む方を多くみかけます。乗り込んだ車両のほとんどの方がスマホ片手に指を動かしたり、イヤホンで何か音楽を聴いたりしているのは普通の事ですが、先日は信号で停車した隣の車がドライバー以外は皆がうつ向いてスマホをいじっていたのには少し違和感を覚えました。


まあ、それくらい当たり前に皆様が使っているという事ですけれど、それに伴ってスマホ首とかストレートネック、あるいはクレーンネックなどと呼ばれる症状が増えてきているようです。本来自然な曲りのある首のカーブが真っ直ぐになってしまい肩こりや頭痛の原因になるといいます、そこで竹の曲りを活用した竹首枕の登場です!この使い方はYouTube動画にしていますので、ご関心のある方はご覧ください。




竹首まくら炭化釜


竹首枕に使う竹は日本最大級の孟宗竹という種類の竹で直径が太く、身の厚いのが特徴です。天然の竹はそれぞれ大きさや性質も違いますので熟練の職人が厳選したものを炭化釜に入れ140度の高温で約30分間熱処理ましす。竹内部の空気が膨張して割れないように節には穴を開けています。


竹首まくら炭化加工


釜から出したばかりの竹材から湯気が立ち上ります、こうやって蒸し焼き状態にして余分な油分を取り除き防虫、防カビ効果の高い竹材にしているのです。


ストレートネック竹炭首枕材料の孟宗竹


竹首まくら素材


炭化した孟宗竹の素材から表皮を削り塗装と磨きを3回も繰り返して竹首枕は仕上げられます。


竹首まくら塗装


昔から頭寒足熱とは頭部を冷やして足を温めることが健康の基本と良く耳にしていました。竹のヒンヤリした心地よい感触は枕にも最適なのです。




運動に良い季節、室内でも青竹踏み体操で健康生活

 
孟宗竹


この孟宗竹は日本最大級の竹で江戸時代に大陸から渡ってきた頃には、その大きさから大変な人気でした。大きく美味しい筍、建材や細工用としての実用的な用途の他に、武家の間では孟宗竹を庭に植えてあることがひとつのステータスシンボルのようにもなっていたと何かで読んだ事があります。


孟宗竹


本など見ずとも孟宗竹が、日本の津々浦々にまるで在来種のように成育していることが当時の大歓迎ぶりの証です。60年に一度しか花を咲かせない竹なので全国各地で見られる孟宗竹は人の手で移植されています、ところが利用される事のすくなくなった現在では、竹の驚くべき早さの成長力と強い生命力が裏目となり少し厄介者のような扱いにさえなっているのはいかがなものでしょうか?


青竹踏み


孟宗竹の活躍の場を少しでも用意したい、そんな思いも込めた青竹踏み。旬がよくなって新竹で作られたものを天日干ししています。これから寒い季節に向かいますものの水分を含んだ竹はカビの心配があるからなのです。竹虎では小さなお子様からご高齢の方まで健康づくりに活かせる「青竹踏み体操」を作りました。お手元にある青竹踏みをより楽しくご愛用いただけるかと思っています、是非一度お試しください。




青竹踏み体操

青竹踏み体操


昨日の「「世界竹の日(World Bamboo Day)2020」は心配していた天気が何とかもって店舗前の駐車場に社員一同が揃って青竹踏みを使った「青竹踏み体操」を披露することができました。青竹踏みの良さは誰がご覧になっても一目で竹だと分かる所、そして自然の竹を使っていますので其々に形が微妙に異なっていて足裏に当たるカーブが色々と事です。初心者の方は、ゆるいカーブで踏んでいただき、慣れてくると急なカーブで強めの刺激で足裏マッサージを楽しめます。


YouTubeのライブ配信で社員と一緒に踊る青竹踏み体操に初めてチャレンジでした。自分は間違えてばかりでしたが、さすがに社員は毎朝朝礼でしっかり練習していただけの事はあり予想をはるかに上回る出来栄えにビックリでした。この動画を観て天然竹の青竹踏みを知る若い世代の方がいれば嬉しいし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で世界中の皆様が家にいる事が多い中、お子様からお年寄りまでお部屋で簡単にできる体操でリフレッシュしてもらえたらと思っています。




梅雨時の青竹踏みについて

竹踏み(炭化竹)


梅雨がやってくると気になるのが「カビ」です。特に孟宗竹や真竹を素材に近いまま使う青竹踏みなどには毎年カビには神経を使っています。この時期にはカビ防止、虫防止に効果のある高温と圧力で炭化加工した竹踏み(炭化竹)が頼りになります。しかし、炭化した茶色の色合いに好みが分かれるのか?やはり、せめて最初だけでも青竹踏みは青々とした竹の色を感じられたい方も多いのか?定番の青竹が人気傾向ではあります。


青竹踏み乾燥作業


青竹踏みは竹を半割にしただけの簡単な加工品と思われがちですけれど、油抜きという加工をして余分な油を取りのぞき耐久性を高めています。青竹踏みと言えども実際は「青竹」ではないのです(笑)また、竹虎の製品は強度を保つたけに全ての竹踏みに2節入れています。竹は節間が長かったり、短かったりしますので使えない竹材もかなり多くでます。


とはいえ大量に伐採した竹材から数百単位で加工していきますので品質管理は大変です。晴れた日には天日干しをして、天気が悪ければ大型扇風機で風を当てて水分量が適正になるまで乾燥させています。お手元に届きましたらすぐに開封して、湿気の多いところで長期間保管したり、ビニール袋に密閉したりすることは避けてください。そして、こちらの動画にありますように正しくお使いいただき健康にお役立ていただきたいと思っています。