あぶらとり紙

2009年11月28日

aburatori.jpg


竹炭の吸着力を活かした、あぶらとり紙ちや。あぶらとり紙と聞くと、どうも女性のイメージがあるがですが、男性の方でも使われる方は多いようです。寒い季節は汗もかかないので、そんなに必要ないのでは?いやいや、ボクもそう思うちょりましたが、気をつける方は一年中ぜよ。テカテカにも気を配るようじゃちや。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹酢液

2009年11月19日

chikusakukama.jpg


赤々と燃える竹炭窯、魅入ってしまうような神秘的な炎です。竹虎は、こじゃんと(すごく)土窯にこだわっちゅうがです。そして、この土窯からうまれるのは、叩いたらキンキンと金属のような音がする最高級の竹炭ですが、忘れてならないものがひとつ、それが竹酢液(ちくさくえき)。冬はやっぱり竹酢液 入浴がえいですぞね。竹酢液販売をはじめてもうかなりになります。


「それ、地下足袋に何をしゆうがです?」


「竹酢液よえ」


「なんか竹酢液に効果あるがですか?」


「何ち、おまん、竹酢液は水虫予防よ」


もともとは山の職人さんが、昔からの知恵で竹酢液を水虫対策に使っていて、炭焼き職人さんには水虫の人はいない。そんな話を聞いたことがきっかけでしたが、それももう、随分昔の話、懐かしいちや。あ、そうそう懐かしい言うたら、この後、炭職人さんが竹炭をガシガシかじっているのを見て、また、またビックリ驚くことになるがですけんど、その話は又にしますきに。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭クッキー

2009年11月16日

dogfood.jpg


竹炭粉と言うても、フッーとふいたら飛んでしまうくらいの細かい細かい微粉末ぜよ。この竹炭パウダーをお菓子やパン、麺類にいれて食品メーカーさんが色々な商品を開発しちょります。ええ、これは竹炭クッキー。まあ、それほど珍しゅうもないですか?


けんど、この形はどうですろう。まるで骨の形やけんど...えっ、まさか...!?そうです、そうです。実はこれ愛犬用のクッキーやそうです。ワンちゃんのおやつにも、竹炭入りとビックリされる方もおるかも知れません。ここのメーカーさんは、人が食べても大丈夫な素材だけで作っちゅうそうで、ボクも1枚、もぐもぐ...う~ん、犬用は薄味じゃあ(笑)


けんど、ボクも、ゴン(ゴールデン オス)が元気やった時にはお腹の調子のためやと思うて、竹炭や竹の粉をエサと一緒に与えちょりました。ペットいうても動物です。野生のカンというヤツでしょうか?身体に必要なもの、ためになるものは本能的に分かるのか、いつもにも増して目の色変えてバクバク食べよった事を覚えちょります。えっ?ゴンの写真?ここに、竹酢液シャンプーしゆう画像が載っちょりますぜよ~。こっちも見とうせや竹のメモリアルぞね。













| コメント(1) | トラックバック(0)


北へ

2009年9月19日

sumimask.jpg


「ああ、よかった思うほどは寒うないちや...」


まあ、けんど南国育ちのボクには、この季節の北行きの出張は気温が気になります。前に北海道の北見市に夏の格好で行って、風邪ひきそうになっていらい寒さ対策はバッチリぜよ。高知ではまだまだ必要ないセーターも鞄にいれちょります。おっとそうやった、炭マスクもカバンに入れちょったらよかったにゃあ。













| コメント(0) | トラックバック(0)


お肌つるすべ

2009年9月12日

okyakusama.jpg


先日のテレビ放送でも紹介させてもろうた虎竹の里の竹炭石鹸。ご愛用の方の感想を聞かせてもらう機会がありましたちや。アトピーや皮膚のトラブルの症状は人によって様々みたいで、膝とか肘など関節だけに症状がでたり、首まわりに集中したり、顔だけに現れる方もおるようです。竹炭石鹸を使いだしてから、ヒリヒリした刺激がないと嬉しそうに話されます。虎竹の竹里炭石鹸がお役にたてているとの事。本当に自分も嬉しいのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭豆

2009年9月10日

takesumimame02.jpg


真っ黒いお菓子がすっかり定番となって人気です。竹炭豆にはじまって、竹炭飴、竹炭せんべい、竹炭かりんとう、竹炭寒天などなど、竹炭コーヒーまでありますぞね!この前出来た虎竹茶のお茶うけにも最高やきに、竹炭お菓子と虎竹茶セットも作りましたぜよ。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭オブジェ

2009年9月 5日

takesumiseni.jpg


竹の繊維をとりだしたら、細い、細い、筆の先の毛ぐらいのものになるがです。花展にきて竹炭のオブジェにお目にかかれるとは、思ってもみんかった事やきに、びっくりして、ずっと眺めよりました。飾りとしても面白い本当にええ味をだしちゅう竹炭やちや。













| コメント(0) | トラックバック(0)


磨けば光る

2009年8月14日

sumibracelet.jpg


お、そうじゃ、そうじゃ、この炭のブレスレットを見とうせや。炭じゃあち磨いたら、これっぱあ輝くがやき。人が光らんはずがないがぜよ。いかん、いかん土佐の男じゃあいうて口だけで、こんまい、こんまい(小さい)。













| コメント(0) | トラックバック(0)


3曲あります。

2009年7月16日

mokkin.jpg


この竹炭木琴は傑作ぞね。ええ?どんな音がするが、、、ち?聞いてみたい方は、コチラ。3曲も弾いちょります。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭スーパーブラック

2009年7月13日

takesumikasa.jpg


今日も天気がスッキリしませんちゃ。朝、空をみあげて何とかもちそうやと思っていても、急にザーッときたりして、トラックで竹を運ばないかん時には、いよいよ困ります。まあ、そんな梅雨の季節に、びっくと面白い傘を教えてもろうたがです。その名も竹炭スーパーブラック!なんとこの傘、生地に竹炭を練り込んだ布を張っちゅうそうです。


竹炭?いったい何になるがやお?


実は深みのある黒は色あせしにくく、紫外線を99パーセントカットしてくれ、しかも、表面コーティングではなくて、糸にその機能性があるそうやき長期間使用してもカット率が変わらんそうです。さわった感じがしっとりとした、そうやねえ、カラスの羽みたいな独特の光沢のある黒やけんど、これも竹炭の生地やきやろうか...。傘の老舗メーカーさんの新商品との事やけんど、頑張っちょりますねえ。けんど、竹炭は本当にいろいろ使えるがぜよ。













| コメント(0) | トラックバック(0)


<<< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.