竹炭オフィス

2017年2月 3日

竹炭パーテーション


竹虎の竹炭をずっと昔からご愛用いただいてるという会社の社長様が虎竹の里にお越しになられていました。西新宿の高層ビルにオフィスがあると聞いて、テレビなどでみる近代的かつ都会的ななイメージを勝手に思っていましたが何と、後から送っていただいた画像を拝見すると会社の中には竹炭があちらこちらに使われている癒し空間になっているのだそうです。


竹炭衝立


まず最初に驚いたのは、この仕切につかう折りたたみ式のパーテーションです。黒い模様のように見えていたのは実は竹炭でした、社員の方と一緒に一枚一枚貼り付けて作られたと話されていました。シックハウス対策として室内で高温で焼き上げた竹炭を使う事は多いのですがこのような使い方をされている方はあまりいないのかも知れません。


飾り竹炭


天井を見ると更にこちらの会社様のこだわりが伝わってきます。


飾り竹炭


自然の竹をそのまま竹炭に焼いた丸竹炭を、以前竹虎では簾のように棕櫚縄で吊した商品を作っていました。丸竹炭は中が空洞ですので割れる事も多く現在では販売していないのですが、こちらの会社様はその当時の簾をご存じでそれを参考にして自分達で手作りして飾られています。


丸竹炭


部屋の隅に、丸竹をそのまま焼き上げた飾り竹炭を孟宗筒に入れて置いてあったり


竹炭ヘチマ籠


絵画の横に並んで、高温で焼き上げた竹炭を虎竹で編み込んだ竹炭ヘチマかごをかけてあります。


竹炭浄水用


竹炭を生け花に使うと水のクラスターを小さくしてくれて水あげしやすくなり長持ちする事が知られています。今ほど竹炭が広く知られていない当時から使っていただくお寺では、本堂に活ける花が長持ちするといつも言われていたそうです。


竹炭(バラ)


観葉植物の根元にも竹炭(バラ)をまいて、その横には竹炭ダイヤ籠まで置かれています。本当に竹虎の竹炭商材を全て見ることができるのではという程にご愛顧いただいている事に感謝しかないのです。


竹炭













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭の電気伝導率

2017年1月13日

竹炭の電気電導率


炭素は電気を通しますから、炭化の度合いが高い(炭素の純度が高い)と電気抵抗は低くなり通電性が良くなります。高知の山々を歩き、そして全国で沢山の炭焼き職人さんのお会いさせていただき炭窯を拝見する機会がありますが土窯だけでも千差万別、様々な形や大きさ、窯の作り方があり、職人さんの個性や独自の技術が加わって本当に面白いのです。


炭化温度650~700℃辺りが高温、低温の境となるのですが竹虎では通電性が高い800~1000℃近い高温で焼かれた土窯づくりの竹炭を最高級竹炭としています。含まれるミネラル成分の質、量がちがい不純物が含まれていませんので飲料水、炊飯用、竹炭パウダーなどにするのはすべてこの高温の竹炭なのです。


土窯の場合、気候や竹材など自然条件によっても窯での均一炭化に誤差がでる事がありますので精錬度計で時々チェックをする事がありますが、熟練の竹炭職人が竹炭専用に改良した土窯で焼く最高級竹炭は、もともと一級品を選りだしている事もありいつ計測しても針を振り切ってしまうほどの電導率です。


竹炭


竹炭の性能を考える場合に炭化温度が非常に大事となります。それぞれ特徴があり得意な分野があるからですが高温帯と低温帯で焼かれた竹炭は外観、音や質感で見分けられます。ところが細かい竹炭粒や微粉末に加工された竹炭の場合ですと硬さもだいたいの感触しか分からず見た目での判断が難しいのです。


そこで登場するのがやはり精錬度計、あちこちテストして計測してみますが針はピクリともしません。低温で焼かれた竹炭に違いありません、ただどちらが良い悪いではなく低温の竹炭には、それなりの良さがあってトイレの消臭や湿度調節には高い効果を発揮するのです。
















| コメント(0) | トラックバック(0)


風邪知らずの生姜を竹炭飴に入れました。

2016年12月 9日

竹炭生姜飴


冬の健康法として、昔からずっとしている事が生姜紅茶なのです。自分でポットに作る事もありますが、こんなに入れるの?と言うくらいの大きな塊を薄くスライスしたり、気分によっては更に微塵切りにしたりして入れるので生姜がほのかに香るというよりはガツンと生姜の辛みがくるのです。


生姜湯も好きですが、この調子なので市販のものはモノ足りず摺り下ろした生姜を入れたりもします。さすが生産日本一の高知県に暮らしているだけあって生姜消費量も結構なものかも知れません。しかし、そのお陰だと思いますが、この20年近く風邪をひいたという覚えはあまりないですし、寝込むというような事も全くないのです。


だから竹炭飴を新しくリニューアルした時に、地元の生姜を入れた竹炭生姜飴にしたかったのです。難しかったのが生姜の配分、自分の基準合わせるとかなりキツイ味わいのものになってしまいそうなので竹虎社員全員に食べてもらって意見を集めました。


最初の試作の飴は、自分ではちょうどの生姜の味わいだと思っていても辛くて食べられない社員もいます。なるほど味というのは人によって差異があり、大変だと感じながら飴メーカーさんに微調整をお願いして出来あがったのが今の竹炭生姜飴なのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


厳選竹素材の竹炭皿

2016年12月 7日

  竹炭皿


常識で考えるならば竹炭は黒いとしたものなのですが、美しい銀色に輝く竹炭をご覧になられていかがでしょうか?竹炭にも窯の種類や燃焼温度により色々と違いがありますが、低温で焼かれた竹炭と1000度近い高温で焼かれた竹炭ではその色つやが大きく異なるのです。


普通は黒い竹炭が、高温で焼き上げられるとこのように銀色のツヤツヤとした輝きを放つのです。見た目の違いの次は、音です。普通の竹炭は叩くと鈍く低温の音なのですが、高温で焼いた最高級竹炭はキンキンとまるで金属のような音。





そういえば以前は腕の良い竹炭職人さんがおられて、風鈴を製作いただいていた事がありますが仕上がった竹炭の音色の美しさと言えばこの上無かった事を思い出します。





そうそう、木琴ならぬ竹炭琴まで作られていましたので今思えば本当に奇跡のような竹炭でした。


それにしても、この竹炭は料理の竹炭盛り皿として作っていますが長さが約30センチ、幅は約8.5センチもあります。竹炭は焼き上げると長さで約20%、幅は更に20~30%縮みますから元の孟宗竹のサイズがどれだけ大きなものを厳選しているかがお分かりいただけるかと思うのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭は二日目のご飯の臭いにも効果絶大

2016年11月29日

竹炭(Bamboo charcoal)


炊きたてのご飯は本当に食欲をそそるものですが、竹炭を入れると更にご飯が美味しくなると言われます。その秘密は、竹炭から放出された遠赤外線が米や水に吸収され熱エネルギーに変わり、米の内部まで熱を伝える事がひとつ、そしてもうひとつが水分子の運動が活発になり、その結果水のクラスター(分子)を小さくし米の主成分であるデンプンの網の目構造の中に入り易くなることが考えられています。


竹炭を入れた場合、ご飯に含まれる水の量が約17%も増えるそうです、この差は、ご飯が冷えた後にもその効果がハッキリと現れます。竹炭を入れていないとパサつきますが入れた方はムッチリとして冷やご飯も美味しく頂けるのです。


先日、お客様からこのような嬉しいお声を頂きました。


いま、てんこ盛りの二日目ご飯を平らげたところです。この「二日目ご飯」の臭いに悩まされていました。水は天然の地下水(美味い!)。米櫃を替え、炊飯器を替え、洗浄はまめに、蛇口もきれいに、米を新たにし・・・とさんざん手立てを尽くしたのにもかかわらず、二日目のごはんは発酵したような臭い。粥や炒めごはんなどにアレンジしていましたが、竹炭が一発解決してくれました!毎日のことに費用がかさむのでは?と躊躇していましたが、最大3か月は繰り返し使用できること、また竹虎さんが品質はもとより価格もエコであることを確認!もう決まりでした。ありがとうございました。これで快適旨飯ライフ取り戻せます!・・それにしてもあの臭いはなんだったんだろう...。


このように二日目のご飯の臭いの効果も絶大なものがあるのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭職人の竹酢液へのこだわり

2016年11月 3日

最高級竹炭竹材


竹炭と木炭の大きな違いは原材料となる竹とクヌギ、ナラ、カシなどの形状の違いがあります。中身の詰まった樹木に対して、空洞のある竹は縦割にして細長い板状にしたものを束ねて窯の中に入れていきます。この原材料の性質の違いが手間や炭焼き技術の難しさにつながるのですが、今回注目いただきたいのは縛るために使われている紐についてです。


竹酢液は竹炭を焼き上げる熱分解時に発生するガス成分と水蒸気を冷やして採取するpH3.0~3.1の酸性の液体です。だから原材料の竹材は当然ですが割った竹材を結束する場合もビニール紐など使用せず自然素材の麻紐を使います。


最高級竹炭竹材結束の麻紐


竹炭の初期段階では水煙と呼ばれる水分を多く含んだ煙が出るので排煙口の温度で約80~150度の「きわだ煙」と言う煙からだけ竹酢液は採取されます。この時の竹炭窯の中の温度は350~425度と言いますが、さらに窯の温度が上がり青くなってくる煙にはタール分が含まれてきますから品質の高い竹酢液のためには、この温度帯での採取を守る事が非常に大事なのです。


大きな炭窯ではありますが、このように細やかな管理をして最高級の竹炭を焼き上げ、竹酢液を生産する中では、たとえ紐一本といえどもこだわり抜かれていることに感銘します。













| コメント(0) | トラックバック(0)


寒くなったら恋しくなる、竹炭ミネラル温泉

2016年11月 2日

入浴用竹炭


冬至のユズ湯や、端午の節句の菖蒲湯には入浴で健康を願う先人の知恵があるように思います。夏場はシャワーで済ませる事の多い皆様も、寒くなってきたらやはり湯船で身体を温めリラックスしたくなるものです。


お風呂用竹炭を入れると一体何が良いのか聞かれる事があります。そもそも竹炭には水の分子集団(クラスター)を小さくする働きがあって皮膚の深くまで浸透しやすくなるという事が言われますが、竹炭に含まれるミネラルがお湯に溶け出しアルカリ温泉と同じ湯質になるというのが一番です。


1000度の高温で焼かれた最高級竹炭をオススメしているのは、低温で焼かれた竹炭に比べてアルカリ度が高く、吸水性や硬度に優れていて使いやすいという事もあります。1週間に一度程度天日干しして2~3週間が交換のひとつの目安ではありますが、ついついもったいなくて1ヶ月程度は使ってしまいます。


竹(Bamboo)


青々とした竹は、それだけで見る人の心を清々しく気持ち良くしてくれますが、真っ黒な竹炭になっても人の癒しになる本当に優れた天然素材だとつくづく思います。それでいて人の手を借りることなく毎年どんどんと新しい筍が生え、短い期間に急成長していくのですから、まさに継続利用可能な唯一の天然資源です。


さて、さらに肌のトラブルのある方などの入浴には竹酢液をキャップに4~5杯入れていただくと良いのですが、炭職人の細やかですが大事なこだわりを思い出したので明日はそのお話しをさせていただきたいと思っています。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭の原材料と不思議な世界

2016年10月29日

飾り竹炭


日本唯一の虎竹も全てに綺麗な虎模様が入っているという事ではなく色合いが薄かったして一級品として使うことのできない虎竹も沢山あるのです。そのような竹を丸竹のまま竹炭に焼いたものが飾り竹炭と自分達が呼ぶ竹の形そのままに高温で焼き上げられた竹炭なのです。


竹虎四代目


竹節部分など竹の形そのままの風合いが残り、艶のある銀色の輝きなど素晴らしい出来映えですが窯入れする原料の竹と比べるとどうでしょうか?かなりの曲がり、そして細くなっているのがお分かりいただけますでしょうか?竹は焼き上げられる過程で曲がり、捻れが生じ、サイズも長さにして10%程度、直径ですと50%近くも縮んでしまうのです。


竹炭原料


通常の竹炭は太い孟宗竹を一定の幅に割って焼き上げます。原材料の割竹といえばこのような割幅と厚み、竹虎の最高級竹炭をご愛用の皆様でしたらお分かりかと思いますが意外と元の竹は大きいものなのです。


最高級竹炭


焼き上がって一枚づつサイズにカットされた竹炭を皆様はご覧になられるので元々の竹もこのような大きさと思われる方が多いようです。しかし、その実、こんなに大きな竹材が800~1000度の猛烈な炎の熱さによってギュッと凝縮されて焼き上げられ、水分もすっかりなくなって伝導率の良い、金属音のする炭に変化しています。考えたら不思議な竹炭の世界であります。













| コメント(0) | トラックバック(0)


ポーラス竹炭の利用方法について

2016年10月27日

ポーラス竹炭


以前、ポーラス竹炭のことをお話しさせていただいた事があります。ポーラスとは「多孔質体」の事でポーラス竹炭とは孔の多い竹炭ということになりますが、元々備長炭の3~5倍とも言われる竹炭の孔の表面積がさらに多いのではないかと思わせる質感ですので農業利用はもちろんですが消臭や調湿機能には、かなり優れたものがあると思います。


放置竹林が問題となっています、竹林整備などで竹を伐採される光景を度々拝見する事もありますが、その後の竹材利用に決めてがありません。伐ったばかりの重たい竹材を移動させる事なく、その場で、しかも比較的短時間で製品化させる事のできるポーラス竹炭の活用が進めば大きな貢献ができるのではないかと思っています。
















| コメント(0) | トラックバック(0)


化学物資の吸着、シックハウス対策の竹炭

2016年10月17日

化学物資の吸着、シックハウス対策の竹炭


竹炭と一口に言っても実は色々な種類があるのをご存じでしょうか?炭焼き窯の種類によっても色々と違いますし、焼き方も違うのでポーラス竹炭のように数時間で焼けてしまう竹炭もあれば、竹虎の飲料用・炊飯用最高級竹炭のように2週間という時間をかけてじっくりと焼き上げる竹炭もあるのです。


燃焼温度でも竹炭はまったく違うものになります。だいたい700度を境に高温、低温と呼ばれますが800度~1000度もの高温で焼かれた伝導率の高い竹炭というのを聞いた事がありませんでしょうか。叩くとキンキンと金属音のような音のする竹炭で、かってはこの音を利用して竹炭風鈴などという商品を作る職人さんもおられたほど素晴らしい音色を奏でるのです。


孟宗竹


高温の竹炭は焼き上げるのが難しく価格的にも高額になりがちなのですが全てにおいて高温の竹炭が優れているかというとそうではありません。400度程度の昔ながらの土窯で焼かれた竹炭は、比較的柔らかく伝導率のなどは低いもののアンモニア臭などの吸着、湿度の調節には優れた機能を発揮しますので消臭用竹炭として人気があります。一方、高温で焼かれた竹炭はホルムアルデヒドなどシックハウスの原因となる化学物質の吸着が得意なのです。


最高級竹炭


最高級竹炭は均一の幅に揃えた竹炭を焼いていますが、それを四角い形にカットしていきます。その過程で形や色合いの少し悪いもの、カケなどあるものは全て二級品に落とされます。見栄えは良くなくとも性能は最高級そのもの、シックハウス対策用に使われる竹炭はこんな竹炭たちです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


<<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.