竹炭は二日目のご飯の臭いにも効果絶大

2016年11月29日

竹炭(Bamboo charcoal)


炊きたてのご飯は本当に食欲をそそるものですが、竹炭を入れると更にご飯が美味しくなると言われます。その秘密は、竹炭から放出された遠赤外線が米や水に吸収され熱エネルギーに変わり、米の内部まで熱を伝える事がひとつ、そしてもうひとつが水分子の運動が活発になり、その結果水のクラスター(分子)を小さくし米の主成分であるデンプンの網の目構造の中に入り易くなることが考えられています。


竹炭を入れた場合、ご飯に含まれる水の量が約17%も増えるそうです、この差は、ご飯が冷えた後にもその効果がハッキリと現れます。竹炭を入れていないとパサつきますが入れた方はムッチリとして冷やご飯も美味しく頂けるのです。


先日、お客様からこのような嬉しいお声を頂きました。


いま、てんこ盛りの二日目ご飯を平らげたところです。この「二日目ご飯」の臭いに悩まされていました。水は天然の地下水(美味い!)。米櫃を替え、炊飯器を替え、洗浄はまめに、蛇口もきれいに、米を新たにし・・・とさんざん手立てを尽くしたのにもかかわらず、二日目のごはんは発酵したような臭い。粥や炒めごはんなどにアレンジしていましたが、竹炭が一発解決してくれました!毎日のことに費用がかさむのでは?と躊躇していましたが、最大3か月は繰り返し使用できること、また竹虎さんが品質はもとより価格もエコであることを確認!もう決まりでした。ありがとうございました。これで快適旨飯ライフ取り戻せます!・・それにしてもあの臭いはなんだったんだろう...。


このように二日目のご飯の臭いの効果も絶大なものがあるのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭職人の竹酢液へのこだわり

2016年11月 3日

最高級竹炭竹材


竹炭と木炭の大きな違いは原材料となる竹とクヌギ、ナラ、カシなどの形状の違いがあります。中身の詰まった樹木に対して、空洞のある竹は縦割にして細長い板状にしたものを束ねて窯の中に入れていきます。この原材料の性質の違いが手間や炭焼き技術の難しさにつながるのですが、今回注目いただきたいのは縛るために使われている紐についてです。


竹酢液は竹炭を焼き上げる熱分解時に発生するガス成分と水蒸気を冷やして採取するpH3.0~3.1の酸性の液体です。だから原材料の竹材は当然ですが割った竹材を結束する場合もビニール紐など使用せず自然素材の麻紐を使います。


最高級竹炭竹材結束の麻紐


竹炭の初期段階では水煙と呼ばれる水分を多く含んだ煙が出るので排煙口の温度で約80~150度の「きわだ煙」と言う煙からだけ竹酢液は採取されます。この時の竹炭窯の中の温度は350~425度と言いますが、さらに窯の温度が上がり青くなってくる煙にはタール分が含まれてきますから品質の高い竹酢液のためには、この温度帯での採取を守る事が非常に大事なのです。


大きな炭窯ではありますが、このように細やかな管理をして最高級の竹炭を焼き上げ、竹酢液を生産する中では、たとえ紐一本といえどもこだわり抜かれていることに感銘します。













| コメント(0) | トラックバック(0)


寒くなったら恋しくなる、竹炭ミネラル温泉

2016年11月 2日

入浴用竹炭


冬至のユズ湯や、端午の節句の菖蒲湯には入浴で健康を願う先人の知恵があるように思います。夏場はシャワーで済ませる事の多い皆様も、寒くなってきたらやはり湯船で身体を温めリラックスしたくなるものです。


お風呂用竹炭を入れると一体何が良いのか聞かれる事があります。そもそも竹炭には水の分子集団(クラスター)を小さくする働きがあって皮膚の深くまで浸透しやすくなるという事が言われますが、竹炭に含まれるミネラルがお湯に溶け出しアルカリ温泉と同じ湯質になるというのが一番です。


1000度の高温で焼かれた最高級竹炭をオススメしているのは、低温で焼かれた竹炭に比べてアルカリ度が高く、吸水性や硬度に優れていて使いやすいという事もあります。1週間に一度程度天日干しして2~3週間が交換のひとつの目安ではありますが、ついついもったいなくて1ヶ月程度は使ってしまいます。


竹(Bamboo)


青々とした竹は、それだけで見る人の心を清々しく気持ち良くしてくれますが、真っ黒な竹炭になっても人の癒しになる本当に優れた天然素材だとつくづく思います。それでいて人の手を借りることなく毎年どんどんと新しい筍が生え、短い期間に急成長していくのですから、まさに継続利用可能な唯一の天然資源です。


さて、さらに肌のトラブルのある方などの入浴には竹酢液をキャップに4~5杯入れていただくと良いのですが、炭職人の細やかですが大事なこだわりを思い出したので明日はそのお話しをさせていただきたいと思っています。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭の原材料と不思議な世界

2016年10月29日

飾り竹炭


日本唯一の虎竹も全てに綺麗な虎模様が入っているという事ではなく色合いが薄かったして一級品として使うことのできない虎竹も沢山あるのです。そのような竹を丸竹のまま竹炭に焼いたものが飾り竹炭と自分達が呼ぶ竹の形そのままに高温で焼き上げられた竹炭なのです。


竹虎四代目


竹節部分など竹の形そのままの風合いが残り、艶のある銀色の輝きなど素晴らしい出来映えですが窯入れする原料の竹と比べるとどうでしょうか?かなりの曲がり、そして細くなっているのがお分かりいただけますでしょうか?竹は焼き上げられる過程で曲がり、捻れが生じ、サイズも長さにして10%程度、直径ですと50%近くも縮んでしまうのです。


竹炭原料


通常の竹炭は太い孟宗竹を一定の幅に割って焼き上げます。原材料の割竹といえばこのような割幅と厚み、竹虎の最高級竹炭をご愛用の皆様でしたらお分かりかと思いますが意外と元の竹は大きいものなのです。


最高級竹炭


焼き上がって一枚づつサイズにカットされた竹炭を皆様はご覧になられるので元々の竹もこのような大きさと思われる方が多いようです。しかし、その実、こんなに大きな竹材が800~1000度の猛烈な炎の熱さによってギュッと凝縮されて焼き上げられ、水分もすっかりなくなって伝導率の良い、金属音のする炭に変化しています。考えたら不思議な竹炭の世界であります。













| コメント(0) | トラックバック(0)


ポーラス竹炭の利用方法について

2016年10月27日

ポーラス竹炭


以前、ポーラス竹炭のことをお話しさせていただいた事があります。ポーラスとは「多孔質体」の事でポーラス竹炭とは孔の多い竹炭ということになりますが、元々備長炭の3~5倍とも言われる竹炭の孔の表面積がさらに多いのではないかと思わせる質感ですので農業利用はもちろんですが消臭や調湿機能には、かなり優れたものがあると思います。


放置竹林が問題となっています、竹林整備などで竹を伐採される光景を度々拝見する事もありますが、その後の竹材利用に決めてがありません。伐ったばかりの重たい竹材を移動させる事なく、その場で、しかも比較的短時間で製品化させる事のできるポーラス竹炭の活用が進めば大きな貢献ができるのではないかと思っています。
















| コメント(0) | トラックバック(0)


化学物資の吸着、シックハウス対策の竹炭

2016年10月17日

化学物資の吸着、シックハウス対策の竹炭


竹炭と一口に言っても実は色々な種類があるのをご存じでしょうか?炭焼き窯の種類によっても色々と違いますし、焼き方も違うのでポーラス竹炭のように数時間で焼けてしまう竹炭もあれば、竹虎の飲料用・炊飯用最高級竹炭のように2週間という時間をかけてじっくりと焼き上げる竹炭もあるのです。


燃焼温度でも竹炭はまったく違うものになります。だいたい700度を境に高温、低温と呼ばれますが800度~1000度もの高温で焼かれた伝導率の高い竹炭というのを聞いた事がありませんでしょうか。叩くとキンキンと金属音のような音のする竹炭で、かってはこの音を利用して竹炭風鈴などという商品を作る職人さんもおられたほど素晴らしい音色を奏でるのです。


孟宗竹


高温の竹炭は焼き上げるのが難しく価格的にも高額になりがちなのですが全てにおいて高温の竹炭が優れているかというとそうではありません。400度程度の昔ながらの土窯で焼かれた竹炭は、比較的柔らかく伝導率のなどは低いもののアンモニア臭などの吸着、湿度の調節には優れた機能を発揮しますので消臭用竹炭として人気があります。一方、高温で焼かれた竹炭はホルムアルデヒドなどシックハウスの原因となる化学物質の吸着が得意なのです。


最高級竹炭


最高級竹炭は均一の幅に揃えた竹炭を焼いていますが、それを四角い形にカットしていきます。その過程で形や色合いの少し悪いもの、カケなどあるものは全て二級品に落とされます。見栄えは良くなくとも性能は最高級そのもの、シックハウス対策用に使われる竹炭はこんな竹炭たちです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


燻蒸のはじまった竹炭窯にて

2016年9月26日

竹炭


竹炭と一口に言っても竹炭窯の種類は沢山あるのですが、竹虎で飲料水用、炊飯用として皆様にご紹介している竹炭(Bamboo charcoal)は、竹炭専用に設えた土窯作り。材料に使うのは先週のブログでも日本最大級の竹と取り上げさせてもらった孟宗竹、直径の太さ、さらに中が空洞となっている竹ではありますが身の部分の厚さを考えれば竹炭にこれだけ適した素材は他にはないのです。例外的に、色つきの無くて商品化しづらい虎竹を竹炭にすることはあるものの、それ以外はこの竹を使って竹炭は焼かれちょります。


竹炭窯


土窯で焼かれる竹炭は窯入れから窯出しまで約2週間という長い時間がかかるのです。今日は燻蒸というて竹素材を乾燥させ、含水率を一定に落としよります、この作業も竹炭の焼き上がりに大きく影響する大事な行程ぞね。


竹炭窯


炭窯の燻された香りが漂う静かな工房に煙りがゆっくり立ちのぼるのを見ていると心和みます。いつもはしないのですが、上の鉄製蓋を開いて中を覗かせてもらうと一気に新鮮な空気が窯に流れ込み炎が大きく燃え上がってきます。窯の奥からギッシリと立てかけてきた竹材がほのかに照らされて見えています。こんど竹炭窯が開いた時には真っ黒な竹炭に生まれ変わっているのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


チャコールジュース(Bamboo charcoal juice)

2016年9月22日

チャコールジュース(Bamboo charcoal juice)


チャコールジュースなどと聞くと何か新しいようにも思えましたけんど、前々から竹虎社員の中には便秘改善などのために竹炭パウダーをコーヒーやお茶に入れて飲むのは日常的にされてきた事なのです。しかし、ただ、その流行の発信地がニューヨークだと言われたものですから、それは凄いと思うたのです。


チャコールジュース(Bamboo charcoal juice)


教えていただいた記事は、さすがに見栄えもメチャクチャお洒落で洗練された感じになっていましたが、格好良くはできないものの、竹炭を使うことなら負けちょりませんぞね。


チャコールジュース(Bamboo charcoal juice)


用意したのはバナナ、林檎、キウィの3種類。これで竹炭フルーツジュースを作ろうと言うのです。竹炭は真っ黒い色合いではありますが、無味無臭なので食品自体の味わいや香りを変えないのが良いところぜよ。


竹炭パウダー(Bamboo charcoal)


竹虎の竹炭は、昔ながらの竹炭窯を竹炭専用に改良した土窯作りぜよ。1000度の高温で焼き上げられた竹炭を15ミクロンの微粉末パウダー状にしていますので小さなスプーンにこれくらいの量で出来あがりは黒々としたご覧の通りのチャコールジュースの出来あがりなのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭パウダー(Bamboo charcoal powder)を使った料理について

2016年9月 6日

竹炭うどん


食品添加物として使われる竹炭パウダー(Bamboo charcoal powder)を使って竹虎社員も色々な料理を作って楽しんでいます。まず竹炭を使用する場合、竹炭パンやクッキーなど粉モノに混ぜることが多いようですが、四国といえば饂飩が有名ですので竹炭を練り込んだ竹炭饂飩。


竹炭ミートパイ


そして、マッシュポテトに竹炭パウダーを混ぜ込んで焼き上げた竹炭ミートパイ。竹炭を入れた黒色と、焦げ目をつけたチーズとのコントラストが二色丼のように見えて、まっこと面白いのです。


竹炭マカロニサラダ


マヨネーズに竹炭を入れて竹炭マヨネーズを作りマカロニサラダにしもしています。こちらも同じく白黒の色合いの違いが興味をそそりそうですちや。


竹炭麻婆豆腐


竹炭麻婆豆腐


これは食欲そそりそうな高知県産の生姜を効かせた竹炭麻婆豆腐ぜよ。近頃、豆腐を食べる事が多いのですがたまにこんなバリエーションがあったら飽きることなく食べられそうです。


竹炭豆腐


豆乳とにがり、竹炭で作った竹炭豆腐などというものまで作っています。胡麻豆腐のようにも見えますが、夕食のおかずの一品によさそうです。


竹炭バター


竹炭パウダーと生クリームで作った自家製竹炭バターもありますぞね。


竹炭レモンゼリー


デザートもありますぞね、レモンゼリーと竹炭ゼリーを交互にカップに入れて見た目にも綺麗なスイーツなのです。


いずれも見た目にインパクトがあって話題に事欠かないのですが、最近ではデドックス効果などもあって人気となっている竹炭パウダー。戦国時代の忍者が解毒のために炭粉を常に携帯していたように、実は昔から民間療法的に利用されてきましたので炭職人には胃腸の悪い人はいないと言われてきちゅうのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭フレーバーウォーター

2016年7月19日

竹炭フレーバーウォーター、Bamboo charcoal


フレーバーウォーターなるもを知りましたぜよ。野菜や果物、あるいはスパイスなども水に入れて素材そのものの味わいを楽しめる水の事だそうです。シンプルで簡単なだけに美味しい水が欠かせないかと思いますが、水に入れた彩りのよい野菜、果物が美しく、そして美味しいとなれば、これは人気です。


実に様々なものがあって自由に楽しめるところが多くの方に受けている秘密だろうと思いますが、竹炭ミネラルウォーターを使ってシンプルにキュウリとレモンを入れてみましたら、これも簡単ながら汗のスッーーーとひきそうな涼しく気持ちのよい竹炭フレーバーウォーターの出来あがりなのです。


竹炭水出し茶、Bamboo charcoal


水出しコーヒーは熱を加えないので濁りがなく、スッキリした味わいがあった大好きなのですが最近はコーヒーのみならず水出しのお茶もあるのです。


お茶も熱で短時間に出したものと違い、時間をかけてゆっくり出しものは見た目もそうですが、味自体にも透明感を感じますにゃあ。汗をかいたグラスの冷たいお茶を片手に椅子に腰掛ければ外で鳴く蝉の声もエイものです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


<<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.