樹皮を使った細工たち

2019年4月20日

  樹皮籠


日本中に成育しているキハダ(黄膚、黄柏)は、内皮を胃腸薬に使用されるなどされてきた薬用植物のひとつです。そして胡桃や、山葡萄、マタタビ科のツル植物であるサルナシなど、まるで、室内に樹木がそのままやって来たように感じる山の素材をそのまま使った樹皮籠があります。


スペインで見た樹皮買い物籠


竹と木は同じような所に生えていますので似た者同士と思われる方はいらっしゃいませんでしょうか?竹は地下茎でそれぞれの竹が繋がっていますが、木はそれぞれ単体で根を張っているとか、成長のスピードや材質、性質など全く違う植物です。


ただ樹皮の自然感には竹表皮の美しさにも通じるところがあり魅かれるところがずっとありました。実はそこにハッと気づいたのは2月に訪れたスペイン、ビトリアの街中でした、店頭に置かれた樹皮編みの手提げ籠に目が釘付けになったのです。


樹皮笠立て


なんと素朴で味わい深い籠だろうか?人と木が共存している...自分で竹林に分け入り、笊を編む分だけの竹を伐り出し庭先で黙々と竹編みをはじめる、あの職人さんの顔が浮かびました。しかし、こんな遠い国に来ずとも自分達が竹を生活の中に取り入れているように、木が普通の毎日にある暮らしは日本にあります。


桜皮鞘


胡桃の樹皮を使った傘立て、イタヤカエデで編まれた籠に入っているナタやハサミの鞘にはヤマザクラ。


キハダ、胡桃手提げ買い物籠バッグ


丈夫な山ぶどうを樹皮の繋ぎ目を編み込む紐に使い、口巻に使い、一番傷みやすい持ち手にした樹皮手提げバッグまであります。


胡桃樹皮


胡桃の材質は柔らかく木材としての価値はありませんが、樹皮は手提げバッグなどに多用されていて近頃では表裏の風合いの違いを活かした面白いものも良く見かけます。


樹皮籠


すべて天然の樹木からなので同じ種類の木であっても見た目にはかなり違いがあるのも魅力です。


東北の山々


日本は北から南まで長くのびた国なのだと改めて感じます。南国高知の車内ではエアコンが必要だったのに、こうして東北にやってくると山々は雪景色が広がります。このような寒い気候に鍛えられた木々は、四国の樹木と違う良い表情をしているのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


ANA機内の安全動画に注目!漆を使った一閑張り

2019年3月19日

  Japan Creative、竹虎四代目


竹虎に来社された事もあり、ストックホルムで「Japan Creative」の展示会にもご一緒させていただいた廣村正彰さんが東京五輪ピクトグラムを開発されたとニュースで放映されていました。


誰でも見ただけでスポーツをイメージできる分かりやすいデザインは、さすがだと思いましたが来年にせまった東京オリンピックに向けて、このような海外から来日される方に向けた色々な動が活発になっているように感じています。


ana機内安全ビデオ


ANA機内にて離陸前に放映されている機内安全ビデオも歌舞伎風に変更されています。日本らしくて素晴らしいと思いますけれど、これもオリンピックで海外からのお客様が増える事を意識しての事ではないでしょうか。


ANA機内安全ビデオ


この動画は、さすが全日空と思える凝った作りになっていて何度見ても楽しいのです。特にご注目いただきたいのが隈取(くまどり)した歌舞伎役者が手荷物を棚に上げるシーン、使っている小道具ひとつにもこだわりを感じます。


一閑張行李


本当に短いカットで一瞬ですので気づかれない方が多いかも知れません。しかし、良くご覧いただくと棚に上げている荷物は今では国産は少なくなった漆で仕上げた一閑張です。


そしてさらに、見えにくのですが昔の衣類収納の定番であったスズ竹で編まれた行李もチラリと写っています。(連日沢山の方が搭乗されると思いますが一閑張、スズ竹行李に気づいた方はアッパレ!)


一閑張行李


あまり光沢のある細工が好きではないので今まで竹虎では地元の土佐和紙を使い、柿渋で仕上げた自然な感じのモノ作りを目指してやってきました。国産の竹編みを使って柿渋で仕上げる一閑張行李など恐らく竹虎だけではないかと思います。


ですが先日のブログでお話しさせてもらったように、この動画に登場するような漆塗りの一閑張を試作中です。ビデオに出てくる黒塗りは少し重たいだろうかと考えていますが、耐水性だけでなく化学物質などにも強いと言う漆に期待しています。














| コメント(0) | トラックバック(0)


続・イタヤカエデ細工の鉄線編み丸皿

2019年3月18日

イタヤ細工丸皿


イタヤカエデ細工の泥染めは古い歴史があるわけでなく、ここ数十年の間に開発された技術だそうです。自然素材を自然素材で染めると経年変色も独特です、10年以上も経過した丸皿は白いイタヤ材は飴色になり、黒色やグレーは色褪せて風合いが全く異っています。しかし、どう変化しようと自然素材は綺麗で面白いものです。


虎竹染め


そう言えば自然染めの退色を見て虎竹の葉で染めた虎竹染めを思い出していました。優しさや温もりなどを感じさせる天然素材による染色は、化学染料と比べると時間の経過や太陽光線での色褪せは考えておかねばなりません。もちろん竹の経年変色を楽しんでもらいたと自分が考えるように、イタヤ細工の染めも経年変色を十二分に楽しむ事ができます。


イタヤ材


ただ、イタヤ材に限って言えばこの泥染めはあまり適していないのだと言います。特有の色合いにイタヤ材を染める泥染めには地下水を使いますが、含まれる鉄分がイタヤ材には適してなくて10年、20年と長く愛用しているうちに、柔らかさがなくなり折れやすくなるのです。木材用の化学染料で染めると20年経っても良い風合いで材質がもろくなる事もないと職人さんは話されますので何でも天然ばかりが良いという事ではないのです。


イタヤ細工


これは竹材で編まれたものではありません、イタヤ材からヒゴを取り編みまれているものです。本当に木材を削ったものだろうか?と思うくらい柔らかく、しなやかで折り曲げても折れない材質です。実際に丸太から細工に使われるヘギ材まで手にしてみると、つくづく先人の知恵の深さに頭が下がる思いです。


イタヤ手提げ籠バッグ


その特性を活かしたイタヤ手提げ籠バッグイタヤ弁当箱などは人目に触れる機会の多い製品ですが、泥染めの製品を見た事がないのにはこのように理由がありました。














| コメント(0) | トラックバック(0)


イタヤカエデ細工の鉄線編み丸皿

2019年3月16日

イタヤ細工


イタヤカエデ細工の工房で目を引くのは丸皿用に編まれた部材でした。この美しいモダンな色合いは、そのままのヘギ材、泥染、化学染料の三種類で編みこんであるのです。白×グレー×黒という組合わせは若い職人の手によるものだそうですが、これは新しい感覚です。


イタヤカエデ


そもそもイタヤ細工は、一本のタイヤカエデの丸太を割ってヘギ材を取っていきます。直径10から15センチ程度の頃合いの良い木材を使って、根元から高さ30センチから最初の枝の生える高さ120センチくらいの間の木材しか使えません。枝が生える部分は性質の良い繊維を取る事ができないからなのです。材料が少なくなっているイタヤカエデはヘギ材作りにも力が必要で体力がないとできない作業です。


イタヤカエデ細工


木槌が置かれていますが、これは丸太材を割る時に使うものです。刃物に当てて叩き割るイメージです。しかし木材の年輪にそって剥いでいくものの、竹のようにパンパン割れていく訳ではなく繊維がねじれているので材料取りもかなり大変そうです。見ていると木材によって節のような部分があればヘギ材にできず破棄されています。


イタヤ細工丸皿


さて、そんなイタヤカエデ細工には何と泥染めがありました。泥染めと言えば石垣島の職人さんに編んでもらったアダン手提げ籠バックを思い出される方もいるかも知れません。泥染は、アダン葉の細工だけでなく様々な繊維を独特の色合いに加工するのに使われます、あの有名な大島紬も泥染めされていますので自然素材を泥染めするのは実はかなり広く取り入れられてきた一般的な加工法なのです。


イタヤ細工


染めは時間と共に段々と変化してきます、随分と落ち着いた感じになっています。


イタヤカエデ丸皿


10年経つとこれだけ変わっていきます。最初の現代的な幾何学模様のような印象から自然な温かみを感じさせるイタヤ細工へ変身しました。しかし、このような泥染めの製品を今まであまり見かけた事はありませんでした。どうしてでしょうか?その理由は次回の30年ブログでお話ししてみたいと思います。













| コメント(0) | トラックバック(0)


これで家族勢揃い?白竹ゴミ箱

2019年1月 5日

虎竹、白竹ゴミ箱


お正月に都会から帰省してきた家族や親戚がそろって庭で写真撮影しているかのようです。しばらく欠品していた虎竹ゴミ箱がサイズを一つ増やして戻ってきましたが、今度は白竹も同じようにカムバックです。


虎竹、白竹ゴミ箱、竹虎四代目


同じ編み方、サイズ、形ですが虎斑の入った日本唯一の虎竹と白竹ではこれだけ風合いに違いがあります。どちらが良いという事ではなく、お使いのお部屋の雰囲気やそれぞれのお好みの問題です。


白竹ゴミ箱


一般的に竹と言えば、この白竹を思い出す方が多いようです。この白竹は、元々は青々とした真竹を熱湯に入れて油抜きして製竹してものです。お湯からだして湯気のあがる青竹をウエスで拭き上げると光沢のある黄色い竹肌が表れますが、その竹を冬場の寒空のしたで太陽の陽に干すのです。そうやって晒していると乳白色の美しい竹になることから晒竹(さらしだけ)と呼ばれます。


菊底編み、白竹ゴミ箱


大中小と三種類のサイズが揃った白竹ゴミ箱ですが竹籠を見る時には底編みもしっかりとご覧になってください。おお、さすが熟練竹職人らしいキッチリ編み込んだ菊底編みも見事です。
















| コメント(0) | トラックバック(0)


歳末の一閑張り行李

2018年12月29日

一閑張行李


歳末の大掃除はいかがでしょうか?29日は末日で9が付いているので「苦待つ」や二重苦に通じるので、あまり適した日ではないようですが28日に仕事納めの会社が多いと思いますので必然的に今日や明日が多いのではないかと思います。


一閑張り行李


前に結構片づけたつもりでいても一年経つと意外に色々と整理せねばならないものがあるものです。しかし、いくら便利だからと言ってこの一閑張り行李には何でも入れるという訳にはいきません。


一閑張り行李、竹骨


熟練の竹職人が、しっかり編み込んだ四ツ目の竹籠に、こんどは和紙職人が漉いた土佐和紙を張り付け柿渋を塗布して仕上げています。


一閑張り行李


大事な洋服などの収納にお使いいただきたい手触りも最高の一閑張り、柿渋を塗る事によって防水、防腐、防虫効果が高まり和紙が丈夫で長持ちしますし、時間の経過と共に風合いが増してくるのが魅力です。


一閑張行李


早くすませて陽の当たる温かな縁側で、のんびり歳末を楽しみたいものです。














| コメント(0) | トラックバック(0)


試作の虎竹やたらベンチソファ第2弾

2018年9月21日

虎竹ソファベンチ


先月ようやく完成した試作の虎竹ベンチソファ第2弾は本店に置いて自由に座っていただけるようにしています。


竹虎工場


最初の試作に比べると随分と形もよくなりましたが、まだまだ納得できる出来映えではありません。あと、もう少しなのです。


虎竹ベンチ


色々な方がご覧になる中でご意見を聴かせてもらう事もありますが、先日は納得できる事がありましたのでさっそく検討したくなりました。元から手直しせねばならず鉄フレームを作っていただく鉄芸家の池内さんを訪ねます。


虎竹腰掛、椅子


鉄フレームに虎竹をどう使って最終的にはどんな形になるのか、ご覧いただくと次のフレーム作りが全く違います。最初の試作からこうしておけば良かったかも知れません。


虎竹やたらソファベンチ


なかなか時間が取れずトントン拍子に進むとはいきませんが少しづつ着実に前進しています。


鉄芸家、池内さん













| コメント(0) | トラックバック(0)


新・虎竹やたらソファベンチ

2018年5月25日

虎竹やたらソファベンチ、竹虎四代目


今回は少し時間がかかってしまいましたが虎竹やたらソファベンチの骨組みが出来あがりました。虎竹を編み込んで出来上がった姿を思い浮かべるとワクワクしてきます。


虎竹やたらソファベンチ、骨組み


前のベンチと形もサイズも、そう違いはありませんが、新しいベンチは厚みを薄くしてもらっています。座り心地はかなり良くなるのではないでしょうか。


虎竹やたらソファベンチ、骨組み


前の試作で気になった鉄筋のジョイント部分にも工夫をして触った時にでっぱりが出来ないようにしています。やはり骨組みは大切で、竹編みをした後の触り心地にもかなり影響があるのです。


虎竹やたらソファベンチ、竹虎四代目


できあがったら、まず横になって試寝したい。果報は寝て待てといいます。


果報とは昨日から始まったクラウドファンディング。ちなみに、メキシコに運びたい日本唯一の虎竹電気自動車「竹トラッカー」は虎竹やたらソファベンチの編み方と同じなのです。
















| コメント(0) | トラックバック(0)


修理して蘇る虎竹縁台

2018年4月24日

縁台修理


虎竹縁台を修理しながら長くご愛用いただくお客様がおられます。丸竹の竹製品の場合には管理がいくら良くても竹に割れが入る事が多いのです。虎竹の場合にもまず両側の虎竹部分に割れが入る事が多いので銅線でしっかりと留めることから始まります。


虎竹縁台


折り畳み式になっていますので、足を広げて固定するツッパリのジョイント部分も手直しが必要です。そして、四万十カズラは乾燥で切れている箇所もありますので、座面の黒竹をしっかり固定するためにも巻直しています。


180420506-2.jpg


腰かける黒竹部分がピカピカと輝きはじめています。それにしても、このようになるまでお使いいただけるのは本当に有難いことです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


昼寝には合格、虎竹やたら編みソファベンチ

2017年12月15日

虎竹やたら編みソファベンチ


やたら編みソファベンチで昼寝したいと思って簡単な絵を元にして鉄製フレームの製作をしてもらったその後。こればかりに取り掛かる事もできないので少しづつ進めてきましたが、ようやく形が見えてきましたぜよ。


電気自動車竹トラッカー製作の時に車内シートをヤタラ編みした事がありました。三角形の柔らかいシート素材を竹で包みこむのは結構大変な作業ではあったのですが、少し厚めにした竹ヒゴと下地のソフトな素材感とが絶妙でした。


竹トラッカーやたら編みシート


座った感じそのものも良いのですが、竹とシートの隙間に適度の通気があり熱がこもらず蒸れないのです。昨年の「チャレンジラン横浜」で高知から横浜まで1000キロの道のりを走行したのは猛暑の8月でした。11日間連続で朝4時から夜10時まで座らねばなりませんでしたが全く違和感なく、快適に走り抜けたのは、このシート×虎竹のお陰だったのです。


虎竹やたら編みソファベンチ


ところが今回の鉄フレームへの編み込みは少し勝手が違ってきます。不特定多数の方にお使いいただくために安全性、耐久性を一番に考えた製作にしていますが、竹編みのやさしさも同時に実現したいと考えているのです。


鉄フレーム部分はあくまで文字通り縁の下の力持ちでいてもらって、しっかり土台を固めてもらい、竹編みのしなやかさが表舞台に出られるような工夫がいります。自分の昼寝用としては合格ですが、また一からやり直していきます。













| コメント(0) | トラックバック(0)


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.