百年団扇

2015年7月23日

虎竹和紙団扇


今度の虎竹和紙団扇は全体的な方がまずエイ、そして、持ち手の竹部分も、ふっくらと優しい作りで持ちやすく、暑い夜にゆっくり、ゆっくり扇いでも疲れにくそうながです。細工も丁寧で、こじゃんと気に入っちょりますが、やはり何というても虎竹和紙を使うた紙部分に注目いただきたいがです。日本唯一の虎竹を繊維にして、土佐和紙の職人気質の社長さんに和紙にしてもらいましたぞね。


長い時間がかかって、もしかしたら今年の夏の販売には間に合わないかも、そう思って気が気でなかったのですが何とか形にする事が出来ました。指先で和紙を摘んで、これなら団扇にいけるだろう、そんな感じの熟練職人の社長さんのお陰で美しく漉き上がった虎竹和紙を、今度は団扇職人さんが綺麗に仕上げて、最後は、柿渋塗布してもろうちょります。


虎竹和紙うちわ


虎竹ゴールドの呼ばれる和紙の色合いが又渋く代わるだけでなく、防水、防腐、防虫効果が高まり耐久性が増すのです。同じ製法で作られた百年前の団扇を拝見させてもらいましたが、和紙に塗られた柿渋がさらに経年変色して焦げ茶色のような、渋い色合いになっちゃある。ややっ?だから「柿渋」なのか...?いえいえ、そんな事もないのでしょうが、まっこと自然という名の職人さんには、人の手は遠くかなわんがです。


右肩に入れた竹虎ロゴマークも格好がエイですろう?桃花色と銀鼠の二色ありますちや。このマークが又自分達にとってはかけがえのないものですから、この団扇は、何とも愛おしい一本となっちょりますけんど、長い間のご愛用で和紙の色合いが変わっていくなかで、どんな見え方になっていくがやろうか?まだまだ先の事なのですが、それも楽しみの一つなのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


白竹簀の子

2015年6月13日

  白竹すのこ


ここは某大学のとある校舎の玄関なのですが、知らずに入った方なら思わず歓声をあげる事もあるような、大迫力の白竹簀の子があるのです。竹虎にも黒竹玄関すのこという商品があって、まるで自宅の玄関が料亭になってような...等と嬉しいお声を頂戴しちょりますが、この広い入り口一面に竹を敷き詰めているのを見ると、まっこと、これだけて清々しい風が吹き抜けていくような気分になりますぜよ。


それぞれ一つ一つを正方形にちょりますので、縦横竹の方向を違える事により市松模様のようになるのも面白いし、靴を脱いで素足で竹を踏んだときの心地よさも格別ですろう。これなら、こじゃんと(とても)勉強にも身が入るというものですちや(笑)。


白竹簀の子


別の少し狭い入り口には下駄箱が置かれちょりました。そこでも靴を脱いでスリッパに履き替えられるように白竹簀の子が活躍しよります。正方形の形のパーツを短くカットしたりして、狭い場所には狭いなりに簡単に加工できるのも竹のエイところですろう。


白竹スノコ


通路の一角にテーブルと椅子が置かれたコーナーがありました。ここで学生さん達が打ち合わせや雑談をされるようですが、靴を脱いで素足に竹を感じながらリラックスできるよう工夫されちょります。こんな足元の涼しげな場所があったら話し合いにしても何にしてもスムーズに事が運びそうですちや。


これから暑い日が続く夏がやってきますぞね。環境問題から、節電のためのクールビズなどと言われる事も多いですけんど、エアコンの設定温度も、ちっくと高めにしても、ここなら平気ではないろうか?そんな風に感じさせてくれる白竹簀の子なのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


感激!虎竹和紙団扇の試作完成

2015年6月12日

  虎竹和紙団扇


5月30日のブログでもお話しさせて頂いちょりましたが、今年の虎竹は、どういう理由か分かりませんが和紙に漉ける繊維質になるのに普段の数倍の時間がかかってしもうたがです。最終的にはそれでも、まだ和紙には出来ないとの事やったので、竹素材を和紙メーカーさんから竹虎本社まで一度持って帰ってきて、皆で代わる代わる大方半日がかりで少しづつ木槌で叩いて細かくしたのです。


いつもと変わらない竹素材のはずだったのですが、まっこと自然素材の難しさを改めて感じた今回の竹和紙作りですが、けんど、そうやって苦労をして和紙漉きできるようになり、和紙工場で一枚の竹和紙となって来た時には、やうやく難関を突破したような気持ちで、まっこと嬉しかったがです。


虎竹和紙うちわ


ところが、それで終わりではありませんぞね。虎竹和紙を使うて、今度は団扇職人さんに団扇にしていただかねばならないのです。ひとつ懸念しちょった事があります。それは、竹和紙の油分の事ですぞね。今度の団扇は長くご愛用いただきたいと思っています。なので団扇には柿渋を塗り仕上げる事にしちょりました。柿渋を塗布しますと、風合いも当然増すのですが、その他にも防水、防腐、防虫効果があるのです。100年くらい前の団扇が現代にも普通に残っていたりするのですが、これは、この柿渋の効能による所が大きいのです。


さらに、柿渋仕上げの団扇に自分が魅了されたのは、その経年変化ぜよ。年を追うごとに色合いが深まり、まさに渋みが増していく様は、まっこと、磨きの竹細工を見るようで嬉しゅうなってきますぜよ。ただ、ひとつの懸念というのが、この柿渋が竹の油分にどうか?という事だけだったのです。上手く塗ることができればエイけんどにゃあ...。


そうこうしている内に団扇が出来あがってきましたぞね。一目見て、柿渋が何とか上手く虎竹和紙に馴染んでいるのが分かり、まっことホッとするやら、そして和紙作りに苦労しただけに、淡い色合いに入った竹虎ロゴマークに感激してしまったのです!思わぬアクシデントがあって、皆様にご紹介できるのが遅くなっちょりますが、来月には黒竹の団扇立て同様にお披露目できそうです。日本の猛暑はとどまるところを知りませんので、エアコンを止める事には少し抵抗もあるかも知れませんが、暑い時期には節電も言われよりますので設定温度を上げるなどして、その後は、昔ながらの伝統の団扇で涼んで頂く、そんな、夏もエイのではないですろうか?













| コメント(0) | トラックバック(0)


丸窓の飾り

2014年11月22日

丸窓 黒竹


竹は熱を入れると自在に曲げ加工ができるものではありますが、細い黒竹をこれほど見事に美しく細工できるのは、長い伝統の技術の賜ではないですろうか。このような加工技術を使うて、もっと複雑な形を表現しちゅうものもありますが、主に松竹梅など縁起の良い物などが多いのです。一般の住宅ではあまり見る機会はありませんが、旅館や料理屋さんなどで丸窓と呼ばれる飾り窓に、さり気なく、このような竹のあしらいがあると、こじゃんと粋というか風流を感じさせてくれるがです。


瓢箪型 煤竹


丸窓と言うても丸型だけでなく四角い形のものや。変わったところで瓢箪の形をした窓もありましたぞね。内側に通した煤竹に、まるでその竹にツルが巻き付くように見えますが、その巻き付く細いツルも実は竹で作られちゅうのです。


胡麻竹


これは窓の内側にはめ込むタイプですちや。厚みのある壁の内側部分は結構見られる所ですので、ここにはゴマ竹を使用してより高級感を出しちゅうがです。新しい今風のお家もエイですが、このような丸窓がしっくりくる昔ながらの日本家屋に、いつかは暮らしてみたいと憧れちゅう方も少なくないのではないですろうか。













| コメント(0) | トラックバック(0)


台湾の竹家具

2014年11月13日

竹ソファ


昨日は外部から来られた方々との打ち合わせをしている中で、ふと思い出した9月に台湾に行った時の事をお話させてもらいたいがです。


竹編みの手鞠は日本でも作られる事のある竹細工ですけんど、それを沢山繋げてソファにしようという発想はないがぜよ。だから国立台湾工芸研究所で、これらの家具を拝見させて頂いた時には、まっこと度肝を抜かれるような思いやったがですちや。


もちろん、すぐに思いうかぶ耐久性や強度など、クリアしなければならない課題はいくつかあるかも知れません。けんど、こうやって一つの完成度の高い立派な家具として存在しちゅう、これが何ともビックリする事ですぞね。イタリアかどこかのインテリア関連の展示会でも発表されたことがある、そんなお話にも頷ける素晴らしさでしたぜよ。


竹椅子


そもそも会議室に通していただいて腰をおろした椅子も竹でしたぞね。集成材を丁寧に仕上げていく工程を動画で拝見しましたが、デザイン性もあり、竹素材という面白さもあります。こんな格好が良くて、お洒落な椅子なら自宅でもオフィスでも使ってみたいと思われる方はおられるように思うがです。


えっ?座り心地ですろうか?


竹チェア


座ったらこんな感じぜよ。この顔で判断していただきたいがぜよ。


竹特有の優しい腰当たりと、何と言うても「しなり」、竹繊維はこれに尽きますぞね。そう長時間座っていた訳ではないのですが、座面の堅さなどは全く感じず快適に使う事ができそうでした。


高知など高温多湿の地方では特になのですが、デスクワークをされる方で座面の蒸れを気にされる方もおられます。だからメッシュ素材の事務用椅子など人気とも聞きますが、竹椅子なら、そんな心配はゼロですにゃあ。


竹の曲線美


細い白竹を同じような曲線に仕上げて座面を作った椅子もあったがです。まるで滝が流れるような美しさに見とれましたけんど、ただ、ラインの優美さとかの外観だけでなく、これが実際に人が腰かける椅子というのに興味が湧いてくるがです。


仕事場の竹家具


およそ考えつく限りというたら大袈裟かも知れませんが、竹の可能性をとことん追求するような台湾の竹工芸は想像以上に凄いです。伝統と革新という言葉がピッタリくるように思うちょります。特に竹家具にこれだけ進んだ作品があって、実際に色々な場所でも使われている背景は何やろうか?


やはり思いうかぶのは昔から多用されてきた伝統的な竹家具ですろうか。南投県という地域性がもしかしたらあるのかも分かりませんが、自分がお伺いした十数軒のご自宅や店舗、工房、事務所には必ず竹家具が使われちょりました。


来客を迎え入れる所にはもちろんですが、職人さんが働く現場にでも椅子や机は竹製ばかりと言うてもエイくらいでした。こうやって竹に親しみ、竹を自然に使い続けている生活そのものが、アッと目を引く作品づくりの基礎になっちゅうように思うがです。













| コメント(1) | トラックバック(0)


エコな座敷箒の理由

2014年10月 3日

座敷箒


昔ながらの座敷箒が静かな人気を呼んでいるのをご存じですろうか?ダイソンなど吸引力と静かさを両立させた高機能の掃除機もあるなか、どうして今どき箒などと不思議に思われる方もおられるかも知れません。けんど、手箒の良いところは、まず手軽さです。思った時にコンセントなど差す手間もなくササッと掃除できること、そして、掃除が終われば何処かに引っ掛けるだけ、極めて手軽で面倒いらずという事があります。


また、都会で生活される方のお声で意外におおいのが「音」ぞね。いくら静かな掃除機と言うたち、箒より静かな電気掃除機はないですろう。周りの方に気兼ねなく夜遅くでも、朝早くでも掃除ができるから良い。そんな田舎の一軒家に暮らしちょったら、なかなか分からない。貴重なお声を頂戴して座敷箒が支持される理由を知ったりするがです。


最後に一番大きな理由があって、それが電気を使わない事ぜよ。ここ数年は節電を考える機会も多かったせいか、環境に対して真剣に考えられるお客様がジワリジワリ多くなっちょります。電気掃除機は当然ですが電気を消費しますので、日頃の掃除を箒に切り換える事によって、ちっくとでも電気を使わない暮らしにされゆうがです。


さすがエコな掃除道具と膝を打つのは実はまだ早いぜよ。確かに座敷箒など日本で昔から使われてきた道具は電気を使わず、環境の負荷の少ないエコなものと言うことができるかと思いますが、本当に凄いのはここからながです。


小さい頃、竹虎の工場に遊びに行くと作業場の片隅には、こじゃんと(とても)箒草の部分が短くなった手箒がありました。柄竹もボロボロで割れが入ったりして、この箒が何年も何年も使われてきたことを物語ったちょります。その時には分かりませんでしたが、後で職人に聞くと草の部分が長いうちには優しい掃き心地なので、室内でタタミを掃く。少しちびたり曲がった箒草の先を切ったりして、短くなったら板の間、それより短くなれば土間掃き用、そして、最後は庭掃き用として使い切りよったがです。


「もったいない」という言葉が日本の文化として注目されちょりましたが、こうやって日本人は道具と向き合い大事に使うて来たがぞね。江戸時代くらいの日本の暮らしは環境に配慮したエコな暮らしそのものやったと聞いた事がありますが、そんな生活道具の一つとして座敷箒があり、忘れられた時間を経て、また今こうやって光が当たるようになってきちゅうがですちや。













| コメント(0) | トラックバック(0)


クルクル回る、竹のちり箱

2014年9月20日

くるくる竹ダストボックス


竹の加工技術で近年大きく飛躍しちゅうのが集成材ですろう。もともと形の揃わない丸い形で身の部分も薄い竹は、均一化が難しく工業製品のように扱えない素材やったがです。昔に比べて技術の進歩や大企業の取り組みもあってか、竹の集成材は大躍進しちょりますぞね。家具やフローリングとして色々なところで目にするようになりましたし、高知では高級車のハンドルとして加工されゆう会社様もあるがです。実は、あまり関心のない方でもすでに生活で大きく関わりゆうがですぜよ。


竹の折り重なった模様から、そんな竹の集成材で作られちゅうモノと分かりますが、これだけやったら一体何なのか?と思うてしまいますぞね。


竹虎四代目


実はコレが四角い形をした卓上ゴミ箱ですちや。集成材で箱形にしただけならあまりにも芸がありませんけんど、実は、上蓋がクルクル回転するようになっちょります。


ダストボックス蓋


上蓋が回転するゴミ箱については、もともと太い孟宗竹を原材料に使うたものがありましたけんど、竹は丸い形をしておらず、楕円形やったりします。しかも太さも全て違うので加工が大変やったがです。


竹集成材で同じサイズのものができると、加工する職人さんも楽やし、キッチリした蓋が出来ますぞね。試作の時には、ちっくとスムーズに回転しなかった蓋も改良されて、こじゃんと良くなっちょります。和風でも洋風でも使えますきに活躍の場所は広いように思うがです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹ヒシギの花籠

2014年9月16日

竹ヒシギ花籠


緻密な編み込みの竹細工や見た事もないフォルムの竹工芸には、思わず声をあげられる方もおられる程です。一本の竹が思いもしないような形に姿を変えて、そこに居るのはサプライズであり、ショッキングでもあるかも知れませんぞね。


丸い竹を割って平らに叩きのばした加工をヒシギと言いますけんど、このヒシギの花籠はどうですろうか?節の形からして、そんなに大きな竹ではありません。平らにした竹を縦にシンプルに並べちょります。簡単では無いですが、このような一見そのように見える造形ほど、作り手のセンスが裸にされるようで、なかなか難しいように思うがです。


ずっと見よったら、今日の木漏れ日の中に笑い声がする。自分が入社したての頃に虎竹のヒシギを叩いてくれる。内職のおばちゃんたちが7人も8人もおって、その職人さん達には色々と教えてもろうたちや。昔の事を知らず知らず思い出しちょりました。


竹節の表情をそのまま残し、自然な竹林を部屋の中に持ってこられるような竹籠。だからこその存在感は作り手の思いも強いがですろう。とにかく懐かしい思いをさせてもらえた事に感謝ながです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


虎竹壁掛け

2014年8月29日

虎竹色紙掛け


虎竹とカズラで仕上げたシンプルな色紙掛けがあるがです。あまりに飾り気のない素っ気ない作りに、随分と前から店の片隅に置かれちゅうのに気にもとめていませんでした。けんど、それは色紙自体、飾りたいような大事なものを持っていなかったという事やと気づいたがです。


いざ、この色紙を壁に掛けてみたいにゃあと思うたら、立派な額縁のような色紙かけもエイですけんど、この簡素な虎竹編みのものが一番しっくりとくるがです。色紙掛けだけの時にはあまり感じませんでしたけんど、使うてみて初めて色紙を引き立てる、脇役としての竹編みの良さを知りましたぞね。


虎竹短冊掛け


短冊掛けも、まったく同じ事ですろう。さすがに短冊は今のところ何ひとつ手元になく、また、今後も短冊を飾るような予定もないがです。なので、この短冊掛けの本当の良さに気づく日は、もしかしたら、まだまだ遠い先の事ながやろうか?きっとそうに違いないがぜよ。













| コメント(0) | トラックバック(0)


竹灯りの下で

2014年8月27日

竹照明


この竹照明の吊り下げられたテーブルには毎日のように座りますので、ついつい忘れがちになっちゅう事があるがです。竹は半円球の形に編まれて普通の電灯の傘カバーと変わりはないがです。けんど、灯りが入ったら、とたんに竹ならではの優しく柔らかな光でありながら、普通に思うよりも強い光を放つがです。


これには職人の工夫があって、本来は一番目につく外側部分に、竹の一番綺麗で丈夫な表皮側を持ってきますが、この竹照明の傘の場合には電灯の光の反射など考慮して、竹表皮は内側に向けて編み込まれちょります。下から見上げると、竹表皮部分の光沢が年を追うごとに濃く渋くなり、照らしだす明るさにも円熟味を感じてしまうがですぞね。


この竹照明に対して、竹の身の部分のヒゴばかりで編まれた、丸みのある竹照明も近くに吊られちょりますが、やはり点灯した時の光の反射にはかなり違いがあるがぜよ。竹表皮を使っていないからダメかと言うたら実はそうではなく、竹の身部分の照明は竹ヒゴ全体を通して、じんわりと光りが部屋全体に伝わる感じがするがぞね。同じ竹灯りでも、それぞれの良さがあり、温もりがあり、どちらも大好きな竹照明ながです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


<<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.