新登場の白竹蓋付き脱衣籠について

2019年11月12日

蓋付き脱衣籠


あまり見なくなったせいかハッと目にとまる四ツ目編み蓋付きの脱衣籠が新登場しました。近年、白竹の質も思わしくない中でよくこれだけ程度の揃った竹材を使って編み上げているなと言うのが第一印象です。


白竹蓋付き脱衣籠


衣装籠


美しい編み込み。軽くて手触りがやさしく、しなりがあって丈夫という竹ならではの使い心地のよさ。蓋付きでこれだけのサイズでありながら扱いも簡単です。


衣装籠


角物の竹籠で傷みやすい角の四隅はしっかりと籐巻で補強されています。


蓋付き脱衣籠


通気性のよい脱衣籠としてだけでなくお使いの方次第で色々と活用できる竹籠です。見た目にも清々しく涼しげ、季節はずれではありますが竹虎は竹しかありませんのでご容赦ください(笑)、しかし生活様式も大きく変わってきましたので白竹でも今は一年通してご愛用いただいています。


角脱衣カゴ


角物の脱衣籠といいますと今年のはじめから夏にかけて大量に用意させてもらった磨き衣装籠を思い出します。これだけの数を製作する事はなくなりましたので、この写真だけ見ていると昭和初期か?とさえ思ってしまうそうです。新登場した白竹蓋付き脱衣籠は当然沢山作る事はできません、ひとつ、ふたつお使いいただける方にお届けできればと思っています。













| コメント(0) | トラックバック(0)


「DESIGNART TOKYO」山本滋己さんの木×虎竹

2019年11月11日

「DESIGNART TOKYO」山本滋己さん作品


「DESIGNART TOKYO」というアートイベントが開催されていてそのメイン会場であるワールド北青山ビルの一階フロアに山本滋己さんの木と虎竹を組み合わせた作品が展示されていました。


「DESIGNART TOKYO」山本滋己さん作品


丸い穴を開けた木材と竹材の組み合わせた作品はアートでもあり家具でもあるそう。


1「DESIGNART TOKYO」山本滋己さん作品


こうして見ると竹笛のようでもあります。


「DESIGNART TOKYO」山本滋己さん作品


作品に虎竹を選んでいただいて光栄に思っています、ベルリン在住の山本さんが母国での展示会に竹を取り入れたのは日本人の血でしょうか。近未来的でもあり、自然素材の温もりと懐かしさも感じる作品は丸竹をそのままに使っているので割れを心配しましたが本人はあまり気にした様子もありません。


山本滋己、竹虎四代目(山岸義浩)


きっと、もっと遠くを見ているのだと感じました。













| コメント(0) | トラックバック(0)


続・竹虎カレンダー2020

2019年11月 9日

竹虎カレンダー2020


今年も恒例の竹虎カレンダーができあがりました。本店にご来店された皆様やインターネットでお買い物いただきましたお客様のお荷物に同梱させていただいております。例年、見開きページには一年を代表するような事柄を取り上げて掲載させてもらっていますが2019年は何といいましても創業125周年で取り組みましたボックスカートレース用の虎竹車REIWA-125号の製作とスペインはビトリアでのレースだったと思います。


竹虎カレンダー2020


そして、その後の東京よみうりランド特設会場で開催されたレッドブルさん主催レースでは日本全国から集まった強豪59チームの中から準優勝という信じられないような結果となりました。まだまだ年内にやらねばならない事もありますものの、こうして振り返りますと今年も皆様からの大きな応援をいただいた一年ではなかったかと思っています。


竹虎カレンダー2020


竹虎カレンダー2020


塩月寿籃、竹虎カレンダー2020


虎竹アーマー姿の竹虎四代目が「東京オリンピックもエイけんど竹の世界で金メダルを掴むぜよ!」と嘯いています(笑)気が早いですが、そんな心構えで来年は頑張ります、何卒よろしくお願いいたします。














| コメント(0) | トラックバック(0)


自然豊かな国、日本のマタタビ蕎麦ざる

2019年11月 8日

マタタビそばざる


マタダビという秀逸な素材を探し出した先人の英知は素晴らしいものです。9月末からちょうど今頃までが伐採の季節ですが黒っぽい小枝のようなマタタビの表皮を剥ぐと雪のように白い木肌が現れます。


マタタビ蕎麦ざる底編み


4本から6本程度に割って幅を揃えたヒゴは編組に適した粘りとしなりがあり、網代底もこのように綺麗なマタタビ蕎麦ざるに編み上げることができるのです。


マタタビそばざる


笊の裏側からみた編み目模様も美しく、これがあの黒っぽい小枝だったかと思うと不思議です。


マタタビ籠


マタタビは水にも強く、手触りがよく、そして軽いことから扱いが容易で台所用品として重宝されてきました。特に水分を含むと目がつんで小さな米粒も編み目に挟まなくなりますので米研ぎザルには最高といえます。


マタタビザル


更に使っているうちに真っ白な色合いが段々と飴色に変化していくのも竹と同じように魅力のひとつです。実はひとつだけ飴色に変わりつつあるマタタビの弁当箱を持っていますが、蓋をとると日頃は重なっている部分だけがまだ白いまま残っていて変色の具合を知るバロメーターとなっています。


日本はこのように自然に恵まれ、伝統ある豊かな国だと言う事を蕎麦ざる一枚から知ることができます。














| コメント(0) | トラックバック(0)


布袋竹の遍路杖

2019年11月 7日

布袋竹、遍路杖


布袋竹は布袋様のお腹のようなふくらみがある事が名前がついています。この特有の繊維のねじれ、ふくらみの面白さはグリップに最適なので釣竿にも多用されますし、お洒落なステッキにもなりますので四国お遍路さんが使う遍路杖としても好評です。


布袋竹、遍路杖


それにしても布袋竹と一口にいいますが一本として同じ表情のものはなく、それぞれがオンリーワン、虎竹の色付きと同じです。





この700度のガスバーナーで一気に油抜き加工をします。


油抜きの竹材


油抜きの加工をすると切り口からこれだけの水分が噴き出してきます、竹は糖質の多い植物ですので糖分を含んだ油成分。中国では淡竹から取るこの液体を竹瀝(ちくれき)と呼んで喘息や肺炎の民間薬としています。


布袋竹、遍路杖


さて、この油分をウエスで拭き上げるとこの光沢なのです。何か透明な塗料を使っているのかと、お客様から聞かれる事もあるくらいですけれどもちろん何もしません。自然の竹の持つ力と魅力を引き出すお手伝い程度しか人の出来ることはないのです。


布袋竹、遍路杖


居合のつもりでしょうか?このような使い方は厳禁です(笑)。













| コメント(0) | トラックバック(0)


特注の竹簾で漉く土佐和紙は...?

2019年11月 6日

特注竹簾


別誂えで色々なサイズの竹簾をご用命いただく事がありますけれど、これだけ長いものはあまりありません。しかも今回はこの竹簾で和紙を漉くと言います、和紙職人さんの方も初めての仕事なので竹簾作りも手探りです。和紙漉きに最適であろう一枚が完成したところなのです。


竹和紙繊維


竹虎では虎竹繊維を使った和紙を土佐和紙職人さんにお願いして漉いてもらっています。ドロドロの繊維質になった材料が手漉きされる様子をご覧になった事はありますでしょうか?





このようにして和紙漉きをする際、今回の動画では使っていませんでしたが水切り部分に使われるのが竹簾なのです。


和紙漉き


どんな風合いの和紙が漉きあがるのでしょうか、漉きあがった土佐和紙は東京の某ホテルさんの壁をすべて飾ると言います。和紙風壁材ではありません、本物の手漉き和紙で作られる空間というのはどんなに温もりがるのか今から楽しみにしています。













| コメント(0) | トラックバック(0)


近年の竹と害虫

2019年11月 5日

竹林


今も台風による大きな爪痕が残されている日本では気候変動による災害がテレビニュースでも取り上げられています。これからは海面の温度が高くなることによる台風の大型化も心配です。温暖化によって自然界の生態系も少しづつ変化が見られるようになり南方系動植物の北限が年々北に上がっているという専門家の話も聞きました。


チビタケナガシンクイムシ


そんな事も影響しているのか近年、竹材が虫に食われる事が非常に多くなりました。この小さな穴はチビタケナガシンクイムシの食害にあったあとです、このような穴が沢山開いて最悪の場合には竹材の強度もなくなってしまいます。今までこんなに虫が入る事は無かったのに...と職人は口々にいいます、ずっと昔から同じように管理してきた竹たちです。ゆっくりとではありますけれど変化しつつある大きな自然の流れを感じずにいられません。


荒れた竹林


山の職人の減少によって荒れてしまう竹林が多くなっている事も一因だと思います。竹が成長が早く素晴らしい素材であって、これからの未来に向けてもっともっと活用されるべきものだと言うことは常々申し上げている通りです。しかし、竹の三悪「割れ」「カビ」「虫」を忘れてはなりません。昨日は丈割竹(壁竹、木舞竹)のお話しをさせてもらいました、実は昔から「竹の旬は壁竹職人に聞け」と古老の内職さんが話していた事を思い出します。


竹四ツ目編み


つまり壁竹は長く使う住宅の壁材として使われる非常に大事な部材です。虫害にあうような事があってはなりません、特に武家社会だった頃の竹材管理の不備は切腹ものだったそうですから命がけで竹林を観察し読み切っていたのではないでしょうか。


虎竹伐採


竹虎では竹伐採の期間などについてルールを厳守するだけでなく虎竹以外の竹素材についてもこれから出来うる対策をしていかねばならないと考えています。














| コメント(0) | トラックバック(0)


竹四ツ目編みエビラ完成

2019年11月 4日

竹四ツ目編み


エビラ籠とは元々は養蚕農家が蚕棚として使っていた竹編みの平籠の事で、最盛期には今では考えられないくらいの数が使われていました。近くの河原に運んで洗っている様子を何かで見た覚えがありますが、小山のようなエビラの量に驚きました。だから蚕を飼わなくなった現在でも近所の農家さんに行けば必ず一枚や二枚は見つかるものです。


民族資料館の四ツ目エビラ


なので高知の歴史民俗資料館にも多数のエビラが保管されていて前々から気になっていた四ツ目編みエビラを来年に向けて復刻してみたいと思っています。四ツ目編みは網代編みに比べて更に通気性がよく梅干しや野菜干しには適しています、しかし何より古い四ツ目エビラの竹の枯れた風合いが、ずっと忘れられずにいたのです。


竹四ツ目編み


あの竹ヒゴが何度も何度も擦れて磨かれ艶のある光沢になるには一体何年愛用すればよいのだろう?そんな事思う間にすぐに四ツ目エビラは完成しました。


竹四ツ目編みエビラ


思った通りの出来映え、しかし新品の四ツ目エビラなど、もしかしたら日本にこれ一枚かも知れません(笑)。


竹四ツ目編みエビラ


竹四ツ目編みエビラ


木枠に入った青竹の四ツ目を見ると丈割を思い出します。丈割は壁竹とも木舞竹とも呼ばれている土壁の芯に使われていた竹材の事です。丈は10尺、つまり約3.03メートルの長さに割った竹の事で、竹虎では虎斑竹の中でも色付きが少なかったり、キズがあったりする二等以下の竹を使っていました。


温暖化の影響でしょうか?虎竹の色付きが今年もかなり良くありません。丈割の製造も二十年近く前には採算が合わなくなり止めています、二等以下の色付きの無い竹の加工が課題です。














| コメント(0) | トラックバック(0)


東京国立近代美術館工芸館「現代の眼」

2019年11月 2日

現代の眼


東京国立近代美術館工芸館にて竹工芸名品展が開催されています。ニューヨークにある有名なメトロポリタン美術館が所蔵しているアビー・コレクション、日本の美術品が海外のコレクターの目にとまって海を渡っていくという話を聞きます。竹工芸も同じように昔から欧米の方々にその真価を理解していただいていたのです。


現代の眼、竹虎四代目(山岸義浩)


ちょうど竹の旬も良くなり虎竹の里でも竹伐採の季節を迎えていますが、美術館が発行されている「現代の眼」に素材としての竹についてインタビュー記事を掲載いただきました。


現代の眼、竹虎四代目(山岸義浩)


見本誌にチケットが同封くださっていましたので、ニューヨークで感じた時と又違う感慨があるのではないかと思いお伺いしたのです。


竹工芸名品展


東京国立近代美術館工芸館は皇居のお堀を間近に見られる静かな木立をぬけた所にあって天気が良ければ散策するだけでも気持ちが良いものです。今日からの三連休にお時間あれば是非ご覧いただきたい日本の宝があります。


竹虎四代目(山岸義浩)


を知り、竹を愛し、自分の竹世界を持っている作り手には魅かれます。













| コメント(0) | トラックバック(0)


洗いぞうけ、伝統の竹細工の終焉に

2019年11月 1日

竹職人の工房


ボクは、ちょうどのタイミングでこの世に生まれて来させてもらった。何千年も続いてきた日本の竹文化、代々続く伝統の竹細工、その最後の瞬間に立ち会えるギリギリの時だ。


洗いぞうけ


たとえば、この洗いぞうけ。5尺3寸で編まれていた一升ぞうけより一回り小さく4尺3寸。高知で長い間作られてきた竹細工、何と孟宗竹と淡竹(はちく)で編まれた感激ものの逸品だ。


洗いそうけ


大量の注文に間に合わせるために、もう50年も前からカズラをやめて針金を使ってきた。細く取った竹ヒゴをこの地域では「ネギ」と呼ぶ、家族で営む竹細工は全国的に見ても材料作りは男の仕事だが、ここでもネギを作るのは男達、女衆は編みを担当する。


隣近所が集まって総出してのそうけ作り、材料の竹が運ばれて来た時の話が面白い。なんと一斉にくじ引き大会が始まるのだ。曲りや節間により選別された竹が一本一本並べられて上位に当たった者から好きな竹を使うことができる。素材で籠の出来映えも早さも決まるので想像するだけで職人たちの熱気が伝わってくる一大イベントだったに違いない。


竹籠、そうけ


孟宗竹の口巻は厚く強く、これだけ古くなった洗いぞうけでも抜群の存在感。この口巻の内側は「内縁」、外側は「そら縁」。


竹籠、そうけ


一般的には当縁と呼んでいるが、ここの古老たちは「ふで縁」と言っていた。どうしてふで縁なのか聞くと「ふでるから」、そんな土佐弁聞いた事もない(笑)。


竹籠、そうけ


虎竹も淡竹の仲間なので、どうしても淡竹の風合いには魅かれてしまう。現在、日本には淡竹を巧みに編み込む職人は二人しかいなくなったが、当時はこうして数十人の職人が淡竹と共に生きていたのだ。


竹籠、そうけ、米揚げざる


細い横編みの「ネギ」に対して幅広い縦編みの竹ヒゴは「タツ」。どの大きさのそうけにも籠中心部分の「タツ」には皮付が使われていて「皮タツ」と呼ばれていた。


竹籠、そうけ、米揚げざる


後の「タツ」は皮無の二番、三番、四番...と竹ヒゴが使われる。それにしても「ネギ」を近くで見ると丁寧な仕事ぶり、触ってみると指先に三角形に尖ったヒゴがしっかりと主張してくるようだ。


竹籠、そうけ、米揚げざる


3本の「皮タツ」を挟んで両側にが同じ本数だけ使われるので「タツ」の総数はいつも奇数になる。一升ぞうけには17本、この洗いぞうけには13本の「タツ」が入っている。


竹籠、そうけ、米揚げざる


ボクは、ちょうどのタイミングでこの世に生まれて来させてもらった。こんなそうけが30個一括りになって山のような竹籠達が出荷されていた時代。男達が女達が村全体で竹に向き合っていた残り香だけでも感じられるのは幸せなのだ。














| コメント(0) | トラックバック(0)


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.