虎模様の包装紙


竹虎包装紙


竹虎はお陰様で今年で創業119年になっちょりますが、実店舗を作って竹細工の販売をはじめてからでも40数年という歳月が経っちょります。日本でも、ここにしか成育しない虎斑竹(とらふだけ)を生産する地元の皆さんが虎竹を使った様々な竹製品や竹工芸に触れる機会を作りたい、そんな祖父の思いを形にしたお店やったです。


外観はもちろん、壁も天井も竹だらけ。そして、所狭しと並べられた大小様々な展示されている商品も全国各地で作られよった竹細工。子供心にも、どこを見ても、まっこと竹ばっかり。何ひとつ面白みのない店やにゃあ、歩き回りながら、そんな事を思いよったのを覚えちょります。そうそう、子供の目には興味を引くモノは少なかったですけんど、引き戸を開けて店内に入った時の、竹特有の香り。これは妙に心が落ち着き、好きな香りやにゃあと思いよりました。


こうやって小さい頃から、このような日本のそれぞれの地域で作られてきた伝統の竹に親しみ、竹ばっかりに囲まれちょったからこそ、はじめての遠く離れた竹の職人さんに会うた時にでもまるで昔から知り合いやったような懐かしさを覚えたりするのかにゃあ。そんな風にも思いよりますが、この竹虎の店には、当時から使いよった竹虎の包装紙があるのです。


竹林の写真を刷り込んだ、若竹をイメージしたような薄い緑色をした包装紙ぞね。これを長い間、竹虎では使用してきて、家族はもちろんですが、働く社員の間でも、そして古くからのお客様にもこじゃんと愛着のある包装紙でもあったがです。だから、包装紙をリニューアルするのに実は何年もかかりましたちや。やはり虎竹模様の包装紙が竹虎らしいと思い、写真を撮り直してロゴマークなどをあしらい完成したのが1年半前。今ではギフト包装などは、全てこの虎竹模様の包装紙を使いよります。


そして、さらに最近ではラッピングに工夫をこらすようにしちょります。専門の方のご意見を伺いながら本物の虎竹を表に貼り付けてみたり、せっかく虎竹の里からお届けさせていただきよますので自分たちに出来る事があればそれを精一杯やらせてもらいたいにゃあと思うがです。













| コメント(2) | トラックバック(0)


コメント(2)

先日は、炭石鹸をお送りいただいて、ありがとうございます。
送って頂いたプレゼントを開けると、今回のブログに出ていた包装紙に
包まれた箱!

思わず、
「おおっ! かっこいい!! しかも、竹が貼ってある! やるぜ、竹虎!」

言葉は乱暴で申し訳ないですが、ホントにかっこいい包装紙です。
そして、竹に対する愛情、お客に対する愛情が、包装紙だけで伝わる、そんな包装紙だと思いました。

服部 益久様

コメントありがとうございます!
包装紙とラッピングをお褒めいただいて
こじゃんと(とても)嬉しいです(^^)ありがとうございます!

虎竹の里にしか成育しない虎竹の事を
少しでもお伝えできるものという思いで
包装紙もご用意させていただいております。

今後竹のバリエーションなども工夫したりして
もっと楽しんでいただけるようにしていきたいと考えちょります
何卒よろしくお願いいたします。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5420

« 愛用率80%の竹炭石鹸ぞね | Main | 名人作虎竹耳かきの黒 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2017 taketora. ALL rights reserved.