白竹の篭


be73b0c0.jpg随分前から自宅で使ってる白竹で編んだ篭。どうという事もない篭ですが、実は先日も新聞に掲載された工場長の作ったもの。しかも修業時代に編んだものなので思いいれもあって大切にしています。竹って不思議なんです。木目のきれいな家具やフローリングに置いても、黒革のソファのそばにあっても、はたまた金属製の棚であっても、それぞれに似合ってしまう。そして、その温もりと言ったらありません、うまく言葉にできないくらい…。一生使いつづけるであろう白竹の篭を両手でなでながら思っています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/23159

« 袖垣?知りません | Main | 近日ご紹介できそうです »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.