職人芸

8993f0f8.jpg竹虎の竹皮スリッパは、竹皮の履き心地を大切にしたいから型押しせず職人の技だけで形をととのえています。当然、職人の手により微妙に形の違いがあるのです、だから底につけるUVAスポンジも一足一足形がちがいます。決まった型なら機械でいくらでも打ち抜けて大量生産もできるのですが全て手作業だとそうはいきません。でも、竹皮スリッパをお買い求め頂いた皆さまは、是非底部分をご覧下さい。本当に手で削っているのだろうか?そんな風に思うくらいのなめらかで美しい仕上げ、妥協しない専門の職人芸ならではなのです。

トラックバック(0)

コメントする