昭和レトロ

2006年6月30日

cb490716.jpg一昔前まで軒先や路地裏で見られた夏の風物詩。打ち水した夏の夕刻には、蚊取り線香とウチワ片手にこんな竹縁台で将棋に興じる大人達がいました。今では見られない懐かしい光景が、日本唯一の虎斑竹(とらふたけ)で作られた竹縁台で蘇ります...。で、いよいよシーズンの虎竹縁台を製造しようと言うわけですが竹虎の場合、製造といいますのは、まず素材からはじまります。トラックに満載した竹が工場に入ってきました、すべての製品はまずここから。虎竹なんて日本のどこにもないから当然といえば当然のことですが、こうやって自分たちのつくる製品の材料を取るところからはじまるのです。山に生えている竹林と工場、そしてお客様がひとつの線で結ばれているのを感じる瞬間でもあります。












| コメント(0) | トラックバック(0)


楽園

2006年6月29日

01ce3c86.jpg竹炭風鈴が昨日の高知新聞の夕刊に大きく取り上げられました~♪本当に手間がかかるため量産できないのですがボクがあまりの音色の美しさに感動してせめて動画配信で試聴だけでもしていただけたらと思ってページを作っています。ちょうど竹林に撮影に行った時はウグイスの鳴き声が谷間に響く頃。注意して聞いていただくと風鈴の音にかぶさって鳴き声が入っています。チリリン、チリリン...竹炭風鈴の音を聞いていると、花の香りにつつまれ、鳥の歌声を楽しみ、風の心地よさを感じ、月の美しさを愛でる。当たり前にように暮らしているこの地は、楽園なのかも知れないと思ったりするのです。a












| コメント(0) | トラックバック(0)


重宝しています

2006年6月28日

7b19c987.jpg脱衣かごなんて、今時...などと思われる方もおられるかも知れませんが今時、なかなかそれでも好評なのです。しばらく売り切れで販売することができませんでしたが、先日からようやく出来上がり販売開始しています。部屋着、短パン、薄手の上着などなどタンスの上などにおいておくと、ちょっと羽織ったり、着替えたかったりする時にもホントに重宝です。












| コメント(1) | トラックバック(0)


いつものビールが変わる!

2006年6月27日

06bc90c7.jpg暑い季節は、冷たいビールです。竹のビアジョッキが受けているのは自然な風合いと、細やかな泡立ち、そして最後まで冷たいまま美味しくのめるところだと思います。そんな竹ジョッキに名入れをして欲しいというオーダーがあります。何かの記念品やトロフィー代わりにされるようですが、ほとんどが会社様からのご注文。社内でこんな楽しい受賞がある職場は、さぞ楽しいのだろうなあ...といつも想像するのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


よく似合う

2006年6月26日

7ce27337.jpg丸竹のまま高温で焼き上げた飾り竹炭ですが窯から出した時すべてが長くて綺麗な状態というわけではありません。割れたり、折れたりしたものが結構あるのですそんな少し短めの丸竹炭を使って店頭に飾りにしてみました。いつも思うのですが竹炭って緑のものと本当によくマッチしますよ~












| コメント(0) | トラックバック(0)


朝から幸せ気分

2006年6月24日

8f5a6d5e.jpg世界の巨匠・渡辺竹清先生はニューヨークの超有名宝石店に作品を提供されていたことで有名です。昨年でしたか店長が自分好みの物をと当社の日本唯一の虎竹をもちこみ先生に創作していただいたのがこの虎竹網代バック。持ち手の鳳尾竹(ほうびちく)の色ツヤ、虎竹の編み込みの緻密さ、籐まきの美しさ、手触り、持った感触。さすが超一流、頂点を極めた技の風格。ほれぼれしながら眺めているだけで1時間なんかアッという間。でも、幸せ気分なひとときなのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


仕事能率アップの秘訣

2006年6月23日

42c31e77.jpg会社でバックミュージックかけておられるところありませんか?数人の事務所でしたらいつもの音楽にかえて、この竹炭風鈴をつりさげておくのもいいものです。初夏の風を感じるチリチリ、チリチリという竹炭の乾いた音を聞いていると仕事の能率もバリバリアップ!?です。先日は地元の新聞社さんが取材にきてくだっていたので何時掲載かと楽しみに待っています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


2006年6月22日

3c41649d.jpg高知にも高知競馬場というのがありまして、馬が見たいと思えば結構身近なといえば身近な存在です。そうそう、ハルウララ人気の頃は休日ともなると家族づれなどで、ちょっとした遊園地のようなにぎわいでした。ところで竹虎で馬といえば、実はコレのこと。写真のように小さなものから、腰の高さくらいまであるような大きなもの、短いものから数メートルもあるような長いものまで色々。この「馬」に特産の虎竹をならべて選別したり、切断したり色々作業するなくてはならない道具の一つなんです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


60年に一度

2006年6月21日

dd686155.jpg先日スズ竹職人さんにお会いさせていただいた時のことです、何気に使われている小物入れにビックリ。どうです?この色つや...、もともとは後ろに写ってるくらいの白っぽい色目の竹が長年使っているうちにこんな飴色に変わってきます。まさに使う人によって味がでる丈夫で素晴らしい素材。この竹で作ったスズ竹市場かごが只今欠品中で本当に沢山の方にお待ちいただいていますが、実は昨年はちょうどこの竹の花が咲きました、花が咲くと竹は全て枯れてしまいますので材料不足となって製造できないでいるんです。竹の花なんて見たことない、そんな方も多いと思いますが、それもそのはず、60年に一度の非常にめずらしい事なんです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


寝ても覚めても

2006年6月20日

2f475351.jpg夏場だって朝方は急に寒いことがあります。先日も薄手のタオルケットでは足りなくて夏用の羽布団をかけたこともありました。竹繊維の竹布がマスコミでも注目されてちょっとした人気ですが、この竹布の毛布なら、そんな肌寒い朝にも重宝しそうです。まあ、ボクの場合寝ても覚めても「竹」なんですね、ははは。












| コメント(0) | トラックバック(0)


目の前にあっても気づきません

2006年6月19日

3247592b.jpg竹虎の工場には竹ばかりでなくって、地元の間伐材の丸太なんかも沢山ストックしています。竹屋さんなのに、木の丸太?そうなんですこの丸太を焼いて焼き柱にて焼き柱垣に作ることもありますし、意外に知られていませんが竹の袖垣を固定するのにこの焼き柱を使います。穴を掘って焼き柱を埋めたあと、袖垣を3カ所くらい銅線などでくくりつけてシュロ縄で飾ればできあがりです。関心がないと一体こんな袖垣や竹垣なんて何処に使うのかと思いますが、よ~く気をつけてみてみると案外近くにあったりするものです。












| コメント(2) | トラックバック(0)


年がバレる、古いCM

2006年6月17日

79fd3e23.jpg「高原の小枝を大切に」というCMを覚えてられませんか?どこかのお菓子メーカーの「小枝チョコレート」という商品のテレビコマーシャルです。(ムチャクチャ古い~)結構美味しくてよく食べた記憶もあります、ああ~なんか時代がわかってしまいそうですが、まあ、それはさておき高原の小枝ならぬ、竹の小枝を大切に大切に焼き上げて作った竹の箸置。枝の付け根の部分をそのまま残して焼き上げていますから自然の風合いが面白く、本当に竹炭とは思えない美しさなんです。大切な方へのギフトなどに使いたい、そんな事を思って一番楽しみにしているのはやっぱりボクかも知れません。












| コメント(0) | トラックバック(0)


新作できました。

2006年6月16日

f2a340db.jpg夏の装いには竹かごバックは欠かせないお洒落アイテムです。竹虎も本格的な暑い季節をまえに、自信をもってオススメできる新作をズラリと登場させましたよ~気軽にもてるけれども、「あの人とは違う」ワンランク上の竹バックのラインナップを是非ご覧下さい。一目見て、あ~素敵~と思われる方も多いかと思うのですが、これらのバックは長く使っていてるうちに本当に良さがジワジワと感じていただけるモノなんです。そして、シーズンにしばられることなく一年通して楽しんでいただける竹バックたちです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


愛のメッセージ

2006年6月15日

5d593be5.jpg昨年からはじめた「30文字に愛を込めるメッセージ」サービス。この父の日はなかなかの好評です。竹材で作った箸箱、黒竹を削りだして作ったスライド式のフタを開けると虎竹うるし箸が入っています。そしてその下になにやら言葉が刻まれている...、日頃言えない感謝の気持ちや贈る言葉をもらったら、ちょっとサプライズ!今度の日曜日、全国各地からお父さんの嬉しい驚きの声が聞こえてきそうで今から楽しみなんです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


旅人

2006年6月14日

b8f31cf8.jpgカイロを旅行中の書家バジョカさんからの郵便が届いた事を、このブログでも紹介しましたが、その時の作品がようやく形になりました。あれは確か3月終わりの事ですから2ヶ月半もかかってしまいました。ベルリンからオランダ、ベルギー、フランス、スペイン、モロッコ、トルコ、シリア、レバノン、イスラエル、ヨルダン、エジプト、スーダン、エチオピア、ジブチと長い旅を続けるバジョカさん「今、イエメンのサナアにいます...」どんなところかも想像できないのですが、あと半年もつづく道程どうかお元気で。<同じ旅人同士>届いたエアメールを拝見しながらお祈りしているのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


甲子園口「瓢箪」

2006年6月13日

d8f672af.jpg
虎竹や黒竹を内装に使うお仕事のお手伝いなどもさせていただきます。室内のちょっとしたあしらいに竹があると心和むものです。ふすまや壁面をズラリと竹でならべられる事もあり、お写真など拝見させていただくだけでもその出来映えの壮観さには言葉をなくすことも多々あります。内装では使うことの多い黒竹をお店の外側の壁一面にならべた凄いお店が最近できました。数枚の写真の迫力に圧倒されましたが実物のお店はどんなんだろうか?さぞインパクトがあるに違いない...考えただけでワクワクしてきます。これは一見の価値あり!大阪は甲子園口の「瓢箪」さんというお店、高知からだと少し遠いのですが近いうちに是非いちどお伺いしたいと思っているのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭ペンダント

2006年6月12日

73a4c937.jpg胸元に黒い宝石...ちょっと大げさかも知れませんが、それくらいの高級感と渋い色つやの竹炭ペンダントなのです。ご存じない方でしたら今までの炭の常識がちょっと変わってしまいそう、驚かれるお顔を想像するだけで楽しくなってきます。竹炭は、まず土窯にこだわりました、昔ながらの土窯に改良と工夫をこらして 1000度という高温で焼きあげ素材に適したものだけを厳選に厳選を重ねます、そして、竹炭職人の匠の技でひとつひとつ削りだし作りあげていくのです。正絹の紐をまとめる留め玉まで竹炭の小枝を焼いて使っています、竹の節の面白みがイイのです♪竹虎ならではのアクセサリーでができたと思っています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


帰ってきたら

2006年6月10日

209e1a37.jpg東京出張から帰ってくるととても嬉しい知らせが待っていました!先日雑誌「千葉ウォーカー」さんに竹虎の商品が取り上げていただいたのですがその雑誌が届いていたんです。掲載されたのは大正ロマン下駄、今回は花火特集ということなのでまさにドンピシャ!夏の夜が待ち遠しくなりそうです~












| コメント(0) | トラックバック(0)


やはり21世紀の素材だ

2006年6月 9日

f5cfe7ce.jpgこれは何か分かりますか?実は竹家具に使っている竹の集成材なのです。家具といえば「木」というイメージが強いですが竹もこのように加工をすると、元々とても硬く、昔から物差しに使われてきたくらい非常に狂いが少ない素材ですから家具にも最適なのです。ダイニングテーブルやハイバックチェアは自宅でも使っていますが特に気に入っているのは質感と重さ。竹ならではの手触りと頼りがいのある堅牢な重量感です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


ピチピチチャプチャンプ、ランランラン♪

2006年6月 8日

a169e0a7.jpgそろそろ梅雨入りの気配。うっとおしい季節のはじまりです。毎日車で移動することの多いボクですが傘を1本、車内にいれました。でも、雨が続くと一番困るのが足元、素足に桐下駄や竹皮スリッパ、雪駄など履くことが多いのですが天気が悪いと足が濡れて困ります。だから最近では作務衣に長靴はくこともあるんです。こんなあまり嬉しくないシーズンに、ちょっと心なごむのがこんな竹の傘立て。玄関先でやさしく出迎えてくれるのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


雑誌掲載

2006年6月 7日

f2e25b41.jpg雑誌「うかたま」に竹炭風鈴を掲載していただきました!こちらの雑誌は食べることは暮らすこと、というコンセプトのもと食事を食べること、作ることを通して日々の暮らしをもっと楽しむことを提案している雑誌です。夏を涼しくゆっくり、ゆったり過ごす工夫の中で季節の中の道具として竹炭風鈴の音を取り上げていただいたのです。自然をみなおし、食べることをみなおす、本当にいい本だとパラパラとめくっているとボクがたまに日曜市で買い求める高知の田舎寿しが載っています。ネタはタケノコ、椎茸、コンニャク、りゅうきゅう、ミョウガ...すし飯にショウガが入っているのが、たまらないのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


ワイン会

2006年6月 6日

060606あのアフィリエイトで有名なA8ネットさんの社内パーティーで写っているのは...ええっ!?なんと社長様!大変な盛り上がりだったようですが、社長様の手に注目。持っているのは色合いも綺麗な竹のビアジョッキ、これからの季節はいいですよね~そして、その向こうには大人気の竹の焼酎サーバー。遠く花のお江戸でもこうやって皆さまのお役にたてているのは本当にありがたいことです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


虎竹名刺入れ

2006年6月 5日

62788974.jpg先週は大阪から情熱ドットコム井場元さんがいらっしゃいました。実は以前にお越しいただいた時には、険しい山道なのでなかなかお連れする事の出来ない虎竹の竹林にまで足を運んでいただいてました。特別なおもてなしが出来る訳でもなく、何かかわったことをしている訳でもなく、やはり竹虎には「竹」しかないのです。挨拶にサッと取り出す名刺入れは...!?なんと虎竹名刺入れ。全国をとびまわっている井場元社長さんにお使いいただけて本当に光栄なのです。












| コメント(2) | トラックバック(0)


癒しの竹炭風鈴

2006年6月 3日

8e468743.jpgじめじめ、むしむし...今月はうっとおしい梅雨の季節でもあります。はっきりしないお天気の憂鬱になりそうな気分を吹き飛ばして虎竹の里の爽快な風をお届けしたい、そんな思いで今回はじめてご紹介する竹炭風鈴。全部で5種類ご用意しましたがどれも最高級の竹炭の中から厳選して、これが竹炭なの!?とビックリされるくらいの光沢、美しさに仕上げています。高温で焼かれた竹炭ならではの、どこまでも澄んだ癒しの音色をお楽しみいただけたらと思うのです。ページで試聴もしていただけますよ~












| コメント(0) | トラックバック(0)


100年竹

2006年6月 2日

006fca1b.jpg煤竹は藁葺き屋根の骨組などに使われていた竹が囲炉裏の煙に燻されて自然に飴色に変色して出来た竹なんです。100年~150年も前の竹もあって茶道具などにも珍重される高価な竹ですから古い民家が壊されると聞くと駆けつけることもあります。今日、お問い合わせがあって発送した煤竹もそれは立派、直径が9センチ長さが4メートル、長い時を経てきた貫禄十分、どんな作品になるのか想像するのも楽しいものです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


虎竹トンボ

2006年6月 1日

b94d86a0.jpg最後の清流といわれて有名な四万十川ちかくにトンボ王国というトンボの楽園があります。今朝の高知新聞には、この王国の池でコイなどの魚を捕獲しているという記事が掲載されていました、なんでも、ヤゴを食べてしまうらしいのです。でも、何もトンボ王国まで行かなくとも虎竹の里にも沢山のトンボが舞っていて、そんな自然な姿の虫たちをそのまま虎竹で再現しているんです。












| コメント(0) | トラックバック(0)




このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.