薄底

2006年8月31日

32511440.jpg竹皮スリッパには厚底タイプと薄底タイプの2つがあります。厚みはごくわずかな差ではありますが履き心地には違いがあり厚底タイプは外履き用に、薄底は内履きにと使い分けていただいております。人気の阿波しじら織りの竹皮スリッパ(男性サイズ)がすこし製造あがってきました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


穂垣

2006年8月30日

bdf2084d.jpg庭で使う大きな竹垣のほかにも、こんな間仕切りに使うような小さな穂垣も作ります。竹の根から幹から先の小枝まで、こうやって1本の竹はあますところなく使われてきたのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹の時代

2006年8月29日

f92fd896.jpg21世紀は竹の時代といつも言ってますが、この竹のフローリング材もこれからもっと注目されるべき商品のひとつだと思います。堅くて家具の素材としても最適と評判の竹ですが特にボク自身が気にいっているのは質感というか重さ。集成材にすると今までのしなやかなイメージとは又ちがった新しい竹の一面に魅了されるのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹虎通信

2006年8月28日

d9c991ea.jpg毎月、今頃になると次月の竹虎通信が出来上がります。これからは食欲の秋、行楽の秋ということですからピクニックなどに連れていっていただける竹ランチボックスやぬくぬくの美味しいご飯をさらにご馳走に炊きあげる竹炭炊飯用や竹炭しゃもじが活躍する季節でもあります。












| コメント(0) | トラックバック(0)


へへへ

2006年8月26日

07a92989.jpg竹はもともと南方系の植物だから
沖縄にもあるはずだけとれど…と思っていたら
ありました、ありました、おうかがいした北谷町。
ふつうの飯かごや干しザル、実用的ですばらしいものです。

えっ?写真…現地で撮りわすれたので
ホテルの内装につかわれている全然関係ない竹です、へへへ












| コメント(2) | トラックバック(0)


炎の工房

2006年8月25日

28ff71f4.jpg琉球ガラスの工場。痛いくらい日差しのなか赤く燃える炎をあやつる職人さんたち。滝のような汗をかいているタンクトップの若者。ゴクゴクのどをならせてペットボトルの水を流し込む暑い工房のゴーゴーと音をたてるガスバーナーからは色とりどりのガラス工芸が生み出されています。竹虎の工場のガスバーナーからも今頃は虎竹が産声をあげているだろうか?そんな南の島の昼下がり。












| コメント(0) | トラックバック(0)


25年ぶりの万座毛?

2006年8月24日

e9d4d7ce.jpg朝から主張なので履き物をあれこれ出していると暑い夏にお世話になった下駄たちがゾロゾロ。虎竹右近下駄は足にヒヤリとした竹の感触が気持ちいいし、焼き桐下駄は軽くてシックで足になじんでとても歩きやすい、シコロ下駄は湿度の高い日でもサラリとした履き心地が楽しめそう...色々考えたすえに、写真撮りの時にも履いていて写っていませんが、結局ちょいワル雪駄に決定!今年の夏一番多くはいたお気に入りです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


冬にむけて

2006年8月23日

87ed971b.jpgまだまだ暑い日が続きますがそろそろ製造の準備をしているのが竹皮ベルトスリッパ。ソックスをはいたままでも使えるので寒い時期にたくさんご愛顧いだたいている商品です。ベルト部分のパーツもすべて手作り底のUVAスポンジも職人の手削り作るのに手間がかかるので今から取りかかっているのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


10万円

2006年8月22日

e4f42a08.jpg有名メーカーさんの10万円を超す炊飯器が人気を集めています。ものすごく美味しいご飯がたけるという事で、お米好きにはたまらない逸品です!おりしも新米の季節、うーーーん、これで新米炊いてほかほかぬくぬくを...考えただけでヨダレでてきました。で、この炊飯器の美味しくなる秘密をと聞きますと何と「炭」。中の炊飯釜は大きな炭素素材を削りだして作ったといいます。竹炭炊飯用を入れてご飯を炊きだした10数年前に「ご飯が真っ黒くならない?」とお客様に聞かれたことも今では懐かしい思いでです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


行楽の秋

2006年8月21日

3e0698a5.jpgまだまだ暑くて秋の気配などまったくなのですが、さすが雑誌の世界は季節がはやくてもう秋の特集です。昨日掲載された「ecocolo」には、アウトドアでも活躍する竹のお弁当箱が紹介されました。遊びだけでなくて是非毎日のお昼にもお役立ていただきたい商品なんですが、本をみてびっくり!お弁当の盛りつけ方とか、さすがにプロ、むちゃくちゃ美味しそう~自分もどこか自然のなかにでかけていきたくなってきました。...いつも大自然の中なのに...












| コメント(0) | トラックバック(0)


WEBスタッフ募集

2006年8月19日

f1591dec.jpg事務所の隅から出てきたのは!?
虎竹のヌンチャク...!
こんなの一体いつ使っているの


求人の時です












| コメント(0) | トラックバック(0)


つぶらな瞳

2006年8月18日

4084651e.jpg高知にもドッグカフェやトリミングスタジオ、ペットホテルなどほ併設した売り場面積400坪という四国最大級のペットショップが最近オープンしたばかり、どうやらちまたではペットブームのようです。かわいいワンちゃん、ネコちゃんがいっぱいのようですが竹虎にも負けないくらい愛らしい炭のペットがいるのです。散歩やエサの心配のない癒しのペット...。












| コメント(0) | トラックバック(0)


クールな下駄

2006年8月17日

da04eb29.jpgこの夏人気だった浴衣ヒール下駄。一枚の大きな生地をきりとってループ部分をつくるから「白系」といいながら、こんな色違いの商品もできているのです。でもかえってこの黒っぽい柄での鼻緒は渋くてカッコイイ!












| コメント(0) | トラックバック(0)


海と山と

2006年8月16日

d373a1f0.jpg台風の接近で波の荒い安和の海岸はさすがに海水浴客の姿もなくいつもより潮の香りを強く感じさせてくれます。足元の小石は、こんな寄せてはかえす太平洋の荒波にもまれてきれにいツルツルすべすべ。手頃な大きさの綺麗な石を拾ってきて細くヒゴ取りした虎竹でぐるぐる巻きにしたら味のあるペーパーウェイトになりました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


金魚

2006年8月15日

f1c3b6e2.jpg夏は金魚が涼しげでいいですが金魚鉢にぜひ入れていただきたいのが竹炭。えっ?竹炭ぃぃぃぃぃ...。そうです、竹炭。水を浄化するとともに金魚に雑菌がつくのを防ぐ役割もするのです。そういえば先日とあるホテルのロビーに熱帯魚の水槽が新設されていてのぞいていると筒状の炭が沈められていました。竹炭のシェルターといって魚が隠れることもできる一石二鳥のスグレモノなのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


三葉柏のホテル

2006年8月14日

34b353a4.jpgNHK大河ドラマでご存じの山内一豊は高知城主となりますがその山内家ゆかりのホテルが三翠園。昨夜は沢山の人でにぎわったロビーや各お部屋には高知特産虎竹の花かごが飾られています。美しい庭園の間仕切りに使われてる竹垣も竹虎が別誂えで作らせていただいたもの、こんな由緒ある場所で自分たちが作った商品が使われているのを初めて見た職人の横顔はすこし輝いてみえました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


携帯ホルダー

2006年8月12日

cc9522af.jpgいつも首からぶら下げている携帯電話ですがデスクに座ってしまうと意外に重たく感じてしまうので外すことが多いのです。外したら外したで今度は置き場所に困りそう...、でも大丈夫。竹の合板に竹根をあしらった携帯ホルダーがあるの
です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


健康

2006年8月11日

10717e2e.jpg健康に気をつけないと…と思いつつ何もできていません。竹に囲まれて生活している事自体が健康にいいことなんです。まあ、ただ一つ、毎朝の野菜ジュース。材料は、ほうれん草、にんじん、プチトマト。コツはにんじんをできるだけ皮ごと使う事と電子レンジでチンすること。こうすることにより何か忘れましたが栄養素が出やすくなるそうなんです。そして牛乳少しに、氷をひとつかみ、忘れてはいけないのがキウイ。このキウイの酸味がジュースをとてものみやすく爽やかにしてくれます。今朝も一気にゴクゴクッ!夏前に買ったビタントニオのジューサーが大活躍です♪












| コメント(0) | トラックバック(0)


夏の快眠

2006年8月10日

b0c1dae8.jpg「おはよう奥さん」学研社、「dancyu」プレジデント社、「relax」などお陰様で、今月も色々な雑誌に掲載していただいてます。そんな中「CREA」文芸春秋に取り上げていただいたのは夏の快眠ための竹まくら(楽)。体温の低下とともに眠りが深まるそうなので夏の寝具は通気性がポイント、いつもの枕をひんやり冷たい感触の竹枕にチェンジするのはやっぱりいいようです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


夏の思い出

2006年8月 9日

3e4e5594.jpg工場にはいると青々とした孟宗竹がたてかけられています。竹の伐採のシーズンではないのに…?不思議におもって聞いてみてナットク、そうめん流しの竹にするそうなんです。こう暑いと食欲減退気味ですが、割った青竹の中を冷たい水とともに流されてくるそうめんは涼味そそる夏の味。小学校や地域ののイベントなどに使われるのですが沢山の人といっしょに長い竹のまわりに並んで舌鼓をうつのは楽しい思いでになりそうです。












| コメント(1) | トラックバック(0)


床下に炭?

2006年8月 8日

48de203c.jpg最近、床下調湿竹炭のご注文が増えてきました。床下竹炭の効果というのは主に湿度調整、消臭効果などですが多孔質性(木炭の3~5倍)により竹炭ならではの湿度調整を期待できます。竹炭は焼いた温度帯などによって得意な効果が変わるのでまず調湿効果の高い竹炭を敷いてからマイナスイオン、遠赤効果のいわれる最高級竹炭を敷いていきます。












| コメント(0) | トラックバック(0)


阿波踊り

2006年8月 7日

50cd68f9.jpg出張の途中で阿波踊りにでくわしました。同じ四国でもよさこい踊りが終わってすぐに幕開けとなる阿波踊りには今まで行ったことがなくて生の踊りはあまり見たことがなかったので群舞に感動しました。太鼓や笛などの奏者の方も十数人いて軽快な阿波踊り独特のリズムを奏でているのですが、その中の一人に太い孟宗竹を太鼓がわりにたたいている人を発見!乾いたいい音を聞かせてくれています。竹といっても肩からかけて長時間叩きつづけられるように工夫された完成度から見てどの連(踊り子隊)にも同じような竹の楽器があるのではないでしょうか?面白い。












| コメント(0) | トラックバック(0)


5年越し

2006年8月 5日

c9e87df6.jpgフローリングの上履きに、こんな気持ちのいいスリッパはほかにはありません。家では素足でいたいし竹皮には抗菌性もあるし、家に帰ってソックスぬいでのびのびリラックスするのがホント楽しみになります。鼻緒の履き物が外反母趾の予防や小さい子供の足の成長にいいようだと注目されていますが竹虎の竹皮ぞうりの鼻緒の柄はハギレを使っていますので選べる鼻緒の竹皮ぞうりは今年はじめての販売でした。実は5年も前からやりたいと思いつつ、なかなかできなかった商品、お陰様で大好評だったので来期はさらに色々と構想をねっています。それにしてもチリン、、、チリン、、、朝の風にのって聞こえてくる竹炭風鈴の音色。虎竹の里らしい最高のBGMです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹の集成材サンプル

2006年8月 4日

43417687.jpg竹の集成材の家具といっても実際に見ていただいたほうが分かりやすいと思って、集成材のブロックのサンプル希望の方を募ったところ予定数の10倍ものご応募がありました。なかなか全員の方にはお届けできなかったので又少しづつ端材も用意させてもらいたいと思っています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


これから

2006年8月 3日

3e416fff.jpg竹炭で洗濯する方法ってご存じですか?竹炭数枚と、漂白作用に塩をひとつまみいれて洗濯する方法で環境にやさしいと新聞や雑誌などでも紹介されたこともあるのです。最近では、さらに手軽にできるように商品化されて竹炭を製造する際に生じる灰から水溶成分を抽出した竹炭洗剤(アルカリ洗剤)などが開発されています。洗濯ものに洗剤成分が残留していて、それが肌あれやアトピーの悪化にも影響がありそうなので特に毎日あらう下着やタオルなどはコレで十分のようです。ひどい汚れにも部分洗い用の竹炭洗剤もご紹介したいと只今あれこれ検討しています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


遊び心ある方へ

2006年8月 2日

6766c3f8.jpg厳選した極太竹の竹節に塗りをかけたらけっこう面白みのある竹節のお皿ができました。菓子皿にしてもよしおつまみなど、ちょっとした珍味いれにもよしです。でも、天然の竹そのままですから、形はふぞろいおおきかったり、小さかったり、それは様々です。竹って、綺麗な丸い形とばかり思っていたら大間違いですよぉ~ちょっと驚くような楕円形だったもします。おまけに竹の節は反っていたり、ゆがんでいたり、へんこでいたり、反対にコブになっていたり...そんな自然な造形を楽しめる遊び心ある方へご紹介したいのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


ちり箱

2006年8月 1日

f1b0c891.jpg随分前に作った虎竹のちり箱です。木で枠組みを作ってそれに虎竹を割って平たく加工したものを張り付けて作りました。内側部分にはアルミ製の取り外しのできるものをはめ込んでいます。もちろん今も現役、沢山の人の行き来する、その建物の出入り口で元気そうです。あまり注意してご覧になられる方は少ないかも知れませんがはじめて見る方の目には虎竹ってどんな風に写るんでしょうか?えっ?ご自宅で使えるような竹のちり箱ですか...お部屋でお使いならこちらの竹ちり箱が、ぼかしが入ってなかなかの風合い、イチオシです。












| コメント(0) | トラックバック(0)




このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.