もうひとつのバンブードーム

2007年7月30日

0036f3fd.jpgたまたま出くわした夜のバンブードーム。和紙を貼って内側からライトで照らしているので中に入ってみるとちょっと不思議な感じです。写真では少しわかりづらいですが和紙には竹の葉がすきこまれています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


風格

2007年7月28日

f0db3ef6.jpgその蕎麦屋さんは有名だそうです。昔の古い民家を利用して新しいお店を作ったと言うのではなくて、本当に昔からその民家の座敷をつかって蕎麦を出し続けているそんな、ちょっと風格の違うお店。込み入った住宅地にしては広くとっている駐車場には県外ナンバーの車がズラリ「2~3時間かけてやってくるんです」案内してくださった方の後ろには、これまた年期の入った竹垣。やはり風格が違うのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


持ち手のいい竹バック

2007年7月27日

0329c7c9.jpgとても丈夫な竹で作られたバックですから毎日、日常使いしていただきたいのですが特徴はなんといっても持ち手。若く柔らかい新竹を使って縄のように編みあげています。ちょっと目にはとても硬くで握ると痛そうにさえ思えますが実際持ってみると意外にソフトで手に馴染みます。この根曲竹手提げバックも職人さんがお一人だけ、だからなかなか商品ができません。












| コメント(0) | トラックバック(0)


黒い花かご

2007年7月26日

19a76910.jpg高さのある黒染めの花かごは緑の葉ものがよく映えます。日頃忘れがちな野に咲く草花を投げいれる「ゆとり」、ちょっとのことで生まれるものです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


杉山

2007年7月25日

43c4a58a.jpgかっての代官屋敷という趣のある建物にズッーとのびる竹垣を見たくてやってきました。でもどうやら垣根をやりかえてばかりのようです、このあたりは素晴らしい杉を産出する土地でもあるということで杉皮を張った立派な垣根が続きます。山間の杉の町にはこんな垣も似合います。












| コメント(0) | トラックバック(0)


クロス

2007年7月24日

78bac651.jpg数寄屋草履には鼻緒がクロスになったタイプもあるのです。つっかけのように靴下などを履いたままでもサッと履ける竹皮をつかった迫力のある太い鼻緒がおもしろいのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


数寄屋草履

2007年7月23日

9dfd084d.jpgお茶席に使用する数寄屋草履は、裏表に竹皮を貼りあわせた作りで鼻緒も竹皮でしっかりと太めに作られています。竹皮の鼻緒は少し硬めで慣れないと履きづらい事もあるかも知れませんが落ち着いた雰囲気でわびさびの世界には欠かせない草履です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭の大きな皿

2007年7月21日

c61bad63.jpg大きな竹炭の皿は、簡単なようで実は焼くのが難しく割れたり、ソリがあったり、カケや色合いなど色々と厳選していくと商品になるのは本当に少ししかありません。お客様から頼まれて作らせてもらった竹炭皿30センチのサイズは今までの15センチに比べて料理も沢山盛ることができて更に使い勝手がいいようなので定番商品に載せることにしたのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


2007年7月20日

3062cbf2.jpg今日は雨。工場では何をしているのかな?サイズに切りそろえた虎竹を均等な幅に割っています。ランチョンマットのワンポイントなど色々な竹細工用のしたごしらえなのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


土用の丑の日

2007年7月19日

c1c4260e.jpg土用の丑の日を前にして出来上がってきたこのカゴ、一体何に使うのかというと…勘のいい方はもうお分かりのように、そう、ウナギをいれるウナギカゴなんです。虎竹の里から30分ほど走れば四万十川上流の川があります。昔ほどではないにせよ、こんな大きなカゴがいる位まだまだ天然のウナギもいるようです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


美しい木肌

2007年7月18日

3aa9ff05.jpg竹の集成材を初めてご覧になったかたは、その木肌の美しさに驚かれる方が多いのです。竹といえば節があって中が空洞で…というイメージですからこんな一枚のきれいな板状になるというのがビックリのようです。さらに持ってみてその重さにも目をパチクリ、集成材にすると竹のしなやかさとは又ちがった堅くて家具にも最適な一面を見せてくれます。












| コメント(0) | トラックバック(0)


野菜カゴにも最適

2007年7月17日

833fcdb7.jpg丈夫な根曲竹でできた角かご。ちょっと大きめのサイズと角ばったユニークなデザインは市場かごのようにスーパーへの買いだしにもいいけれど野菜カゴとして使っても絵になるなあ...根曲竹角手提げバックを手に持ってみたり、ながめてみたり惚れ惚れしながら思うのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


オアシス

2007年7月16日

5775c15e.jpg高層ビルがたちならぶような都会でも注意をしていると竹のあしらいは色々なところで青々とした緑とあいまって見かける事ができます。コンクリートに囲まれた中でほっとくつろげるオアシスです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


おひるね君

2007年7月14日

76821539.jpg先日ご紹介した竹炭枕おひるね君。適度な硬さで夏の休憩にはもってこいなんですが、中身はこんなポリビーズと竹炭粒なのです。テレビ見るときにも重宝していると言う方もいます、だからテレビ枕なんて呼んでいるそう...。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹ほうき

2007年7月13日

6531c818.jpgもう十数年工場で使っているこの竹ほうき、よく見ると虎竹の柄がついています。ほうきの柄に虎竹?と少し驚くかも知れませんが実は虎竹にも色づきによって1等、2等とランクがありますから色づきの悪いものは様々な商品に使われるのです。最近はあまり見かけなくなった虎竹柄の竹ほうき、値打ちものかも…?












| コメント(0) | トラックバック(0)


ちょいワル雪駄ライト

2007年7月12日

c4691376.jpg人気のちょいワル雪駄に、ソフトな顔立ちと軽快なフットワークがウリの弟分、ちょいワル雪駄ライトが登場しました!早くも話題騒然か!?












| コメント(0) | トラックバック(0)


印鑑

2007年7月11日

61e8fc94.jpg竹根でつくられた味のある印鑑を見せていただきました。うーん、渋い、いつかはこんな印鑑が似合うようになりたいと思いました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


床下調湿

2007年7月10日

3d9beb41.jpg梅雨らしいジメジメとした日が続いていますが、こんな湿度の高い時に床下で湿気を吸い取り、乾燥する時期にはきだすという、まるで生き物が呼吸をするように働いてくれるのが床下調湿竹炭なのです。竹炭をそのままバラで入れる場合と不織布にはいったタイプのものとがありますが高温多湿の日本では昔からお寺や寺院などの床下にも炭が活用されてきました。一見新しくみえる住宅への炭の使い方も実は近年見直されてきたというだけの事なのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


おひるね君

2007年7月 9日

90051fd6.jpg竹炭枕にニューフェイスが登場です。適度な高さと硬さの四角いタイプ、ちょっと横になりたい時に重宝しそう。よろしくお願いします、おひるね君。












| コメント(0) | トラックバック(0)


星に願いを

2007年7月 7日

252d7cb4.jpg連峰垣というそうです。信州の山並みを竹で表現した目を見張るような見事な作品です。工房の壁面にあしらわれていた垣をながめながら山ノ内湯田中温泉郷「よろづや」さんにあるという雄大な作品も拝見させていただきたいと思いました。7月7日、星に願いをするならば、この方のように人の心に響く仕事ができる人になりたい。

それにしても、竹の世界、広い、広い。奥が深い。まだまだ入り口でうろうろしているだけなのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


ここにも

2007年7月 6日

95c37370.jpgパチン、パチン、庭師さんのハサミの音が聞こえる美しい庭園で強い日差しをさけようと裏手にまわろうとしたら緑の中に屋根付きの袖垣がひとつ。風雪を感じさせる落ち着いた色目に心なごみます。












| コメント(0) | トラックバック(0)


一輪の涼

2007年7月 5日

2c1d56ff.jpg青竹色に塗装した花台に赤茶色の花かごが映えています。花を一輪なげいれして玄関なんかに飾るとそれだけで涼風がふくような心地よさです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


ややっ?

2007年7月 4日

c016a8ac.jpgややっ?ショッピングセンターで見かけた竹の林。そういえば、もうすぐ七夕。七夕、天の川…学生時代、九州に向かう竹を満載したトラックの助手席の窓から見た満天の空を思いだしました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


インテリアとして

2007年7月 3日

32ffa9bc.jpgとても涼しげな白竹で作られた脱衣かごです。長さが約47センチのサイズですが、材料の竹のことがあってこのくらいが最大の大きさです。衣類をいれるというだけでなく、存在そのものに優美さを感じられる一品。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹のある庭

2007年7月 2日

02eb82d1.jpg古い民家を改造した、そのイタリアンレストランは黒を基調としたシックな造り。土間からあがったところには昔から使っていた囲炉裏があり古そうな自在かぎ越しに洋酒が並んだカウンターとバーテンダーさん。年代を感じさせる太く重厚な梁のならんだ部屋に座ると、庭に見える青々とした涼しげな竹がお店の雰囲気をさらに心地よく安らげる空間にしてくれています。












| コメント(0) | トラックバック(0)




このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.