年月が生み出した竹


藁葺き屋根は町中ではほとんど見ることがありませんが、山間部にいくとまだ少し残っているところがあってその美しさに思わず写真を撮ってしまうこともあるのです。この藁葺き屋根の防虫等に役立っているのが囲炉裏からでる煙、昔の住宅は本当によく出来ていたものだと思います。そしてその煙に何十年、時には百数十年もあぶられて自然な色つやになった竹が煤竹です。年々少なくなっていく竹の高級素材、渡辺竹清先生のバックにはこんな希少価値のある竹が使われています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/23616

« お箸にお名前を刻印 | Main | 金明竹 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.