年期入ってます


その地下一階にある居酒屋さんにはじめて行きました。縄のれんをくぐると虎竹の袖垣。正面に、あそこに、ここに、客席の間仕切りに、通路の仕切りに色々使っていただいているのです。ひとつ、ひとつの袖垣は年期を感じされるツヤが光ります。とても嬉しい夜でした。












| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/23631

« 竹のある街 | Main | 白竹の美しさ »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.