ZIPPO(ジッポー)

2008年10月31日

虎竹ZIPPO(ジッポー)の登場です。漆で渋くしあげた風合いは使い込むほどに深みをまして、リラックスするひとときまで更にゆったりした時間に変えてくれそうです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


作家、塩月寿籃

2008年10月30日

塩月寿籃さんは、日芸展文部大臣賞など数々の授賞歴に輝く独特の作風を持たれた竹工芸家です。当社とも祖父の代から親しくお付き合いさせてもらっていますが緻密さと大胆さの交錯する寿籃さんの作品には、見れば見るほど、いつもため息がでるような、引き込まれそうな深みを感じてしまいます。先日、わざわざ来店されたアメリカ人のお客様のお目当ても、寿籃さんの作品。何時間もじっくり眺めては「すばらしい…」「すばらしい…」とつぶやいています。こうして感激していただくだけで実は、ボクの方こそ大満足してしまいます。












| コメント(0) | トラックバック(0)


玉入れかご

2008年10月29日

運動会などで使う玉入れかごと言えば普通はかごだけなんですが、この玉入れかごは縦棒と一体型になっています。職人さんのすごいアイデアに座布団一枚!です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


黒いウィンナー

2008年10月28日

黒いと言っても、本当に真っ黒!竹炭入りのウィンナーです。この黒さだと竹炭をかなり沢山混ぜていそうなのですが、ほんの数%程度だそう。同じお皿に盛りつけられた、竹の粉をまぜた食物繊維たっぷりのウィンナーと食べ比べます。どちらも、本場ドイツで修行したシェフ作というだけあって美味い、美味い食べ過ぎました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


首里城の竹小舞

2008年10月27日

世界遺産にも登録されてた沖縄、首里城。書院部分など建物には漆喰が多用されているようです。土壁の下地には竹小舞と言って竹が使われます、最近は少なくなったものの、竹虎でも以前は色づきのよいない虎竹を壁竹用として大量に作っていました。製造していたものは太い丸竹を数枚に割ったものだったのですが、こちら首里城の竹小舞は女竹のような丸竹で組込まれていました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹細工教室

2008年10月25日

身近な素材の竹を使って趣味の竹細工をしてみようという方が増えているそうです。たまたま拝見させてもらった、この教室でも定年退職された方から主婦の方まで、色々な年代の方が熱心に竹と向き合っていました。できあがる作品も素晴らしく、ついつい魅入ってしまいます。












| コメント(1) | トラックバック(0)


竹のうどん?

2008年10月24日

なんの変哲もないウドンですが、実は竹の粉入りウドン。90%以上が難消化性の植物繊維である竹の粉にはプロリン、アラニン、リジンなどのコラーゲンもタップリ。パウダー状にする機械にノウハウがあって、竹の縦繊維が残らないように粉にしているから、食品に安心して使えるのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


選べる和柄竹皮草履

2008年10月23日

選べる和柄竹皮草履がよ少しだけできました。茜色(あかねいろ)、菫色(すみれいろ)、銀鼠(ぎんねず)の3色。なかなかいい色合いです。竹皮草履は春から夏にかけてのフローリング履きだと思われていますが、最近は五本指ソックスなど履かれて一年中楽しまれる方が多くなってきました。オススメの一品が増えました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


羽田21時

2008年10月22日

考えてみたら、こんな時間の空港はあまり来たことがありません。売店もしまり人影もまばらなロビーを歩いていてハタッ。一枚のポスターに足が止まりました。なんと美味しそう!豪華な白竹ランチボックス入りのお弁当です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


進化する床下調湿竹炭

2008年10月21日

床下調湿竹炭は不織布入りのものが後々のメンテナンスも簡単でオススメですが、最近、足をつけたタイプのものを見せていただきました。不織布の下側の竹炭の調湿、消臭効果もこれで十分発揮されるとの事。住宅用竹炭も日々、進歩しているようです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


ほかほか蒸し料理

2008年10月20日

野菜不足もこれなら簡単に解消できると思うのが、テレビ放映で人気となっている蒸籠を使った蒸し料理。油を使わないのでヘルシーですし、どんな野菜も手間いらずで柔らかく、風味を豊かにできるので食がすすみます。キャベツやニンジンなど軽く塩をふっただけで「野菜はこんなに美味しかった?」と改めて思ってしまうのです。新しく本体部分を竹で作られた竹蒸籠(せいろ)が登場しました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


富士のかぐや姫伝説

2008年10月18日

かぐや姫伝説は日本各地に沢山あるのですが、富士の竹林に舞う蛍の明かりこそ竹取物語の発祥ではないか?黄色く光る美しくも幻想的なスライド写真をみているとなるほどと、思えてきました。富士常葉大学の山田教授のお話は大変興味ぶかく、自然への愛情にあふれています。霊峰富士の麓でいただく物語にちなんだお弁当も容器に竹カゴを使い、タケノコ入りで最高です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹ザルの灯り

2008年10月17日

竹ザルを照明の傘に使っているお店をたまに見かけます。編み目から光りがもれて細やかな手仕事がくっきりと浮かびあがり、とても綺麗です。このお店では味噌こしを逆さに使って足元の灯りとしています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


黒竹ステッキ

2008年10月16日

南国土佐は黒竹の産地でもあります。いままで、ありそうで無かった自然の竹をそのまま使った、職人こだわりの黒竹ステッキができました。見せ所は手元の籐巻き飾り、便利なストラップもついて毎日の散歩が楽しみになってくる黒竹杖です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


癒しの小鉢に変身

2008年10月15日

先日の飾り竹炭は高温で硬く硬く焼き上げているのですが、それでもやはり中が空洞の竹です。うっかり、ぶつけて数本ポキリと折ってしまいました。
でも、大丈夫。丸竹炭は短くなっても、こうして鉢に立てて面白い鉢植えとして利用する事もできるしアイデア次第でいろいろ活用できるのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


名入れできます。

2008年10月14日

ポケットサイズのマイ箸が携帯に便利という事で特に男性の方には人気です。この箸袋にネーム入れができないだろうかと前々から、お問い合わせをいただいてました。名前やメッセージが入れられると、ご家族で使われたり、忘れ物したりした時、あるいはプレゼントにもいいようです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


一輪

2008年10月13日

高速道路で見かけた花一輪。竹筒に秋の草花をかざっただけなのに心安らいで、運転の疲れも癒されるようです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


生け花に

2008年10月11日

飾り竹炭は、丸竹を自然の形そのままで高温で焼き上げました。銀色に光り輝く光沢は、そのままでも十分お楽しみいただけますが、生け花とあわせると、工夫次第で又面白みが倍増します。












| コメント(0) | トラックバック(0)


強さの秘密

2008年10月10日

プロが長年愛用して、この竹ザルでないとダメだと言う、その理由の一つが縁の二重巻き。丁寧にしっかりと籐巻きしたあと、更に今度は逆方向に巻いて補強する念の入れようです。蕎麦ザルなどの業務用として重宝される竹ザル(二重巻)の強さの秘密です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


ET登場

2008年10月 9日

先日ご紹介した「ETの手」が遂に登場です。自然の竹の節を利用して持ち手の太さなどにも気をくばった、こだわりの孫の手。特産の虎竹を使って渋い色合いに仕上げています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


ミニ箒

2008年10月 8日

ひとつあると便利なミニ箒も、最近じわじわと人気の出てきた座敷箒一筋60年の職人が作る円熟の技の一品。食卓やサッシがササッと掃ける手軽さがいいのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


雨の日の相棒

2008年10月 7日

あいにくの雨模様。京都は思ったほど寒くもなく助かりましたが、こんな天気の出張は長靴に前原の傘。心斎橋みや竹さんから購入させていただいた、竹根の持ち手と、傘を開いたときの重厚な音がお気に入りの相棒です。












| コメント(1) | トラックバック(0)


人気の「角」できました。

2008年10月 6日

粘り気があって丈夫な根曲竹で作った手提げ角バックが出来ました。四角いフォルムが人気で、お買い物や、野菜カゴとしてご愛用いただいています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


リンゴ

2008年10月 4日

手のひらにのせたのは、リンゴをモチーフにした竹の宝石箱。見た目にも渋くてカッコイイですが、フタをあけると大切なジュエリーを収納できる、職人のこだわりスペース。












| コメント(0) | トラックバック(0)


小気味よい音

2008年10月 3日

虎竹のツマミを持って磁石でとめられた上フタを

「カチッ」

心地よい音と感触で外したら中からは細身が人気の虎竹削り箸。
なるほど、これなら普通の携帯箸に満足されないお客様にもきっと喜んでいただけそう。

「カチッ」

おおっ!

閉める時にも、小気味の良い音。

こだわりの、あの方にも
ご愛用いただけそうなマイ箸です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


1本の黒竹筒

2008年10月 2日

渋い光沢を放つ1本の黒竹の筒。中に入っているのはマイ箸?耳かき?それとも竹筆とか...?いずれにせよ、独特の深い味わいに通も唸りをあげそうな職人の技量の高さを感じさせる逸品です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


青竹踏み?

2008年10月 1日

お客様からのご要望があって、長い、長い、青竹踏みを作ってみました。それにしても少し長すぎたようです、竹も一回り以上太くなって、竹踏み効果はいまひとつです。












| コメント(0) | トラックバック(0)




このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.