年賀状の季節

2008年11月29日

竹虎四代目の年賀状をご存じでしょうか?
今年もこんな季節になりました。
毎年年賀状制作をお願いする地元の中央印刷さん。

紙印刷のプロとして
自分たちでは思いつかないアイデアをもらったり
年賀状づくりをガッチリお手伝いいただいて本当に感謝しているのです。

師走まえの忙しいなか仕事場にお伺いします
印刷職人の現場も
竹職人の現場とおなじ空気感

モノを創り出す力は心地よく、大好きです。


あ、そうそう今回の年賀状
ひとひねりあります

元旦はお楽しみに!












| コメント(0) | トラックバック(0)


大阪、適塾

2008年11月28日

大阪北浜、あまり馴染みのないオフィス街を行きます。
このあたりに前から来てみたかった
ボクがいつも愛用させてもらっている作務衣のメーカー
笹倉玄照堂さんがあるのです。

途中、ビルの谷間にふと現われた風格のある建物。
なんと、あの福沢諭吉も学んだという適塾とあります
町家風の壁のよこには青々とした竹

昔の武家屋敷には
弓矢の材料になる矢竹が植えられている事が多いですが
ここのお庭にも美しい矢竹がすくすくと育っていました。













| コメント(0) | トラックバック(0)


ニューヨーカーという名のバッグ

2008年11月27日


はるか太平洋をこえて
数十年という年月をこえて

この竹バッグの奇跡をお伝えしたくて
名前はニューヨーカー
日本唯一の虎竹で蘇りました。













| コメント(0) | トラックバック(0)


思案の日々?

2008年11月26日

飾り竹炭の材料というと
太さに違いがあるので驚かれる方も少なくありません。
もともと箒の柄などに使っていた竹ですが
竹炭に焼くと縮んで飾り竹炭くらいのスリムさになるのです。

虎竹を伐採するのには
このような色つきのよくない竹も伐る必要があり
何とか役立つものができないかと思案の日々です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


雑誌「鍋奉行」

2008年11月25日

今の季節にピッタリの雑誌に掲載していただきました。
その名も「鍋奉行」

竹虎で鍋といえばコチラ
極みの竹ざる、こだわり取り箸、トング、レンゲ
そして、ちょっと珍しいのが黒竹でつくった豆腐さし
最後に大人気の鬼おろし

以上6点セットでそろった竹の鍋セット
鬼おろしは鍋でなくても
美味しい大根おろしに重宝しますけれど
すり下ろしに少しコツがいります。

ちょっと力がいることもありますが
一方向だけに、
手前に引きながらおろすと上手くできます。












| コメント(0) | トラックバック(0)


これは一体何でしょう?

2008年11月24日



一見何か分かりませんが、実はこれ弓道で使う弓。
竹のしなりを利用しつつ
今では合板技術なども駆使し作られているようです。

さすがにこれだけの数がそろったのは
あまり見る機会がありませんので壮観です。
これからも守り続けてもらいたい伝統の技、
脈々と受け継がれているのを見せてもらった気がして
本当に嬉しくなった展示会です。













| コメント(0) | トラックバック(0)


あのオーベルジュで火がついた

2008年11月22日




時計もテレビもない上質な大人の時間をたのしめる
山深いオーベルジュ
食事の際にだされるのが、日本唯一の虎竹削り箸
ちょっと驚くくらいの細身だけれど竹ならでのしなりがあり
軽くて使いやすいと携帯箸にされる方も増えているのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹を新たな資源に

2008年11月21日

里山の竹林の復活になるか?
1本の竹を砕いて
細かい粉状にする新しい機械を拝見させてもらいました。

バリバリという音とともに
硬い竹が粉になって次々に押し出されてきます
処理能力もかなりたかく荒廃竹林の整備には活躍しそうです。

竹パウダーは粉砕機により
家畜や農業用から人間の食用まで
使い道により色々あって研究もすすんでいます。















| コメント(0) | トラックバック(0)


寒い季節こそ蒸籠

2008年11月20日




蒸し料理が大人気、専門店も沢山できているそうです。
キャベツ、にんじん、エノキなど好きな野菜をたっぷり
豚肉を何枚かならべて蒸してそのまま食卓へ
上フタをはずしたら、フワ~っといい香りの湯気!

ゴマだれもよし、ポン酢しょうゆもよし
竹の鬼おろしで粗めにすり下ろした大根をからめてよし。
冬は何といっても鍋料理ですが、
簡単、便利な蒸籠セットもあります。

油もつかわないヘルシーな蒸し料理もどうぞ!












| コメント(0) | トラックバック(0)


やさしさに包まれる

2008年11月19日



大きなサイズの竹布ストールが帰ってきました。
マフラーとして肩かけとして
一枚あると何かと重宝するのです。
夏場でもオフィスの冷房対策に愛用しているという
お客様の声をいただくので一年通してお役にたてそうです。














| コメント(0) | トラックバック(0)


竹の未来

2008年11月18日



竹はたったの3ヶ月で親竹と同じ大きさに成長します。
「雨後の竹の子」という言葉もありますが
毎年どんどん生えてきて
1日に1メートル以上伸びることもあることから
竹はエコな自然素材と言われているのです。

岐阜未来会館ホールの吹き抜けを
天高くのびる竹のオブジェは
そんな竹の可能性を表現しているように感じています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹の波

2008年11月17日



千成瓢箪に使ってもらっていた虎竹をみて
以前、ある竹のお店で拝見させてもらった
壁面いっぱいにあしらわれた竹の造形を思い出しました。

確か竹をつかって荒波を表現したという
素晴らしい作品に魅入った事ですが
ここにも虎竹が使われていて
こんな凄い作品に…と感激しました。













| コメント(0) | トラックバック(0)


和傘づくり

2008年11月15日



ちょうど訪れた岐阜では
「伝統的工芸品まつり」が開催されていました。

岐阜といえば和傘で有名です。

和傘は節間の長い真竹を使って骨を組む骨師をはじめ
つなぎ師、張師、仕上げ師など
沢山の職人さんを手を経てようやく一本の傘になる分業制です。

和傘の実演を拝見させてもらい
また、和傘を守りつづける思いを聞かせてもらって
もう何年も使ってボロボロになった
和傘に対する愛着がさらに深まりました。














| コメント(0) | トラックバック(0)


墨俣一夜城

2008年11月14日




墨俣一夜城には、ずっと前から来たかったのです。
ずっと遠くに見える稲葉山城
長良川のほとりにたって眺めると
かって若き日の秀吉もこうして同じ景色を見たのかと
感慨ぶかいものがあり時の過ぎるのを忘れそうです。

さて、

城内に入って、驚きました。

千成瓢箪といえば秀吉の馬印として有名ですが
一夜城の千成瓢箪をつるしている竹

なんと、虎竹です!!!!!















| コメント(0) | トラックバック(0)


エコな掃除道具

2008年11月13日

座敷箒(和箒)が人気なのは電気を使わない事、
静かで真夜中でも掃除できる事など
お客様により様々ですが

やはり、一番はエコやロハスといった
電気をできるだけ使わず
環境にやさしい毎日の生活を心がける方が増えたためのようです。
この道一筋の箒職人さんも腕がなります。












| コメント(0) | トラックバック(0)


牧野植物園の子供たち

2008年11月12日

高知県出身の世界的な植物学者牧野博士
その功績をたたえる牧野植物園には
博士命名の虎竹も移植されています。

ランチの美味しいレストランのテラス脇、
虎竹の里から運ばれきた虎竹たちに今日も会いにきました。
同じ虎竹なのに、やはり
土地がかわると色づきは不思議とあまりよくないのです。












| コメント(1) | トラックバック(0)


雑誌「野菜だより」

2008年11月11日

家庭菜園専門の雑誌があるとはビックリしましたが
それだけ野菜づくりを楽しまれている方が
全国に沢山おられるという事かと思います。

この雑誌「野菜だより」に掲載されたのは白木蒸篭
油をつかわず
手軽でヘルシー、そして美味しく、簡単
人気の杉蒸篭2段鍋付きがオススメです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


風を感じるランチタイム

2008年11月10日



まだまだ日中はあたたかい南国高知です。
心地よい風のふきぬける
小高い山の上で広げるランチタイムなら

いつものお弁当と一緒に
この黒竹筒箸箱を連れ出して下さい。
ひとつ上の楽しさと美味しさです。














| コメント(0) | トラックバック(0)


外務省のPR映画

2008年11月 8日




大阪から朝いちばんの飛行機で帰ってきたのは

東京からの映画撮影があったため。



映画といっても短くまとめられてDVDになって

世界の領事館などに配布されるそうです。

なんと7カ国語に翻訳されて

虎竹の里を紹介していただけなんて

本当に嬉しくて

各国の方の反応を想像するとわくわくしてきます。
















| コメント(0) | トラックバック(0)


四角い四兄弟

2008年11月 7日



面白みのないようにも見える四角四面の堅物ぞろいですが

どうして、なかなか四角い竹ざるも使い道によっては本当に便利です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭パンの宴

2008年11月 6日



竹炭パウダー入りのフランスパンと、竹を微粉末にした竹パウダー入りの食パン。

どちらも竹の集いにふさわしい美味しそうなサンドウィッチでした。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹茶の香り

2008年11月 5日

淡竹の葉をかるくあぶってお茶をいれる事がありますが、竹そのものを粉にして熱をいれても、香ばしい甘い香り。竹ならではの熱い一服が入ります。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹のランドリーバスケット

2008年11月 4日

長い歴史に磨かれたデザインというのはシンプルで機能的。この真竹ランドリーバスケットも丈夫で使いやすく、お部屋のインテリアにもなってしまうくらいの美しさ。職人さんがお一人となってしまって、いつまでご紹介できるか分かりませんが少しでも多くの方に見ていただきたい伝統の技の一つです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


大阪18歳

2008年11月 3日

大阪の下町を久しぶりに訪ねました。ロングプロダクツさんは、使っていたペンの修理をお願いしてから一度お伺いしたいと思っていたのです。ひとつ裏の道には大学1年の時、何回か通った耳鼻科があります!懐かしい思い出胸がいっぱいになった一日です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


真竹野菜かご

2008年11月 1日

しっかりした作りで人気の真竹野菜籠ですが、プラスチック製品が普及するまでは様々な農産物を運ぶ容器として広く使われていました。この大型サイズの竹かごは、花を入れて農家から市場に運搬するのに使われていたものです。












| コメント(0) | トラックバック(0)




このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.