好きでんなあ



新しいものがいいとは限りません。
庭でつかう竹垣などがそのいい例で

「竹が古びてきて、コケなどむしてきだしてからが
 わたしらあは、好きでんなあ」

祖父はよく言ってました。

そういう意味では、この焼板木戸
黒々とした焼き色があせてきているものの
まだまだ、味が出てくるのはこれからというところです。














| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/24016

« アマゾン来る! | Main | 雑誌「華音」 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.