竹柄杓


手水舎


神社、寺院は年末、年始が一年にで一番沢山の方をお迎えする季節やと思います。手水舎(ちょうずや)に置いちゃある柄杓も新しくして、気持ちようにお参りしていただくためやろうか。画像の柄杓は木製のものですけんど、最近は竹柄杓のご用命が多いみたいちや。


そうやにゃあ、あと2週間で今年も終わりですきに...。竹虎では、もう何年も前に門松作りは止めちょりますが、この季節ならではの竹製品の製造やったり、お正月用の青竹箸や、重箱などの竹商品を見るにつれ、今年の終わりと、新しい2011年がいよいよ迫ってきたことを感じよります。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/24583

« 黒澤映画の陣笠 | Main | 竹細工職人の3時 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.