平ざるエビラに別注


えびら別注


今年の夏は土用干しで大活躍した、えびらかご。NHKテレビテキスト「きょうの料理」や雑誌「住む。」でも取り上げてもろうた竹編み平ざるの事やけんど、なんちゃあ、梅干しを干すがだけや無くて、最近静かなブームの干し野菜など家庭料理を楽しまれる方には、こじゃんと(とても)重宝してもらいいう平ざるながです。さて、このえびらに、木枠を深くした別注サイズのご注文を頂いたがです。


「ええっ?こりゃあ深いにゃあ、一体何に使うがやろう?」


できあがった、えびらを見ながら職人と話しよりましたが、料理屋さんのディスプレイに使うがのようです。野菜をいっぱい盛って飾られるようで、だから木枠を深くしちゅうとの事やったぜよ。なるほど、これやったら新鮮野菜もこじゃんと映えるて、来られたお客様も喜ばれますろうちや。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/24587

« 重要文化的景観の漁師町 | Main | 望年会2010年 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.